2014年7月28日号

2014年7月24日

20140728

大林宣彦さん
大林宣彦監督作品というと、「転校生」「時をかける少女」など70年代、80年代を思い出す方も多いと思います。
今世紀に入ってからはほぼ年1本のペースでヒューマンタッチの作品を送り出しています。

本号と次号では大林宣彦さんに大いに語っていただきました。

20140728-04Obayashi
7歳の時に終戦を迎え、戦争を体験した日本人が一つになって平和を世界に向けて発信して行こう、という姿勢が最近の作品に多く表れています。 20140728-01Jimusho
平和を希求するうたごえの機関紙としての本紙ならではの切り口で氏からの平和へのメッセージをご紹介しています。

写真は、5月の憲法フェスティバルで「これは”I love you”の世界共通手話です」と紹介しているところ。

20140728-05Obayashi

みやぎ祭典へ 東日本郷土講習会
このあでやかな写真。
11月のみやぎ祭典の中日、11/23の「復興を希う音楽会」のフィナーレを飾る「すずめ踊り」の練習風景。
20140728-08Suzume
今年も全国郷土講習会が東京・兵庫でそれぞれ開催されました。
本号8面の第二特集で、東京で開催された郷土講習会の模様をお伝えしております。
20140728-08Sudare
写真1:すずめ踊り
写真2:南京玉すだれ
写真3:七夕祭り囃子

この講習会の成果は、9/21の「江戸やっこまつり」でも合同演奏される予定です。

202140728-08Taiko

北海道⇒東京コース
7/10に千葉入り。
マイクは北海道からの通し行進者山口逸郎さん(82歳)と、中央は千葉県内通し行進者新村としさん(77歳)

20140728-04Chiba

東京⇒広島コース
高槻市から茨木市へ。
ギター伴奏で張り切って歌いながらの行進。
ギターさんは、コードを覚えているのかな、と思ったら、胴の部分に歌集を張り付けているのが見えます。

20140728-04Kodama
大阪最終は池田市からいよいよ兵庫県川西市へ。
大阪・兵庫それぞれから主だった合唱団のメンバーが集まり、無事リレー旗も手渡されました。
20140728-04Osaka

川西市で大阪グループを出迎えた兵庫のうたごえ協議会のみなさん。

20140728-05Kasai
さっそく兵庫県内の行進は、宝塚、伊丹、尼崎を経て西宮へ。
行進ではカラオケやアコ伴奏で「翼をください」「We shall overcome」など。
20140728-05Nishinomiya


日本のうたごえ祭典inみやぎ
11月22日(土)~24日(月・祝)
11月23日(日)復興を希(ねが)う音楽会(仙台・ゼビオアリーナ)
20140728-05Peace 今週のぴ~すさんは、みやぎ紫金草合唱団の橋本由美子さん。
資金つくりのため、手作りのティッシュボックスカバーを制作。7月売り上げ目標100個!

原水爆禁止2014世界大会へ
8月2日~国際会議
4~6日 広島、
8~9日 長崎

今年は、「青年と文化の夕べ」などうたごえの出番がたくさん。
そして、2015年のNPT再検討会議に向けたニューヨーク行動へ。

20140728-03Nagasaki
旭爪あかねさん

世界大会文化の分科会を担当されている作家さんから、うたごえの皆さんへの参加のよびかけ。

20140728-03Asahiuri

第50回記念
矢臼別平和盆踊り

8月9日(土)~10日(日)

川瀬牧場

今年の参加予定人数は1000人!
大阪、沖縄など全国からのボランティアの人が何日も前から泊まり込みで、牧草刈り、水飲み場、お風呂場の設営などの準備を進めています。

20140728-03Yausubetsu
9日にはうたごえによる文化交流のステージが予定されています。

岐阜から移住しこの地を開拓した故川瀬さんらの意志を引き継いで、演習場になっている農地を自衛隊から取り返す運動が根強く進められています。

20140728-03Jieitai

埼玉県入間市仏子(ぶし)のうたごえ喫茶は100回目。
アコの新井幸子さん、ギターの原島泰義さんの伴奏で、828ソングブックを活用して開催されています。
20140728-06HotLine

  • 水くれと逝った八月過去じゃない
  • ご馳走は上にぎりより並の大
  • 夫るす頭の上に青空が
    トミ

皆さんからの投稿をおまちしております。


JAL不当解雇撤回をめざす大阪支援共闘会議総会
で大阪のうたごえ協議会から

オレンジのたすきをかけたJAL原告団の皆さんと一緒に「あの空へ帰ろう」を歌いました。

20140728-06JAL

アコーディオンミニコンサート
3年前に京都・乙訓ミュージックフェアで出会ったアコ仲間が毎年ミニコンサートを開いてます。 20140728-07Accordion

ウインドバスカーズ
第10回定期演奏会

-風の大道芸人
さいたま市文化センター

アコーディオンを中心に、ギター、三味線、ドラム、ピアノが入った演奏会の様子を、川口マンドリンアンサンブルの鈴木利夫さんに寄稿していただきました。

20140728-07Windbaskers

連載927回ヘイトスピーチ

7/28~8/4

原爆を許すまじ
50名のうたい手が支えた 山本忠生 (京都ひまわり合唱団 指揮者)
「夏の朝に」 福原やす子 (宮城・古川うたごえサークルつくしんぼ)
吉田山田ロングセラー
中村雅俊デビュー40周年
たけのこソング
作詞 大口知子
作曲 高畠賢

2014年7月21日号

2014年7月18日

20140721

集団的自衛権行使容認閣議決定
各地で反対うたごえ運動
7月1日の閣議決定。
安倍政権は、歴代の自民党政権が出来なかった「課題」を一体いくつこなしているのでしょう?
20140721-01Wakamono
官邸前

その前日、国会、官邸前に多くの人が集まり、安倍暴走政権への抗議が続きます。

「NO ABE」のプラカード、いいですねぇ。

20140721-01Kanteimae

姫路駅前では西播センター合唱団のみなさんが緊急行動。小さな子どももパーランクを叩いて参加。

20140721-01Himeji
小倉

北九州青い空合唱団らは100回目になる小倉駅前金曜日行動。いつもの10倍以上の参加者が2時間の訴えを行いました。

20140721-01Fukuoka

大阪のうたごえ協議会が加盟サークルに緊急呼びかけを行い、天満駅でうたごえ行動を行いました。

20140721-01Osaka

大牟田センター合唱団らは、「知らない間に秘密法・・・」の歌声を響かせました。

20140721-01Omuta

戦争をする国づくりNO!
映画「標的の村」をキーワードに
いま、安倍政権が多くの反対世論のなかで閣議決定した「集団的自衛権の行使容認」。
沖縄では、普天間基地に代わる辺野古基地建設に向けた工事が強行されています。

昨年8月の本紙でご紹介した映画「標的の村」。
この映画をキーワードにして、沖縄に心をよせた通信を長野と千葉からいただきまいたので、ご紹介します。

20140721-04Hyoteki
20140721-05Shojyo
長野合唱団の渡辺さんはこの映画の試写会と上映会を行いました。
普天間基地封鎖の攻防を取材した映画を通して、長野という沖縄から遠く離れ、基地問題も想像の域を出なかったものが、映像を通して真実をみつめることが出来たと語っています。
20140721-04OspryHantai
千葉・東葛合唱団はるかぜの団員4人は、団指揮者安藤由布樹先生(写真ほぼ中央)と沖縄へ。
爆音をまき散らすオスプレイ、緊迫の工事現場。そこに立ち向かう沖縄の人たちの揺るぎない闘志と笑顔。
「私たちは支援を続ける」の決意を新たにさせられる記事です。
20140721-04FutenmaGate

北海道⇒東京コース

さあ、出発というとき宣伝カーが未着。こういう時は「歌いながら待とう!」
ハプニングに強いサークル「やまなみ」のみなさんです。

20140721-04Nagano
東京⇒広島コース

写真の黒Tシャツのかた、ヘッドセットをつけてうたごえを響かせているのですね。
よくウエストポーチ型のポータブルPAを使う人を見ますけど、実際問題としてパワー不足で、音質もいまいち。
この写真をみると結構いけそうな感じです。
こうやって、行進の皆さんは工夫しているのですね。

20140721-04Kyoto
大阪東部地域

柏原市で奈良から引継ぎ。
うたごえリレー旗はその重責をこなしているようですね。
大阪東部地域のうたごえは、早めに集合して「こんにちは!平和行進です」を練習して行進に臨みました。

20140721-05Osaka
引継ぎのあった6月30日は、翌日閣議決定されるかもしれない集団的自衛権問題で緊迫した情勢と重なり、平日にもかかわらず大勢の参加者でした。 20140721-05OsakaTobu


日本のうたごえ祭典inみやぎ
11月22日(土)~24日(月・祝)
11月23日(日)復興を希(ねが)う音楽会(仙台・ゼビオアリーナ)
20140721-05Peace 今週のぴ~すさんは、うた新読者の佐藤美智子さん。

30年以上前に初めて参加したうたごえ祭典の記憶が耳に残っているといいます。



♪♪♪ レポート第2弾 ♪♪♪
6月に福島で開催された「全国青年のうたごえ交流会」については本紙7月7日号でお伝えしております。

今号では、再度8面第二特集として3人の参加者からその様子をうかがいました。

20140721-08SeinenGodo
長野 ザ・イスカンダル

塩崎さんは、3・11の後、支援のため何度か被災地を訪問しています。その経験を活かして、今回、多くの仲間と交流会に参加。しかし、参加費の工面など苦労した点も多かったようです。

20140721-08Iskandar
大阪 ブルースカ

竹田さんは、みやぎ祭典の青年のステージで演奏する「素晴らしき世界」。この歌詞の重さに被災地の現状を重ねています。

20140721-08BlueSky
福井 おでん部

保育・青年合同で演奏する「風と光と子どもたち」の指導を地元の保育のうたごえの方から受けたことを通して、みやぎ祭典への希望を語っています。

20140721-08MinamiSouma

調布狛江合唱団 跳 鼓 舞
今年創立50周年を迎える調布狛江合唱団。その郷土部、跳鼓舞と合唱団で今年と来年、記念の演奏会を開催します。 20140721-03Chokoma
準備状況について、団員の迫田礼音さん(写真 赤Tシャツ)から寄稿いただきました。

この中で、跳鼓舞が米国アラスカ州とオレゴン州の太鼓チームと交流をもっているという点に興味を持ちます。
太鼓が文化の懸け橋をになっているのですね。

20140721-03seinenKoryu

子どもたちと料理と歌の夕べ
愛をだきしめてコンサート
8月3日

熊本県天草市にある「天草学園」は知的障害や発達障害をもつ子供たちらが暮らしています。

そこで、京都の割烹・梅津とシャンソン歌手堀田さちこさんがコンサートを開きます。

20140721-03HottaSachiko
企画の趣旨は、
子どもたちに非日常を体験してお腹と胸をいっぱいにしてもらうおう、というもの。
昨年8月に続く2回目です。

写真
上 堀田さちこさん
右 割烹・梅津

20140721-03Kappo

親と子のみどりの杜合唱団
愛知県日進市といえばぞうれっしゃの藤村記一郎さんの地元。来年の愛知祭典でのぞう5000企画に頑張ってます。

そこの「親と子のみどりの杜合唱団」が誕生して20年に。
このたびOB,現役が交流する同窓会が開かれました。

20140721-06HotLine

  • 危機あおる君こそ危険安倍総理
  • 福祉切り国民守ると安倍が言い
  • 行かぬくせ戦争したい安倍石破
    浜田与志海

皆さんからの投稿をおまちしております。


生駒コーラス樫
35周年記念コンサート
5月26日 生駒市南コミセン
202140721-07ChoirKashi

新日本婦人の会中央支部
うたごえサークルルンルン

30周年記念コンサート
6月29日
大阪ドーンセンター
20140721-07RunRun

第19回なかむらこどもの幸せと平和を願う音楽会
合唱構成ぞうれっしゃがやってきた
6月8日
名古屋市中村文化小劇場
20170721-07Zou

大牟田センター合唱団
地区サークル交流会
6月14日

大牟田市にある公民館で練習している10のコーラスサークルが交流会を開催。
同じ施設の利用者が交流を深めるのはいい企画ですね。皆さんのところではいかがですか?

20140721-06Omuta
うたごえ慰問で病院へ
6月17日

同団では、ほかに月一回のデイケア施設でのうたごえボランティアを行っています。

20140721-06ByoinImon

一関うたごえセンター
「めろでぃ」


うたごえきっさが盛況です。
初参加者11人を含む、42人で、創作曲も含め、歌いかわしました。
20140721-06Ichinoseki

連載926回モルゴーア・クァルテット

7/21~7/27
風と光と子どもたち
ぼくをはげます 「ほっと夜明けっ子」たち 浜島康弘 (名古屋青年合唱団)
「窓を開こう」 山本美佐子 (東京・中央合唱団『記念』)
小村公次
89歳のピアニストを聴く
音楽のパラリンピック
永遠のフラメンコ・ギター ベスト・ライブ パコ・デ・ルシア
20140721-06Etegami

2014年7月14日号

2014年7月10日

20140714

国際青年リレー

今年の平和行進の話題は国際青年リレー。
フィリッピン、インド、米国、もちろん日本も含めた国際的な青年のネットワークが生み出した試みに多くの支援が集まっています。

もちろん、それを支えるうたごえにも。

20140714-01HeiwaKoshin
今号の1面は、西田ちひろさん(写真、左から2人目)の寄稿で構成。

西田さんは、昨年の東京⇒広島の通し行進者マラヤさん(フィリッピン)の通訳をしたのがきっかけで、今年は滋賀県内で「国際」の一員に。

20140714-01SeinenRelay
マラヤさん(写真左端)は、今年こんなにも大きな足跡を残してくれました。
この取組み、是非来年以降も続けてもらいたいですね。

マラヤさん、Salamat

20140714-01HeiwaKoshin2013

各コースも順調に進んでおります。
4-5面で各地の様子をご紹介しております。

東京⇒広島コース
大津息吹合唱団らは、リレー旗を無事京都へ。
滋賀県はいまだに非核県宣言をしておらず、この機会に申し入れを強めています。

20140714-04Shiga

三重・和歌山⇒広島コース
東京⇒広島コース

2つが交錯する多忙な中に、雨やクレーマーにも。
ご苦労様!

20140714-04Nara

富山⇒広島コース
暑さも大敵ですか、この時期の雨も困りもの。
しかし能登コース最終の内灘ではうたごえの元気が雨を止めたとか・・・

20140714-05Ishikawa

来年はこのコースでもうたごえ旗のリレーをやりたいと燃えてます。
今年、東京⇒広島コースで始まったリレー旗が来年は全国に広まるといいですね。

20140714-05Fukui

沖縄⇒広島コース
川内原発再稼働反対行動とリンクして平和行進は鹿児島県内を進んでいます。

20140714-05Kagoshima


私たちは9条破壊の集団的自衛権 行使容認に断固抗議します
20140714KogiSeimei
(クリックして拡大表示)
20140714-05Kanteimae03
20140714-04Kanteimae02
20140714-04Kanteimae
20140714-05Kanteimae04


日本のうたごえ祭典inみやぎ
11月22日(土)~24日(月・祝)
11月23日(日)復興を希(ねが)う音楽会(仙台・ゼビオアリーナ)
20140714-05Peace 本紙掲載写真の楽屋みたいですけど、今号のぴ~すくんはD51合唱団の佐々木伸介さん。

祭典で演奏される全国の働く仲間たちの希いのステージ「スクラム広げて」の作詞者さん。
労働者の連帯のステージ成功に向けて、カンパ~イ!


最高裁で JAL不当解雇撤回へ!
本紙5月26日号でJALの不当解雇について詳しく解説いただきました上条弁護団団長に再度ご登場ねがいました。

6月3日、5日の原告団控訴審の判決は、たったの10秒。「控訴を棄却する!」

事実と道理を無視した東京高裁の判決について上条さんに8面をたっぷり使って解説していただきました。

20140714-08JAL0603
判決の日、千葉・関東のうたごえは歌で支援。
判決報告集会で上告の固い決意を聞き、「あの空へ帰ろう」「闘うわれら」を何度も何度も何度も歌いました。
20140714-08JALkobushi
岡山からは原田義雄さんも駆けつけて雨の降る中支援のうたごえを響かせました。 20140714-08JALImamura
上条さんは、「さらに大きな運動の展開が期待されます」と本稿を締めくくっておりますが、さて、私たちうたごえとして「さらに」何ができるか、具体的な行動で示したいものですね。 20140714-08JALHarada

長野平和音楽祭
第34回
グローバルピース
長野平和音楽祭

7月20日(日)14時
長野市ホクト文化ホール

写真は、平和音楽祭合唱団指揮の中村雅夫さん。

20140714-03Nakamura
恒例の公募による平和音楽祭合唱団。
写真は一昨年のもの。
今年は、「青い空は」「群青(今年の全国指揮・合唱指導講習会での選定曲)」などを演奏します。
20140714-03Nagano

大田智美
アコーディオンリサイタル
7月26日(土)16時
よみうり大手町ホール

クラシックが好きな人も、そうじゃない人も楽しめるコンサート。
本人も編曲に力をいれており期待が持てる構成になっています、とマネージメントを手掛けるセンタープロ関係者の補足説明。

20140714-03Ohta

男声合唱団「どんぐり」
新潟の視覚障害者が35年前に結成した合唱団は、今は健常者も一緒にうたうようになっています。

7月20日(日)
加茂文化会館
で開催される35周年記念コンサートは「前をみつめて」をテーマに開催されます。

20140714-06HotLine

  • 安倍暴走そんなに急いでどこへ行く? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? 古都のハマちゃん
  • 憲法は権利の箱詰め知らなんだ
  • 骨太か小骨のことも聞きたいね
    老ガイ

皆さんからの投稿をおまちしております。


関西合唱団
第79回定期演奏会
新作初演「英霊たちの歌」
6月7,8日いずみホール

豊中混声合唱団音楽監督西岡茂樹さんから評論をいただいております。

(従来7面掲載の本項は、今号は4面です。お見逃しなきよう)

20140714-04Kansai

講習会ミニレポート
第11回大阪北部のうたごえ
合唱講習会
5月31日

地域協議会が主催する講習会に参加者82人!
どうすればこんな活気があふれた企画が実現するか、6面コラムから学び取ってください。

20140714-06Osaka

海老名お馬の親子合唱団
「とべないホタル」演奏会

6月8日
神奈川・海老名市文化会館

愛知の藤村記一郎さんが富山のいじめ問題を題材にした同名の童話に曲をつけた作品が神奈川で演奏されました。

20140714-06Ebina

福井センター合唱団
50周年記念演奏会

6月1日ハーモニーホールふくい

今を取り巻く閉塞感を打破したいという思いを「夢を語るとき」にこめて演奏しました。

20140714-05FukuiConcert

歌作りの通信
第46回
保育合研in福岡
8月2~4日

初日のオープニングステージ、3日目の構成劇のための、自分たちの思いを歌に!の取り組みが進んでいます。

20140714-07KyokuTsukuri
九州青年合唱団の砂入りえさんらは、まず、さまざまな思いを集め、上の写真のようにまとめて、詩をつくり、安広真理さんが曲をつくり(今週の紹介曲)、そして練習(写真右)

そんな曲つくりの工程を7面をたっぷりつかってご紹介。
是非、聞いてみたいけど、合研関係者じゃない場合はどうすればいいんだろう?
一般参加者も歓迎だそうです。

20140714-07Goken

連載925回ハンマーを持つ人
7/14~7/20
さくらんぼの実る頃
高く掲げて前にへ 木村泉 (山形センター合唱団)
合唱構成 「ぞうれっしゃがやってきた」 井之下勝彦 (神奈川・ぞうれっしゃネットワーク)
ありのままの私ソング原点
Adultica 高橋真梨子
her
ぴかぴかのどろだんご
作詞 全国保育合研in福岡実行委員会
作曲 安広真理

広がれうた新の輪

みなさんのお友達をご紹介ください。

2014年7月7日号

2014年7月3日

20140707

憲法を楽しく語る 八法亭みややっこさん
八王子合同法律事務所に所属している弁護士さん、飯田美弥子さんが、本紙の1面「ときめきインタビュー」に登場。

本紙1面では、何度か弁護士さんにご登場いただき、その時々の問題についてわかりやすく語っていただいております。

今号では、憲法問題。

20140707-04Miyako
右の本は、みややっこさんの憲法噺。

「え~、意外に思われるかもしれませんが、日本国憲法の核心は、九条ではないのです。人は憲法九条を守るため、平和を守るために生きているのではない。」

「日本国憲法の核心は、国民一人ひとりがその人らしく幸福を追求できるようにすること、にあるのです」

20140707-01Book
みややっこさんは、憲法13条の機能に着目しています。9条も25条(生存権)も、13条という核心があって生み出されたものです。
最近の環境権、情報アプローチ権もすべて13条から導き出されています。
20140707-01Kenpo
安倍首相が次々に繰り出す悪法の数々。
同時多発的攻撃に、反対する側が追い付いていない。

さまざまな学習会が企画されますが、参加者は学習会が終わるともうヘトヘト。

20140707-04WakamonoFlayer
みややっこさんのわかりやすい落語風解説の主眼は、
いまこの瞬間の対応にばかり追われるのではなく、私たちは歴史の大道に立っているのだというロマンを語ることにおいています。
こういう着眼なら学習会で元気をもらえますね。
20140707-04Kenpo
本インタビューでは、みややっこさんの青年時代のエピソード、信条も語られています。
若い方も必読の記事です。

写真右は6・22若者憲法集会から。

20140707-04Wakamono


日本のうたごえ祭典inみやぎ
11月22日(土)~24日(月・祝)
11月23日(日)復興を希(ねが)う音楽会(仙台・ゼビオアリーナ)
20140707-05Peace 今週のぴーす君は、宮城・あくまで平和を歌う会の豊永敏久さん。
みやぎ祭典で池辺晋一朗さんの指揮で演奏することを楽しみにしています。

北海道⇒東京コース
うたごえサークルひろばの皆さんは、まさに歩く人間ジュークボックス。盛岡市内の行進を盛り上げました。

20140707-03Iwate

北海道⇒東京コース
宮城県入りした行進は内陸と海岸沿いの2コース。
みやぎ祭典をアピールしながらの行進です。

20140707-03Miyagi
岐阜

東京⇒広島コース
愛知から岐阜入り。
うたごえリレー旗、ノートなど無事に引き継がれました。

20140707-03Gifu


2014全国青年のうたごえ交流会
みやぎ祭典へ!
全国青年のうたごえ交流会が福島で開催されました。

本号8面の第二特集は、交流会の模様にフォーカス。
先週号の愛媛からのレポートに続き、青年のたくましい動きにご注目ください。

20140707-08Stage
上の写真は、みやぎ祭典での青年合同曲「素晴らしき世界」を練習(写真右)後の演奏風景。

映画化された「宇宙兄弟」のテーマソング。「僕らは何かを探してきた」と歌う中で、彼らは何をみつけたのでしょうか?

20140707-08Lesson
今回の交流会の牽引車は、”若星Z☆”(写真みぎ、仙台)
これはご存知の方も多いと思いますが、「わげすたーず」と読みます。
20140707-08Wagesutars
こちらのグループは13人で参加した長野からの「ザ・イスカンダル」。
ワールドカップで、肩にかみついて出場停止処分をうけた選手がいましたけど、人をかまずに、椅子でもかんでればいいのにねぇ。
20140707-08Iskandar

西日本創作講習会inあいち ]
今年は、全国創作講習会を東(福島)、西(愛知)の2回開催。より多くの方が参加できるようにと企画されています。

8月1日~3日
詳細は、こちらから

20140707-03Todai
この写真は、5月に福島で開催された東日本創作講習会の様子。
ここで、52篇の詞曲が生まれました。
20140707-03HigashiSosaku


5月24日、25日 東京
本号4~5面で、講習会内容をお伝えします。
今年初めての試みが小編成講座。
音楽センターより好評発売中のCD「無言館」で演奏する混声ア・カペラ三重唱ユニット「ももたらう」の3人が講師。
しかし、参加者167人を3人で割り当てると、とても「小編成」の講習にはなりませんでしたけど。
20140707-04Higashinihon3nin
男声、女声に分かれての講習では、
男声が「スクラム広げて」「斎太郎節」
女声は「広い河の岸辺」など。

【訂正】
4面掲載の六本木合唱団高田慮来さんのレッスン風景の写真はこちらのものです。

20140707-04HigashiLesson
昨年の合発、一般Aで金賞をとった合唱団ききゅうの指導者、玉山マオさんの混声合唱指導は「希望の歌」「民衆の歌」。
参加者も多いと充実の大合唱を体感できました。
20140707-05HigashiNihonStage
玉山マオさん
混声合唱
渡辺享則さん
まとめ講座
浜島康弘さん
理論講座

新潟の大口知子さんから、5月の東日本創作講習会の様子がレポートされました。
「うたごえサークルたけのこ」のテーマソングが北海道から参加の高畠賢さん(写真左)らの協力で完成。

20140707-06HotLine

  • もしかしてあの船長はわが社にも
  • なぜ借りるもらってんだろう助成金
  • 今年度まず8の段から九九教え
    トドチャン

皆さんからの投稿をおまちしております。


長野合唱団
5月31日
ホクト文化会館

信州大学中山裕一郎教授の音楽会評を7面に。

20140707-07Nagano

演奏交流ミニレポート
さっぽろうたの広場2014
6月7日
札幌市生涯学習センター
ちえりあホール
札幌のうたごえ協議会主催

写真は新婦人コーラス紫陽花

20140707-06Sapporo

復興支援コンサート
第22回クラージョ
teaコンサート


大阪和泉市のコミュニティセンターを使ったミニコンサート。
歌唱指導では「釜石小学校校歌」。

収益金で、本「釜石の奇跡」を市内21小学校に寄贈。

20140707-07Kurajyo

20140707-05Utashin


連載924回ノルマンディの式典に思う
7/5~7/13
歌って愛して

次代にかかる橋 綾 正博 (福岡県のうたごえ協議会 副会長)


「はるかぜ」
田中真一
(千葉・東葛合唱団はるかぜ)

第19回国立劇場「日本の太鼓」公演
と西角井先生の功績

「瀬戸の花嫁」

みやぎ祭典合唱曲集
「復興を希って」

大阪・志賀民江

20140707-06Etegami

2014年6月23日号

2014年6月19日

20140623

うたごえ青年合唱団 Green love cantabile
愛媛合唱団
初代団長 林一幸さん
Green love cantabile
会長・指揮者 上田恭敬さん
今週のぴ~すでさりげなく三戸部さんが抱えている、うたごえ65周年企画「うたごえは生きる力」(写真左)。その1枚目のCD「僕のつくる道」を契機に本紙にも登場すること数々の上田恭敬さん。

新たに立ち上げた青年のうたごえ合唱団について今号の1面でご紹介しています。

20140623-01Ehime
練習曲は「民衆の歌」とアナと雪の女王から「Let it Go~ありのままで」。
参加者は「若い人たちでの練習が楽しい」と語っています。
はやり世代を超えた合唱団もいいですが、これからうたごえの後続者には同世代で頑張ってもらうのがよろしいようで。
20140623-01Stage


日本のうたごえ祭典inみやぎ
11月22日(土)~24日(月・祝)
11月23日(日)復興を希(ねが)う音楽会(仙台・ゼビオアリーナ)
20140623-05Peace 実行委員会組織部
三戸部昭雄さん

主に活動していた60年代後半から70年代前半の10年間。その後、現在までの様子は、「グレートラブ」、写真で抱えている「うたごえは生きる力」(DVD5枚などのパッケージ)で理解。
同じような境遇にあるうたごえOBに的を絞った組織活動をしています。


八戸

北海道→東京コース
八戸うみねこ合唱団の新入団員さんが沿道の人々に大きく手を振って元気溌剌。

20140623-03Hachinohe

東京→広島コース
愛知のうたごえは、県内12日間の行進を励ますうたごえに取り組んでいます。

20140623-03Aichi
名古屋の読者からの投稿 本紙「紹介曲」に掲載しました「平和行進数え歌」や、同じく今年の創作曲「こんにちは!平和行進です」が紹介されました。
この曲には、「♪歩こうよ」のあと13拍ありますが、この間は、シュプレヒコールやアピールを織り交ぜて歌うと効果的です、と大熊さんから。

京都・スクラムコンサート
今年65周年の京都のうたごえは、”65周年音楽会”をシリーズで開催してゆきます。
その第一弾として取り組まれた「スクラムコンサート」について、8面の第二特集でお伝えしています。
HPならではのカラー写真。組合旗がステージに林立する圧巻の様子をお読みください。
20140623-08Scram
例年、メーデー前夜祭として取り組んでいた「働く仲間のうたの広場」を発展。
京大職組、全厚生、JALなど訴えと歌で綴るステージは、争議団の生の声への連帯の場になりました。
まさに「うたは闘いとともに」が発露された瞬間でした。
20140623-08Kyodai

大学のブラック化が

上記の京大職組の闘いは、本紙4/21号でもお伝えしておりますが、こちら北大でも急速に進行するブラック化が問題になっています。
北海道合唱団が学校教育法の改悪反対闘争を含め、うたごえで支援したいと危機感を持っています。

20140623-08Black

職場のうたごえ
働く誇り、権利、仕事を軸に心寄せあう歌を
4産別のうたごえ祭典が開催されます。
その詳細を4~5面でお伝えしております。
電通のうたごえ

7月26、27日
電通のうたごえ祭典
合唱・創作発表&
こころ寄せてコンサート
宮城

20140623-04Dentsu
私鉄のうたごえ

8月24日
私鉄のうたごえ祭典
恋とあのヨ~の片道切符
名古屋市西北のうたごえフェスティバルとの合同開催

20140623-04Shitetsu
教育のうたごえ

8月9日、10日
教育のうたごえ祭典inぐんま
「手わたそう 平和な未来を うたごえにこめて」

20140623-05Zou
自治体のうたごえ

8月3日
自治体のうたごえ
合唱発表会

大阪

20140623-05Jichitai

全国産別のうたごえ会議

9産別のうたごえの代表が集まり、現状の報告と対応策について協議がなされました。
4面では、港湾・名古屋の西脇さんにフォーカス。
「歌で団結」の歴史を伝えてゆきたいと、青年の心意気を語っています。

20140623-04Miyawaki

みやぎ祭典 働く者のステージへ

ソニー労組結成55周年のつどいでは、D51合唱団らが開幕演奏。
みやぎ祭典での合同曲「スクラム広げて」などを演奏しました。

20140623-04Miyagi

合唱構成「二つの海」
「海に消えた二つの航跡」と題した合唱構成曲の取り組みが沖縄と神戸で進んでいます。

8月24日
浦添市てだこホール

20140623-03Okinawa
沖縄からの学童疎開船・対馬丸事件、特攻兵器・人間魚雷回天の史実をテーマにした、森村誠一さん、池辺晋一朗さん、新実徳英さんらの詞・曲(混声合唱組曲「海のトランペット」車木蓉子作詩・池辺晋一郎作曲など)で構成されたものです。 20140623-03Flyer

大阪シルバー合唱団
昨年のおおさか祭典のシルバーのステージ後も練習を積み重ねてきた方たちが中心となり、大阪シルバー合唱団・連絡会が結成されました。

写真は年金者組合府本部25周年記念祝賀会でのオープニング演奏。

20140623-06Hotline

  • 8パーでますますメタボ小銭入れ
    ムックリ
  • 8が刺す家計に毒がきいてくる
  • 数の傘大手を振って国会を
    大澤博明

皆さんからの投稿をおまちしております。


三島

静岡・三島どんぐり合唱団
「花は咲く合唱団」を結成して被災地支援に取り組んでいます。

20140623-06Donguri

熊本・ふらっとは「健康友の会」と共催で、くわみず病院通所リハビリ室でみんなうたう会を行いました。

20140623-06Kumamoto

合唱団北星
5月18日
板橋文化会館

声楽家・柴田泰子さんの鑑賞記を掲載。

20140623-07Hokusei

安曇野まつかわ五月の音楽祭
屋外で開催された音楽祭に、北アルプス合唱団、信濃の青い空合唱団が参加。
「平和の子守唄」「風の子守歌」を演奏。
20140623-07Azumino



連載923回 ビール

6/24~7/4
雨に唄えば
学ぶのは”今”でしょ! 渡辺享則 (日本のうたごえ全国協議会 副会長)
「心はいつも夜明けだ」 北飯史子 (大阪・レガーテ)
アナと雪の女王
アライブ
上原ひろみ
今なお新鮮な陽水「氷の世界」
つながっている
第50回矢臼別平和盆踊りによせて 作詞・作曲 高畠賢

2014年6月16日号

2014年6月12日

20140616

富士を撃つ実弾演習は何のため
北富士演習場

こんなところの「実弾演習指揮台」にどうやったら登れるのか?
本紙HP版ならではの裏話を。

東京公務公共一般労働組合では、8月に見学ツアーを企画しており、本紙三輪編集長も炎天下のなか下見旅行に同行取材。

20140616-01Fuji
現地でのガイドさんは、山梨県平和委員会の代表理事の桜井真作さん。

この日は演習が休みのため、一般人も中に入れるそうです。
まさか!と思いますが、そこは地元を知り尽くした方。
上の写真は、指揮台から撮影したものです。
ちょっと見にくいですが、白い12個の点が標的。
まさに富士に向かって撃ち込んでいます。

20140616-01Sakurai
この3枚の写真は平和委員会資料より。

新型の155mm榴弾砲M777A2。
といわれても、よっぽどの軍事マニアでないとわからないかもしれませんけど、ものすごい兵器であることはお分かりいただけると思います。

20140616-01Canon
この榴弾砲は重さが、軽量化されたとはいえ4.5トンもあります。
それを軽々と輸送するオスプレイ。
20140616-01Osply
この図は本紙には掲載されていませんが、平和委員会の資料より。
クリックして拡大版でご覧ください。
これだけ広大な敷地。
世界遺産となった富士山を痛めつけていいもんでしょうか。
20140616-01Map
あまり知られていないことですが、北富士演習場では模擬劣化ウラン弾の発射訓練設備があります。
「劣化」とはいえ機能的に立派な核兵器。

まさにここは集団的自衛権行使の先どりの現場ですね。

20140616-01HeiwaKoshin

北海道→東京コース
札幌・中島公園での集結集会。

20140616-04Hokkaido

北海道→東京コース
青森市平和公園(平和の塔広場)で北海道からの引継ぎ。

20140616-04Aomori

東京→広島コース
13日間の県内行進。
国際青年リレーはグアムのアーサーさんが元気です。

20140616-04Shizuoka

東京→広島コース
5月31日に静岡からリレー旗を引継ぎ。
うたごえから県内通し行進者を2名出しています。

20140616-04Aichi
愛知県内コース
豊橋→蒲郡

6月1日、35度以上という炎天下、県内最長のコースで行進が行われました。

20140616-04AichiEntenka

原発ゼロ&戦争への暴走STOP

6・1原発ゼロへ
「川内原発再稼働やめろ」の声が鹿児島から北海道までつづくリレースピーチが流れました。

20140616-08Kokkai

九条の会を先頭に、御堂筋パレードで「戦争できる国づくり反対」の声が上がりました。

20140616-08Osaka

九州のうたごえ祭典へ 「干潟の海の詩」
1997年に閉められた諫早湾の排水門。
高裁で開放が確定したにもかかわらず、いまだに閉じられたままの水門。
20140616-08Isahaya
長崎のうたごえでは、九州のうたごえ祭典で「干潟の海の詩」を演奏する準備として、現地を訪問。
頭の中で考えるだけで歌うのではなく、現場を反映させる演奏には期待が持てます。
本紙8面の第二特集で現地の現状をお伝えしています。
20140616-08KengakuTour

被災地に心寄せて
双葉町うたう会

埼玉合唱団は、双葉町が町ごと避難していた埼玉県加須市で定期的にうたう会を開催していました。
しかし、まだ多くの双葉町町民が加須近辺で生活しており、うたう会が再スタートしました。

20140616-04Nikoniko

福島、双葉町へ

仙台合唱団の高橋さんは、宮城から、きたがわてつさんも同行した福島・南相馬原発被災地へのバスツアーに参加。

原発から14km、800頭の牛を飼う「希望の牧場」。汚染した牛と運命を共にしているその姿はまさに「原発一揆」。

20140616-05Bokujyo
ところで、こういう被災地ツアーはどうやって参加するのでしょうね。
個人で行けるのだろうか?合唱団でまとまってゆくにはどうしたらいいのだろうか?
怖くないのか?危険じゃないのか?などなど思いませんか?
20140616-05Genba
HPで調べるといろいろな会社が被災地ツアーをやっています。
大手の旅行業者から地元の会社まで。

本紙の記事を参考に、皆さんもまずは行ってみてはいかがでしょうか。

20140616-05Tetsu

響・aiコンサートの後

神奈川の合唱団いちばん星の遠藤さんは、コンサートのあと原発20キロ圏見学ツアーに参加。
「風よふるさとよ」はこの風景を見て歌いたい、と強く思いました。

20140616-05MinamiSoma


日本のうたごえ祭典inみやぎ
11月22日(土)~24日(月・祝)
11月23日(日)復興を希(ねが)う音楽会(仙台・ゼビオアリーナ)
20140616-05Peace 医療のうたごえ合唱団
「セデス」
高見のり子さん

震災当時は医療現場で必死の思いで、「歌えない」日々が続いたそうです。
あれから3年、まだ先の見えないなかで「うたごえ」で励まし、励まされ、祭典で全国の皆さんと共感しあいたいと願っています。


三多摩青年合唱団
創立50周年記念音楽会を準備中
7月26日(土)
ルネこだいら
第一部 林光作品
第二部 東北民謡
20140616-03SanseiLesson
昨年、研究生として多数の若者を迎え、今年の44期生、そして団OB会も加え7月の音楽会に向けて練習を重ねています。

そして、コンサートを成功させて、8月には宮古市へ歌いにゆく計画を立ててます。

20140616-03SanseiMinyo

3月から始まった木下そんきさん主催のシンポジウムは毎回好評を博しています。
写真は5月のもの。
6月は守屋博之さん、7月に小村公次さんを迎える予定です。
20140616-03Symposium

めざみの里カンタート
第9回めざみの里カンタート
7月5,6日
山形県飯豊町

毎年、池辺晋一郎さんらを講師に招いて開催されています。
ところで、カンタータというと声楽作品と訳されてますが、カンタートCantatというと、一定期間に集中して合唱のためのコンサート・講習会等を総称する新しい和製英語です。

Adobe Photoshop PDF

「林学作品をうたいかわす会」「語る会」が開催されました。
故林学さんも存命なら今年で80歳。
もう5年もたったのですね。
20140616-06HotLine

  • この棚田キレイやだけで残れるか
  • 100選の美田も食うかTPP
  • TPPミミズが心配顔してる
    老ガイ

皆さんからの投稿をおまちしております。


演奏・うたう会ミニレポート

新婦人コーラスきんとっと
は大和郡山合唱フェスティバルに参加しました。
20140616-06Kintotto


大牟田センター合唱団
医療法人親仁会の友の会定期総会で開幕演奏を行いました。
20140616-06Omuta

栃木
栃木のうたごえ交流会が開かれました。
「日光の酸性雨を考える会」は創作曲をもって、今年初参加。
20140616-06Tochigi

ぞうれっしゃがやってきた

なくそうか核兵器
5・17府民の集い
で、松原ぞうれっしゃ合唱団などが160人の合唱団を組織。
抜粋の25分バージョンを演奏しました。

20140616-07Zou

2014北海道のうたごえ 合唱指揮講習会
5月10日、11日 登別

全道から140人が参加。
今年のうたごえむろらん祭典(9月13日、14日)とみやぎ祭典を目指して練習を積みました。

20140616-07Hokkaido
講師に
太田真季さん(写真上)
望月俊哉さん(写真右)
守屋博之さん((写真下)
を迎えました。
20140616-07Mochiduki
練習曲は
「希い」
「群青」
「わが母のうた」
20140616-07Moriya

  加盟しました!
全国協議会に新たに加盟した合唱団をご紹介します。

北の国から合唱団

2004年沖縄祭典で南の国へ北の国の歌声を届けようと結成されました。

20140616-04Kitanokunikara
群馬
群馬県教職員合唱団
「こだま」

2000年群馬で開催された教育のうたごえ祭典を契機に誕生しました。
20140616-04Kodama

市民合唱団「グリーンコーラス」
51年まえに誕生したグリーンコーラスを母体に昨年再スタート。
20140616-05GreenChorus

連載922回 ワイン

6/17~6/23
星よお前は
交通権は人権 舟橋幹雄 (日本のうたごえ全国協議会 副会長)

「アヴェ・マリア」
近藤由紀子
(千葉合唱団、スカーレッツ)
小村公次 未見のオペラと出会い
大阪国際室内楽
コンクール&フェスタ
「HUMAN」
福山雅治

2014年6月9日号

2014年6月12日

20140609

国際青年リレー
現在日本各地を巡っている国民平和大行進。
一昨年、フィリピンから参加したマラヤ・ファブロスさんの行動がきっかけとなり、今年は、フィリッピンのほか、インド、米国の青年6人が参加。広島までの行程をリレーでつないでゆく「国際青年リレー」が実現しています。
その経緯を1面で、東京の大熊さんがお伝えしています。
20140609-01HeiwaKoshi
東京からのトップバッターになったのは、マラヤさんの弟、マギティングさん。
フィリッピンでは、一度は撤退した米軍が防衛協力の名の下に戻ってくる動きがでています。中国との南沙諸島問題もあり、国民の中にも肯定的な意見が増え始めているのも事実です。
20140609-01KokusaiSeinen
静岡で、マギティングさんは、グアムから参加したアーサー・タイマングロさんへバトンタッチ。
その引継ぎ集会で、フィリッピンの現状を話し、基地反対の運動を日本の皆さんと連帯してゆきたい、と決意。
20140609-01Shizuoka
平和行進スタートの前日、うたごえ、原水協、労働組合、女性団体の若者が前夜祭。
先週号でお伝えした段ボール製エイサー太鼓つくりなどを行い、海外からの青年を迎えました。
20140609-01Zenyasai

平和大行進 各地から

13日間にわたった県内網の目行進。
最終日もうたごえここにありの存在感があふれてました。

20140609-03Kanagawa

湯河原で神奈川からリレー旗が引き継がれ、
国際青年リレーも二人目のアーサーさんに。
写真は、沼津でアーサーさんを囲んで「We shall Overcome」を歌っているところ。

20140609-03Numazu

釜ケ崎芸術大学 合唱部
そんな名前の大学なんか聞いたことがないとおっしゃる方。
大阪市西成区にあるのです。「学びたい人が集まれば、そこが大学になる」と2012年からスタート。
そこに誕生した合唱部は、講師に関西合唱団の山本則幸団長を迎えています。
20140609-08Kamagasaki
みなさんのお気に入りは「アメイジング・グレース」。その一節「怖れ知らぬおろかな旅人」に自分たちの姿を笑いながら重ねています。
しかし、仕事で鍛えた声が不思議なハーモニーを作っています。
20140609-08Lesson
成果発表会。
日本の高度成長期を支えてきたこの街で、高齢化してなかなか働けない人たちが自分の気持ちを率直に丁寧に表現していました。

今週の8面、第二特集の感動物語です。

20140609-08Happyoukai

原発ゼロへ 大きな一歩

世界一原発が集中している福井で、大飯原発の稼動差し止め請求を認める判決がでました。
その興奮の様子を福井のうたごえ、辻会長がお伝えしています

20140609-08Ooi

東日本創作講習会
今年の創作講習会は、東西に分かれて開催されます。
まず、福島で開催された東日本創作講習会の様子を4~5面でお伝えしています。
その中で生まれた一曲「何故に~福島の地から」は楽譜を今週の紹介曲(7面)でご紹介しています、
20140609-05Sosaku
誕生した曲は全部で52。
フクシマの現状(いま)をどう伝えるか、が真正面から取り組まれました。
そのために、講習会の前にオプション企画として南相馬市を訪れ、その場に実際に立ち、肌で感る体験を通して創作への準備がなされました。
20140609-04Nazeni
「つぶてソング」の和合亮一さんは、ツイッターで詩を発信するようになったきっかけを、講習会の中で語りました。 20140609-04Wago
音楽評論家の小村公次さんは、批判活動の大切さを講演。

本号では両氏の詳しい内容までお伝えしきれてませんが、季刊日本のうたごえの次号で掲載される予定です。

20140609-05Komura

憲法記念日特集Ⅲ
各地のうたごえ活動から

1200人の参加者でいっぱいの会場。
東葛合唱団はるかぜは、同集会開催の実行委員会の委員長を送り出し、テーマである「めげない、あきらめない、今こそつながろう!」を学び交流しあいました。

20140609-04Matsudo
松戸憲法記念日の集会では、落合恵子さんが講演。
このテーマを再認識させる内容でした。
20140609-04Ochiai

藤沢9条の会9周年の集いでは、藤沢合唱団と辻堂の幼児教室の子どもたちが「青い空は」などを演奏。

20140609-04Fujisawa

新潟音楽九条の会7周年コンサートでは、新潟大学の学生も加わった70人のピース9合唱団が演奏。
「あの日の授業」
「風を返して土を返して」など。

20140609-04Niigata
オープニングは、「樽砧」という樽太鼓の演奏。
圧巻は85歳の会創設者のソロ演奏は見事なバチさばき。
20140609-04Taiko


日本のうたごえ祭典inみやぎ
11月22日(土)~24日(月・祝)
11月23日(日)復興を希(ねが)う音楽会(仙台・ゼビオアリーナ)
20140609-05Peace 国鉄東京合唱団の米倉薫さんが今週のみやぎ祭典のご案内人。
【訂正】本紙では、「米澤」さんになってますが、間違いです。
訂正いたします。

20140609-05Aomori みやぎ祭典へ
青森練習スタート


青森センター合唱団は、みやぎ祭典で歌う合同曲の練習会をスタートさせました。
合唱は初めてという方も含め、42人が登録。目標の50人に向けて声かけを進めています。

広島合唱団
広島合唱団
60周年記念演奏会
「希望のうた明日へ」

7月6日(日)
アステールプラザ

創作曲「希望の明日」を準備するなど、60周年記念事業の準備を進めています。

20140609-03Hiroshima

7月6日に開催される京都・乙訓ミュージックフェアは今年で40回目。
乙訓地域の合唱発表会もかねています。
特別企画、合唱組曲「水の力美しく-乙訓の水よ、永遠に」を演奏するために練習会がもたれています。
20140609-06HotLine

  • オール電化売って節電呼びかける
  • 年金を支える層が親だのみ
  • 太い指慣れぬ絵文字に四苦八苦
    トミ

皆さんからの投稿をおまちしております。


みどりのコンサート
4月29日


神戸市役所センター合唱団からのコンサートレポート。

今年23回を数え、環境団体「アースデーひょうご」と共催しているみどりのコンサートでは、「つぶてソング」をメインとして取り組みました。

20140609-07Midori

第10回足立ピースフラワー合唱団
愛と平和をうたうコンサート
4月29日

団員創作の音楽構成組曲「希望」などを演奏。
その模様は、足立ケーブルテレビでも放映されました。

20140609-07PeaceFlower

  加盟しました!
全国協議会に新たに加盟した合唱団をご紹介します。

つどい絆

1987年に結成された太鼓と民舞のサークルです。

20140609-04TsudoiKizuna

石川県年金者組合女性コーラス

2006年のふくい・北陸祭典の際に設立。以後、地元のうたごえ合唱団から援助を受け活動を続けてきてました。

20140609-05IshiakwaNenkin

連載921回 世界遺産

6/11~6/16
大きな古時計
関東ブロックが元気です 轟志保子 (日本のうたごえ全国協議会 副会長)

「地底のうた」
宮澤憲治
(長崎・合唱団「ながせん」)
時代を描ききった音楽映画
釜石公演
晴天の霹靂
何故に-福島の地から
原詩 大橋幸雄
編詩 山本忠生、藤村記一郎、大谷敏彰、勝然たみ子、金野洋子、渡邊ルリ子、佐藤香
作曲 佐藤香

2014年6月2日号

2014年6月6日

20140602

0-Interview 20140602Kankara
今週号のTOP記事は、ごらんの岡さんという方へのインタビュー。

今年のメーデー歌集に収載の「これが自由というものか」は60年もまえの曲を掘り起こして、現代でも通用する内容にびっくりさせられましたが、今週の記事はさらに明治・大正にまでさかのぼり、当時の世相をうたった演歌を現代に蘇らせている唄師にスポットライトを当てました。

20140602-01Oka
「ノンキ節」「ゼーゼー節」など名前は聞いたことがあるけど、あまり詳しくは知らないというかたも多いと思います。

日本のフォークの源流として今に伝えている岡さんの活躍をご紹介しております。

20140602-01OkaStage
この作者はいまから100年前に活躍した反骨の演歌師・添田唖蝉坊。
70年前に亡くなったこの演歌師のうたい方に今の世情を取り入れたのが、今の世相にぴったりと受け入れられています。
20140602-01Azenbo

20140602NishiKyodo
郷土の歌と踊りを学びあう郷土講習会が、まず西日本で開催されました。

今年は、11月のみやぎ祭典で全国合同として演じられる「すずめ踊り」を現地からの講師を招いて練習。

20140602-08Suzume
写真上は、「すずめ踊り」コースの練習風景。
写真右は、お囃子、しの笛などの演奏陣の練習。
20140602-08Taiko
2日間の練習を終えて参加者で記念撮影。

この講習会は、6月に東日本でも開催されます。
(会場は東京)

20140602-08KyodoKoshukai
ほかに、今回は、
南京玉すだれの講習会も。

8面の第二特集によりますと、日本のうたごえ全国協議会の新会長田中嘉治さんも受講されたとか。

20140602-08NankinTamasudare
こちらは「鵜飼いかがり火」コース。

実に幅広い郷土の文化を伝える講習会になっています。

20140602-08KagaribiTiko

0-NishinihonGassho
掌編組曲「希い」作詞者きむらいずみさんのおはなし
6面の声の欄にも「深い感銘を受けた」と紹介されていますが、5月4日、5日に広島で開催された西日本合唱講習会でのきむらいずみさんのお話。

本号4面で詳しくお伝えしております。

20140602-04Kimura
3・11を契機に作られた「風よふるさとよ」がおおさか祭典でうたわれ、続いて「希望の歌」。
今年のみやぎ祭典ではこの「希い(ねがい)」が2014日本のうたごえ合唱団、3・4章全国合同で取り組まれます。
20140602-04Nishinihon

20140526Kenpo0-3three20140526kakuchi
0-Kyoto
「憲法九条五月晴れ」は、着ぐるみの人も、会場のひとも一緒に振り付けをしながら。
どんな振り付けなんでしょうね。興味のあるところです

20140602-04Kyoto
0-mie伊勢市駅前広場で、いせ九条の会らといっしょに「緑と海の合唱団」が参加。
当地を訪れる観光客に、ごらんの横断幕で、「伊勢市もがんばっているよ」とアピール。
20140602-04Mie
0-Shizuoka静岡のうたごえは、開会前演奏で、メーデー歌集収載曲以外にも「ハッピーバースデー」や、地元の「茶っきり節」などを演奏。 20140602-04Shizuoka
0-Ishikawaごらんの写真は、ピース9特別合唱団。
みんなが知っている歌よりも「届ける歌」を歌おうと猛特訓してこの日を迎えました。
すばらしい心意気ですね。
20140602-05Ishikawa
0-Osaka大阪のうたごえのみなさんは、写真のように黄色の9条サンバイザーをかぶってステージに。

なかなかしゃれた演出です。

20140602-05Osaka
大阪城野外音楽堂での集いでは、集会のあと、京橋までパレード。
開会前演奏では30分間、会場の人ととうたい交わしました。

主催者と交渉して30分の枠を確保

した大阪のうたごえのみなさん、ご苦労さまでした。

20140602-05OsakaShukai
0-Hiroshimaメーデーでは、プラカードコンテストで入賞した広島のうたごえ。
憲法集会でも、高田龍治さんのアコ伴奏、ナッパーズの佐々木さんのリードと、すばらしい演奏だったでしょう。
生で聞いてみたいものです。
20140602-05Hiroshima

2014HeiwaKoshinTitle
0-Fujisawa東京⇒広島コース
神奈川県内では藤沢合唱団15人が4時間行進。

本号のうたごえリレーでは、ほかに、北海道⇒東京コース、和歌山⇒広島コースの様子をお伝えしています。

20140602-03Fujisawa

20140602GoodsKatsuyou各地で取り組まれている平和大行進。
通過市町村のうたごえサークル・合唱団では、うたごえのほか、「いいねコール」「今でしょコール」などで行進を盛り上げています。
20140602-03UtagoeFlag
日本のうたごえ全国協議会では、東京⇒広島コースに、折りたたみ式の「うたごえの旗」と、旗とリレー日誌をいれた青い袋のうたごえグッズを用意しています。
行進がきましたら受け取っていただき、次に引き継いでください。
20140602-03Goods

0-PeaceMiyagiLogo日本のうたごえ祭典inみやぎ
11月22日(土)~24日(月・祝)
11月23日(日)復興を希(ねが)う音楽会(仙台・ゼビオアリーナ)
20140602-05Peace 仙台合唱団の加藤雅世さんは、保育と青年の合同ステージで「風と光とこどもたち」を歌って踊り、子どもたちに「愛しているよ」って伝えたいと準備を進めています。

0_KokusaiKoryu2014060Shikinso
2001年から全国紫金草合唱団が取り組んでいる訪中演奏。
今回で第10回を数えます。
その訪中記を東京紫金草合唱団の伊藤一枝さんより報告をいただきました。
20140602-07Shikinso
今回は、みやぎ、東京、金沢、関西、奈良の各紫金草合唱団から、サポーターを含め62人が参加。
日中の架け橋を今こそ、と「紫金草物語」の全曲演奏を行ってきました。

写真は、虐殺記念館に建つ紫金草をもつ少女像。

20140602-07Shojyo

0-ZoomUp200 0-meisei
被爆70周年
2015年日本のうたごえ祭典
in愛知へ
六月の音楽会
6月28日、29日
名古屋市芸術創造センター
20140602-03Meisei
客演指揮に守屋博之さんを迎え、
交響曲「炎の歌」
などを演奏予定
20140602-03Moriya

0-Senryu
  • 武器輸出解禁育つ死の商人
  • 汚染水コントロールは白日夢
  • 平和利用核開発の隠れ蓑
    古都の福郎

皆さんからの投稿をおまちしております。


0-HotLine
うたう仲間TOMO
井ノ口さんから

静岡県母親大会での分科会、「うたごえは平和の力、生きる力」への参加レポート。
和太鼓、うたう会など、今後、各地の同様な企画の参考となる記事です。
皆さんの地域でもいかがですか。

20140602-06Shizuoka

0-Kameishimasita1
全国協議会に新たに加盟した合唱団をご紹介します。
0-Nagasaki“干潟の海”を歌う会
2年前の長崎祭典を覚えておられる方も多いと思います。
諫早湾に再び干潟が蘇ることを神事で歌い続けています。
20140602-04Higata
0-Miyagiどらごえサークル
宮城県山元町のこのサークルは、震災後に「この街で」をもって日本のうたごえ祭典に参加。
みなさんからの震災支援へのお返しを祭典を通して果たそうと加盟されました。
20140602-05Doragoe
連載920回 絹はすごい!

6/2~6/10
外山節
平和への願い結ぶ力・歌 西 恒人 (日本のうたごえ全国協議会 前会長)
「ありがとう君に」 三浦幸子 (東京・三多摩青年合唱団)
第18回心に残る打ち手Ⅱ
太鼓を芸術の域に高めた林英哲氏
「茶摘」
「パシオーネ」 澤菜穂子(Vn)三浦友里枝(Pf)

ピカリンベスト
バンバンザイ

2014年5月26日号

2014年5月26日

20140526

2014年5月19日号

2014年5月15日

20140519

前日までの雨も上がったものの、会場がちょっとぬかるんでいた東京の中央メーデー。
グラウンドコンディションが悪い中で2万7千人が集まり、働く者のアピールがうたごえに乗って届けられました。

20140519-01Mayday
東京のうたごえは、開幕の文化行事で、きたがわてつさん、高齢者合唱団とコラボレーション。
メーデー歌集を中心にメーデーを盛り上げました。

本号1面で中央メーデーの様子。4~5面で地方の様子をお伝えしています。

20140519-01Stage

札幌

わ~っ、桜が満開なのですね。
北海道合唱団は、集会前とデモ行進をメーデー歌で送りました。

20140519-04Sapporo

函館トロイカ合唱団はプラカードコンテストで「大間原発反対」で入賞。

20140519-04Hakodate

青森センター合唱団は、メーデー・平和歌集から「民衆の歌」などを演奏

20140519-04Aomori

岩手のうたごえ協議会ではメーデー合唱団を作りマイ幕前演奏、全員合唱「世界をつなげ花の輪に」を。

20140519-04Iwate
オバマ大統領、安倍首相が登場するコントパフォーマンスでは、最後に反撃の歌として「冗談じゃない税」。
歌うは作詞者の自ら。
20140519-04Tayama

集会アピールに「みやぎ祭典を成功させましょう」の文言が入るという素晴らしい場面も。

20140519-04Miyagi

埼玉合唱団は県中央メーデーのほか、県内の6ヵ所のメーデーに団員を派遣して舞台から、送り出しにと活躍しました。

20140519-04Saitama

千葉県うたごえ協議会ではプログラム「みんなでうたおう」を担当。「憲法九条五月晴れ」では会場も一緒になって大きな声で歌いました。
送り出しではJAL原告団も加わり「あの空へ帰ろう」ほか、メーデー歌集収載の曲を演奏しました。

20140519-05Chiba

400人の参加者を送り出す24人の合唱隊は圧巻。
解散後「歌声喫茶ゴリ」が第二会場になったとのことです。

20140519-05Funabashi

写真は県中央メーデー。うたごえは文化プログラムで28人がメーデー歌などを演奏。
ほかに、県内各地のメーデーで地元のうたごえ合唱団が参加しました。

20140519-04Kanagawa

福井のうたごえはメーデー歌集を広めながら雨雲を追い払う演奏。
デモ行進では最後尾で歌って行進。

20140519-05Fukui

大津中央メーデーでは、大津息吹合唱団と新婦人有志でメーデー合唱団を作りメーデー歌集から手話も交えて演奏しました。

20140519-04Shiga

二条城前で開催された全京都統一メーデー。
京都のうたごえはJAL原告団、京大職組争議原告団と一緒にオープニング演奏を行いました。

20140519-04Kyoto

扇町公園での大阪中央メーデーにはうたごえから11団体25人が参加。開幕演奏、送り出し演奏で会場と一体となったうたごえを行いました。

20140519-05Osaka

開幕前にうたごえメンバーは会場で歌唱指導。

20140519-05Yao

奈良のうたごえ協議会では、メーデー前に事業担当者が各労働組合を訪問してメーデー歌集を普及。
その成果もあり、メーデー初参加という合唱団もありました。

20140519-05Nara

姫路城野外音楽堂では西播地域メーデーが開催されました。
事前に実行委員会にメーデー歌集300冊を納入して、歌唱指導などもしっかり行いました。

20140519-05Seiban

広島のうたごえはデコレーションコンクールに参加。
写真のうたごえプラカードは3位入賞。

20140519-05Hiroshima
長崎

県内各地のメーデー会場では、地元の合唱団が開幕前、パレード送り出しで演奏。
「歌があるといいね」と参加者から喜んでいただきました。

20140519-05Nagasaki

5月6日、東京・夢の島公園をスタートした国民平和大行進。
今年は、海外と日本の青年7人でつなぐ「国際青年リレー」が話題になっています。
新曲「平和行進かぞえうた」「こんにちは!平和行進です!」も快調に滑り出し。

次号より「リレー連載」がスタートします。

20140519-01Heiwakoshin


日本のうたごえ祭典inみやぎ
11月22日(土)~24日(月・祝)
11月23日(日)復興を希(ねが)う音楽会(仙台・ゼビオアリーナ)
20140519-04Peace みやぎ祭典の横断幕が出来ました。
まずは、メーデーでお披露目。今後も祭典宣伝活動に県内各地を飛び回ってゆくことでしょう。

響aiコンサート& 南相馬を訪ねて
前号でご紹介した「響aiコンサート」。
そのコンサートの翌日、全国からの参加者は、原発事故後の現状ををこの目で見て、東電福島第一原発間近の帰宅困難区域に足を踏み入れました。
その同行取材記を今号8面の第二特集にお伝えしています。
20140519-08Hibikiai
南相馬・双葉町では、津波で打ち上げられた漁船がいまも田んぼの中に放置されています。
帰宅困難区域では、牛や豚が野生化。事故後の年月の経過で、家も町も朽ちてゆくさまに参加者は大変なショックを受けたようです。
20140519-08Fune
浪江町では検問があり、許可がなければ入れません。
今回は事前に許可を得て、被災地の視察が実現しました。
20140519-08Kenmon
双葉町の東電福島第一原発の間近へゆき、望遠カメラでとらえた原発。
林立する煙突からは目に見えない放射能が放出され続けているのです、
20140519-08Genpatsu
この新聞配達屋さんでは、3月12日付の新聞が山積みになったまま。

学校は廃校に、病院のスタッフは減り続ける南相馬市。
戦争もない国なのに町や村が壊滅してゆく様子をまざまざと見せつけられるツアーでした。

20140519-08Shinbun

ベトナム ドーロック民族歌舞団 名古屋公演
本紙3月24日号でお伝えしましたベトナムのドーロック民族歌舞団「黄色い竹」が名古屋公演を終えました。
公演実行委員会副委員長の藤村記一郎さんから、準備段階から公演までの様子を語っていただいております。
20140519-07Vietnum
海外からの演奏家を招へいする場合の注意点とか進め方など、藤村さんの苦労がうかがえる記事です。
将来、海外の演奏家との共演を考えているサークル・合唱団のかたには大いに参考になることでしょう。
そういう企画がなくても、国際交流の魅力が伝わってきます。
20140519-07Koto
公演では、ベトナムの民族楽器が多数披露されました。
写真上は、十六弦琴、右はアンクルンという竹製の楽器。

日本から5~6時間という近い地理関係にありながら、まだまだ未知な文化を抱えているベトナムの音楽文化がたっぷり紹介されています。

20140519-07Takegakki

コンサート 合唱組曲「無言館」
長野県上田市に、第二次世界大戦中に戦死した画学生の残した絵画などを所蔵する美術館「無言館」があります。
その美術館を歌う合唱組曲「無言館」が、この6月に地元の市民合唱団で演奏されます。
その準備状況について本号でズームアップ。
20140519-03Mugonkan
地元紙信濃毎日新聞が取り上げるなど、地元の期待も大きく、現在登録団員は120人余。
団員の中には、戦没画学生のご遺族のかたもおられ、練習にも力が入っています。
20140519-03Lesson
CDが好評発売中の「無言館」。
コンサートでは、組曲演奏と、第一部では、窪島館長のお話を聞くプログラムもセットされています。
20140519-03CD

全国青年の うたごえ交流会

6月14日~15日南相馬市で開催されます。
その準備の進捗と全国からの支援の訴えを長野ザ・イスカンダルから寄せられました。

20140519-03Iskandar

静岡のうたごえ総会
静岡のうたごえ協議会が総会を開催しました。
うたごえ喫茶をやっているだけで活動をやっている気になっているような現状が議論されました。
気になる記事ですね。
20140519-06HotLine

  • STAPの染みが消えない割烹着
  • 劇薬はオブラートにする安倍病院
    増子敏一
  • 人間にたとえりゃ大企業メタボです。
    神谷 務

皆さんからの投稿をおまちしております。


ザ・ウィーヅと城南うたのひろば

ザ・ウィーヅは福岡あらぐさの男声合唱団。
レパートリーの一つ「おじさん達のまがり角」が評判を呼んでいます。

20140519-06Aragusa

  加盟しました!
全国協議会に新たに加盟した合唱団をご紹介します。
ブルースカイ(大阪)

2006年関西合唱団定期演奏会に集まった「ともに歌う青年」として集まった仲間が母体。
昨年の大阪祭典への取り組みの中で活動を深めている青年の合唱団です。
20140519-07BlueSky
コーラスグループ
つゆくさ(東京)

江戸川区退職教職員の会のメンバーが中心に結成されました。
20140519-07Tsuyukusa
ピース・ナイン・コーラス
(兵庫)

但馬地域の女声コーラス。
2008年に誕生以来、平和・憲法九条・いのちを大切に守る歌を中心に取り組んでいます。
20140519-07PeaceNine
連載917回 ウクライナ
5/17~5/23
パリの屋根の下

「世直し音頭」
小林勉
(石川・出前うたごえの会)
小村公次
年輪を重ねるということ
新日鉄住金混声合唱団
釜石公演