2014年10月27日号

2014年10月23日

20141027

合唱構成「二つの海」で共演
俳優 寺田農さん
今週号の1面TOP記事は、俳優の寺田農さんにインタビュー。
寺田さんは、9月末の神戸市役所センター合唱団創立50周年記念演奏会で演奏された合唱構成「二つの海~海に消えた二つの航跡~」の語りで共演されました。

この曲は、米軍に撃沈された学童疎開船対馬丸と日本軍の特攻兵器・人間魚雷回天をテーマに、作詞を森村誠一、車木蓉子、作曲を池辺晋一郎、新実徳英、木下牧子が担当。

20141027-03Terada
寺田さんが語っていることで印象的なところは、最近の若者の無関心さ。
それをどうやって埋めてゆくか。
寺田さんは、それを芸術、文学、音楽、美術の役割であると考えておられます。
20141027-01Ikebe
寺田さんのお父さんの口ぐせ「デッサンがなっとらん」。
絵のことではなく、ものを観る目のこと。なかなか面白い言い回しです。

1面・3面の記事で詳しくお読みください。

20141027-01Concert


日本のうたごえ祭典inみやぎ
11月22日(土)~24日(月・祝)
11月23日(日)復興を希(ねが)う音楽会
(仙台・ゼビオアリーナ)

今週のピ~スさんは、
若星☆Zの宮本麻衣子さん。
保育の仲間と青年・学生合同ステージに向けて、練習に、宣伝に奔走しています。

20141027-05Peace
各地からみやぎへ!
職場のうたごえ特集

名古屋西北うたごえフェスティバルと私鉄のうたごえ祭典が開催されました。
地域と私鉄の初の合同開催。ここに高校生がコラボして、若さたっぷりの祭典でした。

20141027-04Shitetsu
来年の日本のうたごえ祭典は愛知で開催されます。
こんな若さあふれる躍動感のある祭典になる期待が膨らみます。
20141027-04Yamada

医療現場で働く人と、利用者が一体になる祭典。
そう意味では、上記の私鉄と地域もサービス提供者と利用者が一体になっているのですね。

20141027-05Iryo
この写真はリハビリテーションセンターで働く仲間のコーラスグループ。
このメンバーの一人の若者は、サークルを探していてこの合唱団に巡り合ったとか。
20141027-05Seon
1面で寺田さんが最近の若者は無関心が多いと嘆いておられますが、サークルを探している若者もきっと多いはず、と若者の力強い言葉!

今は、自分のことで精一杯だけど、仕事以外に打ち込めるものを探している若者がきっと多いのだと、うたごえの未来に期待をもたせるコメントに多くの読者の皆さんは勇気づけられませんか!

今週のうたごえ新聞、大人の嘆きと、いや違うぞ、という若者の意見・・そして、8面では

20141027-05Matsuura

音楽会第2部 「希い」を歌う全国合同へ向かう若者!
11月23日(日)、ゼビオアリーナで開催される「復興を希う音楽会」
第1部は「被災地からの発信」
第3部は「明日にむかう連帯、こころつなごうステージ」

そして、第2部は・・・
企画案を見ましたらサブタイトルがない!

20141027-08Teramoto
しかし、内容は濃く、クミコとうたう「広い河の岸辺」や、池辺晋一郎さん指揮の「風の子守歌」など。
そして、合唱とピアノのための掌編組曲「希い」(作詞 きむらいずみ、作曲 武 義和)が全国合同で演奏されるなど、きっと盛り上がるのでしょう。
20141027-08Ekimae
前置きが長くなりましたが、今号8面の第二特集は、その「希う」を歌うぞ!と函館トロイカ合唱団の若者・寺本透さん(写真上、青シャツ)にズーム。

まだなかなか聴く機会のない曲ですが、それだけにこの曲のもつ意味が分かる記事。これだけでも、是非聴きたいという気にさせられます。

20141027-08Lesson

その3
3回に亘ってお届けしている、松野迅・伊藤千尋トークと音楽でつづる「パウ・カザルスの世界」の紙上再演。

伊藤千尋さんの講演を中心に構成されています。

20141027-04Kazars
この写真は、カリブ海の島、プエルトリコ。
カザルスはここで、この家で終焉を迎えます。

世界を股にかけたジャーナリスト伊藤さんならではの話でしたが、いまから11年前に、この島の3分の2を占めていた米軍基地を住民運動で追い出したとのこと。

20141027-04KazarsHouse
カリブの島が出来て、沖縄でできないわけがない、そんな思いをさせる4面の記事です。

この写真は、カザルスのお母さん。プエルトリコ出身の方です。

20141027-04KazarsMother
演奏会の最後は、カザルスが人生を貫いた名曲 カタロニア民謡「鳥の歌」。

公演終了後の恒例のサインセール。松野迅さんのCDと本に長い列ができました。

20141027-04SignSale

北海道合唱団
創立65周年記念
北海道合唱団定期演奏会
11月16日(日)
札幌教育文化会館
20141027-03Hokkaido
チラシの中央に「きっぱりと胸をはり、今日もまたでかける」

これは、「芦別の雪の中を」(作詞 門倉訣、作曲 林学)の中の一節。
65年目の北海道合唱団の気持ちにぴったりと、また改めて未来に向かって歩みを進めている姿にダブらせています。

20141027-03HokkaidoFlyer

女声コーラスこぶし
神戸市主催のシルバー合唱団コンクールに出場した女声コーラスこぶし。
出場40団体中、6番目の銅賞を受けました。
20141027-06HotLine

  • 敬老を軽老にする安倍政権
  • 数合わせ党名さえも不透明
  • 国民は骨太どころかやせ細る
    古都のハマちゃん

皆さんからの投稿をおまちしております。


コーラス3びきのくま
4thコンサート
9月15日 八尾プリズム

子ども達が進行するステージあるなど、当日の詳しい様子が紙上再現されています。

20141027-07Sanbiki

10周年鹿児島県うたごえ交流会が開催されました。
写真は、原発再稼働が焦点の薩摩川内市から参加した「そよかぜシンガーズ」。
全国合唱発表会に推薦されましたので、是非、お楽しみに。
20141027-06Kagoshima

郷土サークル野火
港湾のうたごえ運動
などの中心メンバーだった斎藤正男さんがなくなりました。
享年63歳。

追悼の言葉を大阪港湾合唱団の一村好郎さんが寄せています。

ご冥福をお祈りいたします。

20141027-07Saito

連載938回 治山治水 その1

10/27~11/4
朝露
合唱研究第2回目 守屋博之 (日本のうたごえ合唱団 音楽監督)
遥かなる影 小島啓介 (東京・南部合唱団)
Little Glee Monster
東混の新しい息吹
ナット・キング・コールのすべて
若者たちが今
作詞 榎本哲夫
作曲 丸山征四郎

2014年10月20日号

2014年10月16日

20141020

音楽と友情を深めた日韓合同演奏
埼玉合唱団は、2010年から韓国・平和の木合唱団と交流を深めていますが、今秋、ソウルで3回目の合同演奏を実現しました。

今週号の1面・3面で同団・小山真理子さん(写真下、右端)に、帰国早々のホットな話題を提供していただきました。

20141020-01Godo
埼玉合唱団は、いま話題の「広い河の岸辺」の混声版を初演。
また、「底力のタンゴ」はパフォーマンスを付けて大喝采。韓国の老人福祉施設で教えたい、という声も。
20141020-01Saitama
平和の木合唱団。
いつみても、素晴らしいコスチューム。指揮者もそれにフィットしており、いいですね。
写真ではわかりづらいかもしれませんが、舞台背景もプロジェクターを大きく使った効果を出してます。
20141020-01Heiwanoki
合同演奏の一曲は、「FURUSATO」。
どのFURUSATOと思いでしょうが、「兎追いし・・」です。
一昨年の埼玉公演の際、韓国側がみごとな編曲をしたものを、今回は合同で。日本語です。
20141020-01kankoku
平和の木合唱団は、2007年ハンギョレ統一文化財団の市民合唱団として創立。
日本のうたごえ60年の歴史に深い感動を持ち、2011年の千葉、2013年大阪祭典に参加しています。
20141020-03Koyama
公演のタイトルは、
「人間のうた~平和を願う韓日市民の合唱~」

平和の木合唱団では、「人間の歌」を韓国語に訳し、さまざまな集いでも歌っています。

今回の合同演奏の感動を紙面でお読みください。

20141020-03Poster


日本のうたごえ祭典inみやぎ
11月22日(土)~24日(月・祝)
11月23日(日)復興を希(ねが)う音楽会
(仙台・ゼビオアリーナ)

今週のピ~スさんは、勝然たみ子
(みやぎ紫金草合唱団)
ぴ~すをデザインしたコーヒーカップを手に、「なげすても宮城さきてけらい」と呼びかけています。(チラシには「来てけさいん」と書いてありますけど、仙台弁と石巻弁のちがいなんですって)

20141020-05Peace
各地からみやぎへ!
あと1か月。各地の準備・取り組み状況から

愛媛合唱団青年部の結成記念定期演奏会を成功させ、まずはみやぎへ。さらに2年後に予定されている日本のうたごえ祭典in愛媛へと邁進しています。

20141020-04Green

「平和を考える県民の集い」で、武義和さんを招へいして合唱講習会。
(ステージバックの雪原を疾走する馬の群れ、こういう舞台演出は見習いたいです)

20141020-04Aomori

昭和8年の三陸津波と3・11を語り部として伝えている田畑ヨシさんの紙芝居をもとにした鎮魂のうたを合唱発表会・交流の部で発表しようと準備しています。

20141020-04Iwate

仙台から、小林康浩さんにお越しいただいて、「なんでもありっすか・・・大阪出前編」を開催。

20141020-05Osaka
参加者は、小林さんの温かい人柄で、宮城がぐっと近づいたと、祭典参加への期待を膨らませていました。 20141020-05Kobayashi
北陸

北陸のうたごえ交流会は今年は福井が当番。
祭典演奏曲の合同レッスンなどを行いました。
写真は、女声合同の「広い河の岸辺」を指導する渡辺享則さん。

20141020-05Hokuriku

江戸やっこまつりからみやぎへ
東京では、第17回「江戸やっこまつり」が開催されました。
ゼビオアリーナでの全国合同「すずめ踊り」(写真下)もプログラムされていました。
20141020-08Taik
31グループが集まった「和太鼓と民舞の祭典」。
この写真のように子ども太鼓も続々と登場しました。
20141020-08Kodomo
今年のゲストは、開催地府中の高校生グループ。
「府東打撃團」は、富士山まつり全国高校太鼓甲子園で昨年に続き優秀賞を獲得した団体です。
20141020-08Guest
このすずめ踊りは、11月3日、東京で開催される赤旗まつりでも演奏予定です。 20141020-08Suzume

先週号での記事については、早速、多くの反響をいただいております。そのうちの一通を7面「読者の声」欄でご紹介しております。 20141020-04Matsuno
ヴァイオリン奏者松野迅さんの解説と演奏、そしてジャーナリスト伊藤千尋さんのカザルス生誕地に関するトークなど、是非、先週号からお読みください。
そして、この特集は、次号にも続きます。
20141020-04Ito

沖縄連帯交流集会
11月16日に投票される沖縄県知事選挙について、私たち、日本のうたごえ全国協議会常任員会は緊急アピールをだしました。
10月4日に開催された沖縄連帯交流集会では、東京のうたごえが色とりどりの衣装で「沖縄を返せ」などを歌唱指導、演奏しました。
20141020-03Okinawa
辺野古新基地建設に反対しようと、日本自然保護協会、戦場カメラマンらが集まり、沖縄県知事選での勝利を誓い合いました。
写真は、翁長候補からのビデオメッセージ。
20141020-03Onaga
三重のうたごえフェスティバル
三重のうたごえフェスティバル2014in鈴鹿では、21団体が参加して、合唱交流、創作曲の発表などが行われました。 20141020-06HotLine

  • 御嶽山それでも云うか再稼働
    菅野 章
  • 献金の復活決めて待つ減税
  • 外遊に付け人ぞろぞろ財界は
    来嶋快挙

皆さんからの投稿をおまちしております。


東京の歌声夏祭り 歌声どんちゃか
今年で8回目。
延々4時間に及ぶうたう会。
今年は、クミコさんも応援にかけつけ、これを機会にすっかりうたごえ喫茶ファンに。

写真は舞台から撮影。
バンドは、ディスプレーのデジタル楽譜で演奏。
目が痛くならないのかな?

20141020-06Donchaka

神奈川合唱団
金井誠さん(指揮者)に、神奈川合唱団創立65周年記念演奏会の鑑賞記。
特に、意欲的に取り組まれた「鼠たちの伝説」について、いろいろと参考になるご意見です。
20141020-07Kanagawa

ヴォーカルアンサンブル
AVANTI
17年前に関西合唱団のパートリーダー4名で結成されたグループが、2回目のコンサートを開催しました。
奈良蟻の会・今正秀さんの鑑賞記は7面です。
20141020-07Avanti

安藤ファミリー
作曲家安藤由布樹さんかかかわっている17の合唱団が大集合。
国鉄東京合唱団の鶴嘉一郎さんの鑑賞記も7面です。
20141020-07Ando

連載937回 新幹線50年

10/20~10/26

人生よありがとう
良かった!と反省 山本忠生 (京都ひまわり合唱団指揮者)
時間をください 岡田佳美 (京都・グリーンPeace)
小村公次 (10)三ツ橋敬子の精悍な指揮
ストリーミングサービスとU2
歌で逢いましょう
畠山美由紀

2014年10月13日号

2014年10月9日

20141013

トークと音楽でつづる パウ・カザルスの世界
パウ・カザルスといえば、
まずはこちらを
20141013-01Matsuno
国連で「鳥のうた」をチェロ演奏して、世界平和のため発信を続けたパウ・カザルス(スペイン語読みでは「「パブロ」)。

カザルスを心の師と仰ぐヴァイオリニスト松野迅さんが、その業績にスポットライトをあてたコンサートを企画。(本紙後援)

20141013-01Violin
「音楽」の部では、
松野さんが、演奏しながら、楽曲分析を解説。
ただ単に聴くだけでなく、曲への理解を深めたうえでの演奏でした。

CDをお聴きになるとき、本紙4~5面の紙上レクチャーをご参考に。

20141013-05matsuno
「トーク」の部では、
元朝日新聞海外特派員の伊藤千尋さん。

バルセロナ支局長などを歴任。1992年のバルセロナ五輪では、取材に訪れています。

20141013-01Ito
その開会式で演奏された「歓喜の歌」(ベートーベン第九)、閉会式での「鳥の歌」が演奏された歴史的背景を解説。 20141013-04Valcerona
伊藤さんの話は、スペイン・カタルーニャ地方についても。
2年半の駐在時代に体験したお祭りの様子を交えた文化論は4面に詳しく載せております。
20141013-05Sardana
写真上は、軽いステップの「サルダーナ」という踊り。
写真右は、人間ピラミッド。ちょっとわかりにくいですけど、写真中央に6段のピラミッド(というか塔)が出来てます。
運動会でやる三角形のピラミッドとはちょっと違うようですが・・・
20141013-05Piramid

この日のピアノ演奏は、榎田匡志さん。
榎田さんの誕生日はカザルスと同じ12月29日。
カザルス没後40周年の命日の10月22日にリサイタルを開催します。

詳しくは右フライヤーをクリック!

20141013-05Enokida


日本のうたごえ祭典inみやぎ
11月22日(土)~24日(月・祝)
11月23日(日)復興を希(ねが)う音楽会
(仙台・ゼビオアリーナ)

今週のピ~スさんは、岡田合唱団
震災で大きな被害を受けた
仙台市岡田地区で結成された合唱団。
復興を願って歌い続けています。

20141013-03Okada
音楽会の後は大うたう会
大うたう会担当 太田美佐子さん
音楽会の後は、みんなで大うたう会!
司会は、下記のお三方。
また、伴奏陣は
地元の小林康浩さんのピアノ、
アコ伴奏は、新井幸子さん
ほか、ギターなど多彩に。

お楽しみに。

20141013-03ota
20140407-03Tetsu 20141013-03Hashimoto 20141013-03Nanbu
きたがわてつさん 橋本のぶよさん 南部敏郎さん

沖縄から文化と平和のメッセージ
「沖縄からの平和のメッセージを伝えることは、沖縄に移り住んで沖縄の痛みを知った者の責務です」と語るのは、メッセージ・シンガー会沢芽美さん。

今号の8面、第二特集は、「命と風コンサート」の模様をお伝えします。いま、まさに、10月30日に告示される沖縄県知事選を前に全国から注目を集めています。

20141013-08Aizawa
会沢さんは、三線を弾きながら「一人芝居」で沖縄の今を伝えています。
今回のインタビューは埼玉県で開催されたコンサートを機会に行いました。
20141013-08Okinawa
100余人の参加者は、会沢さんのレクチャーを受けた後、ご覧の全員カチャーシーで総踊り。

ご興味のある方は、読谷村で会沢さんが経営するうたごえペンション「まーみなー」でどうぞ。

20141013-08Odori

合唱団この灯
東京の合唱団この灯は、団員が作詞の曲「あゝ海よ沖縄よ」を「沖縄との連帯の夕べ」(主催 平和・民主・革新の日本をめざす全国の会 他)で演奏しました。 20141013-06HotLine

  • 身を切るといいつゝもらう助成金
  • 安保持ち露を払ってオスプレイ
  • 改造で身内のマグマ鎮めてる
    老ガイ

皆さんからの投稿をおまちしております。


合唱発表会 ミニレポート
北九州のうたごえフェスティバルが開催されました。
26団体、300人が「うたおう♪こころのうたを」をテーマに歌いかわしました。

6面ミニレポートでは参加者の声もご紹介しております。

20141013-06Kitakyushu

矢臼別平和盆踊り
北海道矢臼別の川瀬牧場で、第50回平和盆踊りが開催されました。

道内はもとより、姫路など全国から集まった参加者の競演・熱演で盛り上がりました。

20141013-07Stage
北海道のうたごえは、「「わが母のうた」などで、矢臼別の過去~未来を表現。
「戦争する国づくり許さない!」と、平和に生きる権利を謳い上げました。
20141013-07Bonodori

連載936回 カナリア諸島の9条碑

10/13~10/19
どっこい生きている
さぁ、心つないでみやぎ祭典へ 浜島康弘 (名古屋青年合唱団)
スピリット・オブ・サッチモ
クミコ
猿の惑星・新世紀ライジング
若者よ君こそは
作詞 明日の平和を愛する人
作曲 佐々木昌
20141013-06Etegami 岐阜 宮島照子さん

2014年10月6日号

2014年10月2日

20141006

みやぎ祭典呼びかけ人 佐藤和丸さん
今週号では、日本のうたごえ祭典inみやぎを目指す各地の動きを多面的にご紹介。

まず1面特集は、祭典の呼びかけ人、佐藤和丸住職をご紹介。
ト書きで「ギター片手に平和説法をする」ご住職という紹介文に引き込まれます。

20141006-01Sato
9年前に、みやぎ九条の会の世話人になるまで、憲法にも政治にも無関心。
それがあるきっかけで・・・という話は本文をご一読ください。

というわけで、アルマジロ、ビートルズ、ガメラなど、なにこれ?って単語が限られた紙面も中で踊っていますが、ベクトルは、こんな素敵なお坊さんが呼びかけているみやぎ祭典へ向かっています。

20141006-01News
その中から、紙面を補足して、ガメラ関係から「悲しみのギャオス」のYouTubeをご紹介。

写真は、岡村祭典運営委員長と。

20141006-04Sato
佐藤さんが描いた絵ですが、アルマジロです。鋭い爪を持っているが、敵と戦はず、身を丸めて防御する動作をするアルマジロを地球に例えて説法をしています。 20141006-01armajiro


日本のうたごえ祭典inみやぎ
11月22日(土)~24日(月・祝)
11月23日(日)復興を希(ねが)う音楽会
(仙台・ゼビオアリーナ)

今週のピ~スさんは、
仙台合唱団の斎藤俊宏さん。

音楽センター出版物など事業面から
祭典を支えています。

20141006-05Peace
各地から日本のうたごえ祭典inみやぎへ
実行委員会

祭典準備も、ゲネプロ案の作成、本会場(ゼビオ)と練習会場、待機場所との導線確保など最後の追い込みに入っています。
祭典準備の舞台裏をご紹介しています。

20141006-04JikkoIinkai

企画委員会では、地元での練習会の開催に力を入れています。
東北合同曲の練習を通して語られた作者・武義和さんの思いは、歌うもの、聴く者にとって大事なポイントです。

20141006-04MiyagiLesson

ニャがの合唱ニャン~もとい、長野合唱団では祭典合唱曲集を購入して練習を進めています。
そこで語られている指導内容は各地で練習されている皆さんへの参考です。

20141006-04NaganoLesson

奈良蟻の会合唱団では11月8日に開催するコンサートの演目に祭典合同演奏曲を取り入れています。
こういう日常活動が集まって祭典での合同演奏が充実するのですね。

20141006-05NaraLesson

女性合同の練習会もこれまで2回開催され、10月にも開催し、本番に向けた準備が進んでいます。
でも3回開催というのは多いのか、普通なのか?
とにかく東京の女性のうtごえ連絡会はがんばっております。

20141006-05TokyoLesson

今号の8面第二特集は、復興を希う音楽会での15分枠のなかで演奏される「ふくしまに生きる」ステージの準備状況について。

20141006-08FukushimaLesson
構成は
「誰か教えて誰か答えて~被曝地区から」
「あの日から」(写真右、なごみーず)
「福島の海よ」(写真下、いわき雑魚塾)
「ひとつぶの涙」
20141006-08Nagomizu
この4曲を通して、福島の思いを感じてほしいと、抱負を述べています。

その思いとは、
これからどうなるかわからない、行き場のない空しさや悔しさ。それを感じてほしい、とのことです。

20141006-08Deresuke

+国鉄
国鉄のうたごえはここの所、各地の県祭典との合同開催が多いようですね。
2014年の第58回国鉄のうたごえ祭典は、下のフライヤーのとおり、2014広島のうたごえ祭典とジョイントで開催します。
20141006-03Kokutetsu
広島といえば、国鉄のうたごえ祭典の発祥の地。
それだけに、今号3面でズームアップされたジョイント祭典の内容はとっても奥深いものがあります。
読んでいるだけでこの祭典の鼓動が伝わってくるようです。
20141006-03KokutetsuFlyer

合唱団ペニ・ウン・クル
創立50周年記念演奏会
10月26日(日)14時
旭川市大雪クリスタルホール

準備を進めている同団の様子が北海道新聞で大々的に取り上げられました。
どういうきっかけで?
3面記事をご参考に!

20141006-03Peniuncl

ザ・イスカンダル
長野県青年フェスタに、ザ・イスカンダルのメンバーが実行員会段階から参加。
分科会、交流会、トーク&セッションなど準備から本番まで、第1回フェスタ成功の原動力になりました。
20141006-06HotLine

  • ふぞろいが注目あびる野菜高
  • 違うでしょ!物価じゃなくて賃金よ
  • 庶民には株高よりも安いカブ
    菅野 章

皆さんからの投稿をおまちしております。


カンタータ「この灯を永遠に」
この曲を長崎で演奏するのは作者・安藤由布樹さんの初演以来23年間の悲願でした。

長崎平和祈念コンサートでの様子をご本人が語っています。

20141006-07Konohi

土砂災害の広島から
先に本紙を通して災害支援の訴えをおこなった広島のうたごえ協議会会長、高田龍治さん、広島合唱団の森岡徹之さんからの状況報告です。 20141006-07HiroshimaSaigai

中尾富子さん一周忌
昨年病気のため、亡くなられた中尾富子さん。
一周忌にあたり、故人にゆかりの方がお墓参りに行きました。
20141006-06Nakao
中尾さんは、遺言で遺産の一部を日本のうたごえ全国協議会へ寄贈されました。
そのお礼もかねて、参拝者で「花をおくろう」を献歌しました。
20141006-06Ohaka
この日、お墓参りに訪れたのは、中尾さんが指導をしていた調布狛江合唱団、文京新婦人コーラスあしたばの関係者と、全国協議会の関係者でした。 20141006-06OhakaMairi

広がれうた新の輪

北海道で、各合唱団のうたごえ新聞担当者が集まり会議を開催。
むろらん祭典では宣伝コーナーを作ろうという企画がすすんでいます。
20141006-06Utashin

連載935回 「仁術」を問う
10/6~10/12
からたちの花
原発災害情報センター 木村 泉 (山形センター合唱団)
第22回 日本で初めての女性太鼓グループ「?太鼓」
「ちいさい秋みつけた」

2014年9月22日号

2014年9月18日

20140922

ハンナ・グレースさん
NHK連続テレビ小説「花子とアン」 スコット先生役
The Water IsWide(広い河の岸辺)を歌う
9月5日朝、東京・新大久保にあるうたごえ新聞社にやって来られたハンナ・グレースさん。
音楽センター会館ビルがパッと華やいだようでした。

この日は、ちょうど、写真下の村岡花子に「赤毛のアン」の原書が手渡されるシーンが放映された日でした。

20140922-03Hanna
「花子とアン」は、「赤毛のアン」を翻訳した村岡花子の生涯を描いたドラマ。
原作は「アンのゆりかご 村岡花子の生涯」で、著者の村岡恵理は孫娘。ドラマでは、写真の右から3人目の女の子。
(写真提供 NHK)
20140922-01Hanako
ドラマも高視聴率ですが、スコット先生が歌う「The Water Is Wide」の日本語詞「広い河の岸辺」はクミコさんの歌唱でみやぎ祭典の女性合同でも歌われます。

9月25日には、クミコと歌う大うたごえ喫茶が企画されており、ハンナさんはゲスト出演の予定。
詳しくは、右チラシをクリック。

?N?~?R_?????2?|?i??_20140925_?`???V


日本のうたごえ祭典inみやぎ
11月22日(土)~24日(月・祝)
11月23日(日)復興を希(ねが)う音楽会
(仙台・ゼビオアリーナ)

今週のピ~スさんは、コンブリオの高橋祐子さん
地元を巻き込んだ祭典準備を進めています。

20140922-05Peace

みやぎ祭典へ 関西青年のうたごえ交流会
みやぎ祭典の復興を希う音楽会、青年・保育のステージに向けて各地で練習会が進んでいます。
今号8面の第二特集は、関西の青年のエネルギーいっぱいの練習&交流会の様子をお伝えしております。
20140922-08Seinen
今年のステージでは、
「素晴らしき世界」
「風と光と子どもたち」
を演奏します。

この交流会では、昨年おおさか祭典での青年のステージで指揮をされた坂井威文さんを迎えて練習を。

20140922-08Lesson
初参加の保育士さんの感想「久しぶりの部活の合宿みたい」という和気藹々の雰囲気。いいですね。このパワーを是非、うたごえの次世代へつないでもらいたいものです。 20140922-08Shugo

西宮さくらんぼ合唱団
創立60周年記念演奏会
10月5日

西宮市民会館

この機会に団旗・団歌をつくろう!など意欲的な1,200人ホールでの演奏会に向けて市民合唱団の組織など準備を進めています。

20140922-03Sakuranbo

いのちの輝きコンサート
京都のうたごえ65周年記念
京都では、年間を通したうたごえ祭典として65周年シリーズ音楽会の第2弾を計画しています。
それが、「いのちの輝きコンサート」。
10月5日に京都こども文化会館エンゼルホールで開催されます。
20140922-04Soraga
65周年ひと言メッセージから生まれた新しい憲法ソング「あなたへの約束~I love Kempo」などを練習しています。 20140922-04HitohanaOndo

信濃のうたごえ祭典
53年ぶりに飯田で開催へ
信濃のうたごえ祭典が飯田で10月5日に開催されます。
飯田での開催は1961年以来実に53年ぶり。
今年のメイン企画は合唱劇「カネト」の取り組み。
これまで地域の小学校での公演を続けてきた実績があります。
20140922-05Kaneto
飯田では、みやぎ祭典に向けた練習会をかねた準備が進んでいます。
写真は長野合唱団渡辺享則さんによるみやぎ祭典テーマ曲「この町で」の練習風景。
20140922-05Shinshu

合唱劇「カネト」講座
2013年12月スタートして、2カ月に1度のペースで開催
2000年に初演された合唱劇「カネト」。
愛知県と長野県を結ぶ飯田線を舞台に、北海道生まれのすぐれた測量技師・川村カネトがアイヌへの差別と偏見と闘う姿を描いた全長90分に及ぶ作品です。
20140922-07KanetoLesson
昨年8月、「合唱劇カネトをうたう合唱団」の豊橋プラネット公演をきっかけに、親子で参加できる「カネト」講座が開催されています。 20140922-07Iidasen
これまでに、飯田線難工事の歴史、蒸気機関車の仕組み、アイヌの歴史と文化、いじめっ子問題などに取り組んできました。
去る7月に開催された第5回講座では、飯田線に乗車して、口琴(むっくり)体験(写真右)、流しそうめん交流(写真下)などを行いました。
20140922-07Mukkuri
今後、9月13日、11月8日に開催されます。
場所:穂の国とよはし芸術劇場ぷらねっと
参加費無料
詳細は7面で。
20140922-07Nagashisomen

戦争させない 9条壊すな!
9.4総がかり行動
集団的自衛権行使容認「閣議決定」即時撤回を
9月4日、東京・日比谷野外音楽堂で開催された総がかり行動について、4面でお伝えしています。 20140922-04Hibiya
講談師神田香織さんの司会進行。作家・活動家梅宮処凛さん、フォークシンガーの小室等さんらが「安倍政権を包囲し、退陣・政策転換を」と訴えました。 20140922-04Komuro
東京のうたごえは、送り出しやデモで「自由よ!」「戦争はもういやだ」などを演奏。 20140922-04TokyoUtagoe

年金者組合
青森での年金者組合の様子をレポート。現代においては「生きる力」がうたごえにとって大きな使命だと改めて実感させられます。 20140922-06HotLine

  • 蚊にまぎれ戦香かくすキンチョウの夏
  • デングより怖い与党のテング熱
  • 基地のそばよほど大きな蚊が飛んで
    熊野古道

皆さんからの投稿をおまちしております。


女声合唱団クララ
渡辺昌子さんが3年前に創設した合唱団のファーストコンサートが開催されました。
長野合唱団の渡辺享則さんの鑑賞記を7面に掲載しております。
20140922-07Kurara

渡辺昌子うたとトーク

上の記事に続いて渡辺昌子さん関連。
今年は長崎で開催される九州のうたごえ祭典のプレ企画が開催されました。
とても83歳とは思えないお元気ぶりですね。

20140922-07Watanabe

大町市「うたごえ広場」
回を重ねて20回目。
アコーディオンの新井幸子さんが出身地への恩返しとしてスタートしました。

20140922-06Arai
連載934回
肝心精神

9/27~10/5
高原列車は行く
政治の異常は正せる 綾 正博 (福岡のうたごえ協議会 副会長)
生還 北川秀樹 (神戸市役所センター合唱団)
アナログ人気復活
美しい時代のうた クミコ
愛知・津島市 桜井久美子

2014年9月15日号

2014年9月11日

20140915

8・23沖縄レポート
新基地は許さない!ゲート前に3600人
7月1日。
その日は、安倍政権の集団的自衛権行使容認閣議決定、
それと
辺野古米軍新基地の工事が強行された日。
20140915-01Okinawa
8月23日に、米軍キャンプシュワーブゲート前で行われた抗議行動に、高橋正志さん(日本のうたごえ全国協議会顧問)が参加。
そのレポートを今号1面、それもカラー印刷でお届けしております。
20140915-01Fence
8・23辺野古県民抗議大集会では、沖縄のうたごえの仲間たちが「沖縄を返せ」を演奏。参加者による大合唱がゲート前に広がりました。 20140915-01Banner
4年前、米軍基地の国外・県外移設を求める県民集会では、「イエローカード」でいっぱいに。
2年前、レッドカードがオスプレイ配備に反対する県民大会で掲げられました。
20140915-04CanpShuwab
これまで闘い続けて来た広がりで、新基地は絶対阻止するぞ、という意気込みが伝わってくる集会の模様を高橋さんは詳しくお伝えしております。 20140915-04Gatemae


日本のうたごえ祭典inみやぎ
11月22日(土)~24日(月・祝)
11月23日(日)復興を希(ねが)う音楽会
(仙台・ゼビオアリーナ)

今週のピ~スくんは
みやぎ紫金草合唱団、祭典実行委員会事務局の田村蒸冶さん。

20140908-01MiyagiFlyer
20140915-05Peace(お詫び)本号掲載の田村さんの写真が間違っておりました。改めてご紹介いたします。田村さんです。

20140915-05FukushimaHe 11月23日、復興を希う音楽会のい第一部では、<福島のステージ>。
祭典実行委員会のメンバーは、福島の合唱発表会へおそろいの祭典Tシャツを着て参加しました。

ご紹介します。
2015年日本のうたごえ祭典in愛知 マスコットキャラクター
(2015年11月21日~23日開催予定)
おんプリンちゃん
愛知祭典の地元実行委員会がスタート。
さっそくマスコットキャラクターが紹介されました。
音符をもじった「おんプリンちゃん」です。
よろしくお願いします。
2015princhan
実行委員会では、愛知祭典のイメージソングの作曲を募集しています。
詳細は本紙4面で。

入選詩  「今 あなたと」 作詞 高橋雅子

  1. 今 あなたと歌いたい
    重ねてきた日々の重みを
    大切に受け止めながら
    ほほえみかわし 心暖まる歌を
  2. 今 あなたと歌いたい
    心折れそうなときも 前を向く姿に
    エールをおくりながら
    心ふるわせ 前を向く姿に
  3. 今 あなたと歌いたい
    まっすぐな瞳に 力をもらい
    共に明日を信じて
    笑顔かよわせ 元気あふれる歌を


創作体験記
「へいわってすてきだね」
本号8面第二特集はカラーページで
昨年6月23日、沖縄慰霊の日に、与那国町の小学校1年生の安里有生くんがよんだ「平和のメッセージ」。この詩に大阪・コーラス3びきのくまの伊東多嘉子さんが作曲しました。伊東さんの与那国町訪問記。
音源はこちらから
へいわってなにかな。
ぼくは、かんがえたよ。
おともだちとなかよし。
かぞくが、げんき。
えがおであそぶ。
ねこがわらう。
おなかがいっぱい。
やぎがのんびりあるいてる。
けんかしてもすぐなかなおり。
(間奏)
ちょうめいそうがたくさんはえ、
よなぐにうまが、ヒヒーンとなく。
みなとには、フェリーがとまっていて、
うみには、かめやかじきがおよいでる。
やさしいこころがにじになる。
へいわっていいね。
へいわってうれしいね。
みんなのこころから、
へいわがうまれるんだね。

せんそうは、おそろしい。
「ドドーン、ドカーン」
ばくだんがおちてくるこわいおと。
おなかがすいて、くるしむこども。
かぞくがしんでしまってなくひとたち。

ああ、ぼくは、へいわなときに
うまれてよかったよ。
このへいわが、ずっとつづいてほしい。
みんなのえがおが、
ずっとつづいてほしい。

へいわなかぞく、
へいわながっこう、
へいわなよなぐにじま、
へいわなおきなわ、
へいわなせかい、
へいわってすてきだね。

これからも、ずっとへいわが
つづくように
ぼくも、ぼくのできることから
がんばるよ。

20140915-08Heiwa
20140915-08Hoboku
20140915-08Uma
20140915-08Ito

2014年夏・平和のうたごえⅡ
この夏の各地の平和のうたごえアクション 第二報

埼玉合唱団
桶川平和コンサート


桶川市主催の”平和を考える10日間”(8/6~15)の協賛事業として取り組まれました。

20140915-04Okegawa

中央合唱団「記念」
は、「アベ No Thank You!」の会主催のシンポジウムに参加。「これが自由というものか」を歌唱指導しました。

20140915-05NoThanks
合唱団この灯

この国を、東京をふたたび火の海にはさせない!
のスローガンのもと開催された集いで、「生命<いのち>を生きる」を演奏ました。

20140915-05Konohi

2014九州のうたごえ 祭典in長崎
九州各県持ち回りの九州のうたごえ祭典、今年は長崎で開催されます。

10月4日(土)合唱発表会
とぎつカナリーホール

10月5日(日)音楽会
長崎ブリックホール

20140915-03Lesson
今年は混声合唱組曲「翼の伝承~ナガサキから~」の初演に取り組んでいます。

この曲は、被爆70年を前に、長崎のうたごえとして初めて専門家に委嘱した作品です。

詩:田中俊廣 活水女子大学文学部教授
作曲:加藤豊 活水女子大学音楽学部教授・学部長

20140915-03KyushuFlyer

全国保育のうたごえ交流会in奈良
9月28日(日)
東大寺総合文化センター金鐘ホール


合唱発表会と、二本松はじめさんをゲストに迎える交流会の二本立てで保育のうたごえの輪を広げます。
20140915-03Nara

”私鉄音楽集団”合宿
私鉄総連傘下の音楽集団の合宿の模様をお伝えしています。 20140915-06HotLine

  • ヒロシマに「黒い雨」呼ぶ孫晋三
  • あやまちへ「倍旧の努力」くりかえす
  • 怪談からコピペの裏に岸おばけ
    Marukome9

皆さんからの投稿をおまちしております。


三多摩青年合唱団
創立50周年記念音楽会
7月26日
ルネこだいら

信長貴富さんへの委嘱作品の初演などについて小村公次さんが評論をしております。

20140915-07Sansei

愛知いのちをまもる手合唱団
マ・モルテ
創立15周年記念演奏会

7月13日
名古屋市女性会館

混声合唱組曲「いのちをつなぐ人たちのうた」全曲に取り組みました。

20140915-07mamorute

男声合唱団どんぐり
35周年コンサート

7月20日
加茂文化会館

声楽家の桑原純子さんから「男性ばかりだけと、愛がある」との感想をいただいています。

20140915-07Donguri

苫小牧うたごえサークルわたぼうしは「きたがわてつコンサート&うたう会」を開催しました。

20140915-06Tetsu

諫早市・新婦人コーラス花の輪は、九州のうたごえ祭典in長崎の成功を目指して歌う会を開催しました。

20140915-06Nagasaki
連載933回 対馬丸記念館

9/20~9/26
生きて生きて生きて
ちょっと想像の翼を広げて」 舟橋幹雄 (日本のうたごえ全国協議会 副会長)
アメイジング・グレース 切替博嗣 (千葉・文化集団 このゆびとまれ)
小村公次
35回目の<東混・八月のまつり>
ルネッサンス曲を日本語で
ラストダンス
キーズ・ジャレット&チャーリー・ヘイデン

2014年9月8日号

2014年9月4日

20140908

支援金のお願い
広島8・20土砂災害 被災者の生活再建へ
「広島8・20土砂災害」では8月24日現在90名の死者・行方不明者を出し、今も二次災害の危険にさらされながら懸命の捜索が続けられています。広島のうたごえ協議会の中にも、現在確認されたところでは3つのサークルで、土石流で家を失ったり、避難所生活を強いられている仲間がいます。 なかでも安佐南区を中心に活動しているサークルは、22人のメンバー中11人が被災し7人が避難生活を強いられています(8月23日現在)。また、活動の拠点が避難所になったり、交通機関も復旧していないため活動再開も困難な状況です。 未だ被災者の人数も正確につかめず、戸惑いも感じていますが、広島のうたごえ協議会としてはまずは被災者の生活再建を目標に支援活動に取り組みたいと思っています。 全国の仲間の皆さまからのご支援、応援をどうかよろしくお願い致します。
支援金のお届け先(送り先)
郵貯銀行(ぱるる)
口座名 広島のうたごえ協議会 記号15160 番号29020441

郵便局(払込取扱票)
加入者名 広島のうたごえ協議会
口座番号 01390-4-109935
までお願いいたします。


広島のうたごえ協議会 会長 高田龍治


日本のうたごえ祭典inみやぎ
11月22日(土)~24日(月・祝)
11月23日(日)復興を希(ねが)う音楽会
(仙台・ゼビオアリーナ)

本号では、祭典呼びかけ人
今井邦男さんにインタビュー

20140908-01MiyagiFlyer
先週号に続きまして、みやぎ祭典の呼びかけ人さんが登場。
今週は、地元・宮城県合唱連盟の理事長で、全日本合唱連盟の副理事長の今井邦男さん。

祭典音楽会で池辺晋一郎さんの指揮で歌う合唱団の練習指揮にご協力をいただいております。

20140908-01Imai
今井さんが常任指揮を務める「グリーン・ウッド・ハーモニー」は数々の賞を取っています。その秘訣は?
「少し厳しい練習」
だそうです。

う~ん、ちょっと耳が痛い!
と感じる読者の方も多いことでしょう。

20140908-01Okamura
定例練習では、「体操と発声が終わったころにこっそりやってくる」なんて方、いませんか?
こういう合唱団では、開始時間前の集合、練習前の譜面読みの予習など当たり前なんでしょうね。
いかがですかな、ご同輩!
20140908-01GreenWood

今月のぴ~す君
「サークルふぉ・れ・ん・ど
20140908-05Peace「ふ・れ・ん・ど」は障害者のサークル。
みやぎ祭典では自分たちの想いをエキスにして歌います。

本紙連載「空を見てますか」でおなじみの池辺晋一郎さんが10人の著名人との対談+エッセー集を出されました。音楽センターでお求めください。
また、来年は本紙創刊60周年。その記念企画として池辺晋一郎さんとゲストのトーク&ミニコンサートを計画しております。乞う!ご期待。

すぎなみピースフォーラム
原水爆禁止署名運動発祥の地 東京・杉並
今号8面の第二特集は、東京・杉並で開催された「すぎなみピースフォーラム」を取材。
同地は、原水爆禁止署名運動が始まったところ。
運動の拠点となった区立公民館跡には署名発祥の地記念「オーロラの碑」があります。
20140908-08Aurora
フォーラムでは、西部のうたごえは「うたでつづる平和運動のあゆみ」を企画して演奏しました。
演奏されたのは
「原爆を許すまじ」「死んだ女の子」「青い空は」「ヒロシマのある国で」「ぞうれっしゃよはしれ」最後に「歩いて行こう」でした。
20140908-08Zou
原水爆禁止署名60周年の今年、杉並の平和運動の歴史を学ぼうと、下写真の3名の方々が当時の様子から現在の取り組みまでをさまざまな角度から話されました。
記事では、杉並の運動の歴史が分かりやすくまとめられています。
20140908-08Gensuibakukinshi
20140908-08Takeuchi 20140908-08Maeda 20140908-08Yamakita
竹内ひで子さん 前田美那子さん 山北敦子さん

2014西日本創作講習会
16詩・曲が誕生~8月1-3日愛知・知多
5月に開催された東日本創作講習会に続き、愛知で「西日本創作講習会」が開催されました。 20140908-07Sosaku
誕生した曲の中から、1曲「まいどり~む」を「紹介曲」で紹介しております。
非正規労働者の過酷な実態を歌いあげた秀作です。
7面の楽譜で口ずさんでみてください。
20140908-07Ishiguro
講座は、音楽評論家の小村公次さん。
記事にしたら15行ですが、藤村記一郎さんが分かりやすくまとめていただいております。
20140908-07Komura

働く思い、希望を歌で広げて

第59回電通のうたごえ祭典イン仙台
7月26日~27日
文化センター・パトナホール

20140908-04Dentsu
長年電通のうたごえを支えてきた高平つぐゆきさんの追悼コンサートを含め、全国交流会、合唱発表会、創作発表会が開催されました。

来年は東京で第60回記念祭典が計画されています。

20140908-04Finale

2014全国教育のうたごえ祭典inぐんま
8月9日~10日

20140908-05Zou
2日間で、合唱発表会、交流会、総会、大音楽会と多彩なプログラム。
写真上はぞうれっしゃ
写真右はぐんま親子合唱団Earth
20140908-05Gunma

原水爆禁止2014 世界大会-長崎

8月9日
長崎のうたごえは、開会前演奏などを担当。
この写真を見ると、長崎祭典での「一本のペンで」を思い出しますね。

20140908-04Nagasaki


原爆死没者慰霊式

さいたま市別所沼公園
7月27日

埼玉県原爆死没者慰霊式が開催され、埼玉合唱団は追悼合唱と、献花中のBGMを担当。

20140908-04Saitama

郵便のうたごえ
郵便のうたごえ全国交流会
うたおう未来へ、誇りを持って働ける職場を


9月20日(土)
14時~
大阪・東成区民センター
20140908-03Yubin

合唱団サボテン

コンサート「心つないで」
9月23日(火)
13時30分~
ウィルあいちホール

全日自労のうたごえが前身の同団。今回、創立35周年記念コンサートです。

20140908-03Saboten

大阪母親連絡会
8・15赤紙行動
終戦記念日の8月15日、大阪母親連絡会では、今年も「赤紙」チラシを配りながら平和を訴える行動を行いました。

集団的自衛権行使容認が取りざたされている中、ひときわ関心が寄せられた「赤紙」でした。

20140908-06HotLine
大阪のうたごえ協議会は、この行動に呼応して、「戦争はもういやだ」などを歌いながらアピール。

この写真のように、若者たちも、集団的自衛権行使反対の署名に応じておりました。

20140908-06HotLineShomei

  • コンナ日もご帰宅ですか別荘へ
  • 国民の命守は嘘だった
  • 復興はオリンピックに日と取られ
    ムックリ

皆さんからの投稿をおまちしております。


日本シニア合唱団と
大島町民合唱団「はまゆう」
のジョイントコンサート

昨年10月に土砂災害に見舞われた東京・大島町。
うたごえとママさんコーラスの交流が続いています。

20140908-06Oshima

連載932回
パグウォッシュ会議ミ

9/9~9/19
戦争はもういやだ
淡い恋の奥に流れる 民衆の心 「さくらんぼの実る頃」 渡辺享則 (日本のうたごえ全国協議会 副会長)
喰女-クイメ-
まいどり~む
2014西日本創作講習会
藤山幸男原詩
岩淵七子、小村公次、
金丸理津子、藤村記一郎、
藤山幸男、和田一成
作詞曲
京都・長岡京市 黒田愛子

2014年9月1日号

2014年8月28日

20140901


日本のうたごえ祭典inみやぎ
11月22日(土)~24日(月・祝)
11月23日(日)復興を希(ねが)う音楽会
(仙台・ゼビオアリーナ)

本号では、祭典呼びかけ人
後藤東陽さんにインタビュー

20140901-01MiyagiFlyer
宮城退職教職員の会が編集した戦争体験記から創作された「おばあちゃんから孫たちへ」という合唱組曲がありますが、後藤東陽さんは、「おじいちゃんから孫たちへ」の原作者。
仙台の写真スタジオの会長さんです。
20140901-01GotoToyo
みやぎ祭典の呼びかけ人も、いち早く応えていただいて、祭典への期待も大きい方です。

本号1面のインタビュー記事で、89歳の後藤さんの戦時体験記から、九条への想いをお伝えしております。

20140901-01Discussion
祭典Tシャツ完成!
20140901-05Peace 手作りのデザインによるチラシ、ぴ~すちゃんのキャラクター、そして祭典広報担当の第3弾はTシャツ。
黄色、青色、赤色の3色。
胸に祭典名称、背中にぴ~すちゃんがデザインされています。
祭典記念小物の準備も進んでいます。
祭典応援メンバー
山木秀子さんは、仮設住宅にボランティアに行っては、いつも元気をお土産にもらって帰ってきています。

集会所では、お茶飲みをしながら、手芸の小物作りも。
お友達にあげたり、ボランティアさんへのお礼に。

20140901-05Yamaki
みやぎ祭典の「復興を希う音楽会」(11月23日、ゼビオアリーナ仙台)で、山木さんは販売コーナーを担当することに。

仮設住宅での小物作りのネットワークを生かして、写真のような「お土産」を準備しています。

20140901-05Komono
自分たちで作ったものを、自分たちで売るという計画に夢を膨らましております。 20140901-05KomonoTsukuri

合唱発表会へのドラマ その1
本号、みやぎ祭典関連記事の第3弾は、8面の合唱発表会関連記事。

震災で京都へ避難・移住している人たちと地元の交流から合唱団が誕生。
合発を通してみやぎを目指しています。

20140901-08Guiter
伏見にある「みんなのカフェ」は単に喫茶店としてではなく、東北と京都をつなぐ交流の場。
ここで合唱団が誕生して、地元の合唱発表会から、京都府民音楽会への出場権をゲット。さて、みやぎへは???
頑張ってもらいたいですね。
20140901-08Cafe

2014年夏のうたごえ
原水爆禁止2014 世界大会-広島

今年のうたごえは、
4日の開会総会
5日は分科会「反核平和の文化」
6日の閉会総会、
さらに、関連企画の「青年と文化の夕べ」と連日の奮闘。
その模様を、日本のうたごえ全国協議会「平和担当」の大熊さんに寄せていただきました。(4面)

20140901-04Kodomo
青年の集いは、写真のような大きな幕に記載されている通り。
会場全員で「戦争はもういやだ」でフィナーレを飾りました。
この黄色の若者は、愛媛の上田君。6月23日号の写真と比べると・・・・
20140901-04Finale
本レポートの寄稿者、大熊啓くん。開会総会・閉会総会で愛用のギターを抱え、いつものコスチュームで。
でも、こうやっていつも真っ黒とか、真っ黄色とか、こだわりもいいですね。
20140901-04Okuma

第60回 日本母親大会 (神奈川)

?2日~3日
パシフィコ横浜

20140901-04hahaoya
2日目、分科会の一つ”無言館「声なき声」を語り継ぐ”では、長野県・上田市の美術館「無言館」の館主・窪島誠一郎さん(写真ン右)のお話と、神奈川のうたごえによる合唱組曲「無言館」の演奏(写真下)がされました。

この組曲については、6月のライブ盤CDが発売されています。6面の「土屋美和のスポットライト」で詳しくご紹介。

20140901-04Kuboshima

6面に、母親大会に参加された方の感想も寄せられています。
20140901-04Mugonkan

保育合研(福岡)

第46回
保育団体合同研究集会

?2日~3日
福岡国際センター

20140901-05Goken
若さと元気があふれた合研の様子が、5面記事からいきいきと伝えられています。 20140901-05GokenKoryu

北海道のうたごえ 祭典inむろらん
2014北海道のうたごえ
祭典inむろらん

9月13日(土)、14日(日)
室蘭市文化センター

毎年、北海道内を各市の持ち回りで開催されていますが、今年は、大きな工場群が街の中心を占める室蘭市。

20140901-03Asai
音楽会第1部〈うたものがたり「イタンキ浜で」〉は室蘭の歴史と風土にふれて平和への願いを
第2部では、全日本合唱連盟名誉会長浅井敬壹さんを迎え、混声合唱のためのカンタータ「土の歌」。

13日には全道合唱発表会が開催されます。

20140901HokkaidoSaiten

医療のうたごえ 祭典in東京

9月13日(土)
スクエア荏原
第30回医療のうたごえ祭典
“憲法で守ろう
平和?いのち”

17団体の合唱発表会と1時間の音楽会

20140901-03Matsuura
音楽会では、
東京のうたごえの歓迎演奏、そして、チェロ奏者松浦健太郎さん(写真上)の演奏、そして、医療機関の利用者、患者さんの合同ステージなどが企画されています。
20140901IryoSaiten
写真右は、昨年、神奈川で開催された医療のうたごえ祭典より。 20140901-03Iro

大みんなうたう会

第9回みんな大うたう会
市民会館崇城大学大ホール

7月13日

昨年上回る1,000人の参加者があり、地元テレビでも放映されました。

20140901-06HotLine

  • ヒロシマに「黒い雨」呼ぶ孫晋三
  • あやまちへ「倍旧の努力」くりかえす
  • 怪談かコピペの裏に岸オバケ
    Marukome9

皆さんからの投稿をおまちしております。


合唱団こぶし
第35回定期演奏会
「うたの夕べ」

7月12日
岩見沢文化センター
20140901-07Kobushi

レガーテ
新大阪病院コンサート

初めてのロビーコンサート

ロビーまで来られない方のために、院内ライヴ放送も

20140901-07Legate

連載931回夏のセミ

9/1~9/8
コンドルは飛んでゆく
ふたたび川柳について 轟志保子 (日本のうたごえ全国協議会 前会長)

輝けいのち
山本尊仁
(東京・合唱団しじゅうから)
第21回 プログループの目覚ましい進化が築いたもの
「涙そうそう」
ワスレナイ 中村雅俊
大阪・小東房枝

2014年8月18・25日合併号

2014年8月21日

20140818

広い河の岸辺
The Water is Wide
シャンソン歌手 クミコさん
いま、話題のクミコさんが本号に登場。
合併号ですから、じっくりと何度もお読みください。

NHKの朝の連ドラ「花子とアン」の挿入歌 The Water Is Wideを日本語詞で歌い、CDが先月リリースされました。

20140818-01Hiroikawa
それを記念して、東京・銀座の教文館でミニライブ&トークコンサート。
生島ヒロシさんも応援に駆け付け、「広い河の岸辺」の披露がされました。
20140818-04Kijima
みやぎ祭典では、女性合同でこの曲「広い河の岸辺」が演奏されます。
各地で練習会が開催されていますが、本番では、クミコさんとの女声三部合唱が演奏されます。
20140818-01Kumiko
コンサートの開催された教文館は「花子とアン」では「聡文堂」という名前で登場しておりました。
また、子供時代に学んだ「修和女学院」は「東洋英和」のことであり、その縁で、コンサートでは、東洋英和女学院OG有志のコーラスが共演しました。(写真上)
20140818-04Kyobunkan
クミコさんのCD発売を記念して、「クミコと歌う大うたごえ喫茶」が企画されています。
9月25日(木)
立川・RISURUホール
2,000円

スコット先生役のハンナ・グレースさんも参加します。

詳細は右チラシをクリック。

20140818-04KumikoFlyer

核兵器廃絶へ
69年目の広島から
米国の広島・長崎での原爆投下から69年。
広島で開催された「原水爆禁止2014年世界大会」の模様を12面の第二特集でお伝えします。
20140818-12Weshallovercome
8月6日の広島平和記念式典。
雨の中、国連事務総長潘基文氏のメッセージなどが紹介されました。
20140818-12Shikiten
海外18か国からの代表を迎えた世界大会は2日の国際会議で開幕。

来年のNPT再検討会議に向けて、高草木博原水爆禁止日本協議会代表理事、国連のアンゲラ・ケインさん核兵器廃絶のメッセージを発信しました。

20140818-12NPT
本紙8月4日号でご紹介した二階堂和美さん。
世界大会の閉会総会ではゲストとして「いのちの記憶」など3曲を熱唱されました。
20140818-12Nikaido
「反核平和と文化」分科会では、核兵器廃絶へ、共感をよぶ表現とは何か、という点などが議論されました。

本号5ページには、反核・平和歌集「僕のつくる道」の編集に携わった大熊啓さんが編集の視点を語っています。

20140818-12Bunkakai
閉会総会では、広島のうたごえを中心に「折り鶴」の演奏でオープニング。
フィナーレは「We shall Overcome」をうたいかわしました。
20140818-12Heikai

懇談 歌を軸に協働の輪を
日本のうたごえ全国協議会・全日本合唱連盟
12ページ建て本号の特別企画。
全国組織の合唱団体としてほぼ同じ歴史を持つ、全日本合唱連盟と日本のうたごえ全国協議会が、池辺晋一郎さんを交えて懇談。
ドアを開いてもっと交流しよう、と話し合われました。
20140818-05sannnin
20140818-05Kishi 20140818-05Ikebe 20140818-05Asai
全日本合唱連盟
理事長 岸信介さん
作曲家
池辺晋一郎さん
全日本合唱連盟
名誉会長 浅井敬壹さん

東京→広島コース

いよいよゴールの広島に集結。
しかし、国民平和大行進は、2015NPTに向けてさらに続きます。

20140818-04Hiroshima

北海道⇒東京コース

板橋では、埼玉からの平和行進を受け入れ、東京網の目行進が始まりました。

20140818-04Itabashi
北区から、豊島区を経て、集結集会の上野公園へ。 20140818-04Kitaku
上野での東京集結集会。
おなじみ松平晃さんと、通し行進者の山内金久さんのトランペットセッション。
20140818-04TokyoFinal

宮崎⇒長崎コース

苅田町で広島からのコースを合流して長崎を目指しています。

20140818-04Kitakyushu

沖縄⇒広島コース

九州最終日は門司。
門司港で山口県行進団に引き継がれました。

20140818-04Moji


日本のうたごえ祭典inみやぎ
11月22日(土)~24日(月・祝)
11月23日(日)復興を希(ねが)う音楽会
(仙台・ゼビオアリーナ)

12ページ建ての本号では、
6~7面でみやぎ祭典・復興を希う音楽会
の主要プログラムをご紹介。

20140818-07MiyagiFlyer
20140818-07Seihoku ゼビオアリーナの地元から

コーラス「せいほく」の藤岡裕子さんが地元のゼビオアリーナをご紹介。

第1部 被災地からの発信 20140818-06GodoLesson
第一部は、被災地宮城、福島、さらに東北から全国の皆さんへの感謝の発信。

写真は、「ぜってぇまげね合唱団」の練習風景。

20140818-06ZettaiMagene
第2部 ゲストと共に

クミコさんとうたう「広い河の岸辺」、池辺晋一郎氏指揮でうたう「風の子守歌」などの合同練習が進んでいます。

20140818-06Lesson
第3部 明日にむかう連帯
【はたらく仲間の希い】

各地で闘う仲間と連帯し、歌い・励ますステージでは「スクラム広げて」の練習が進んでいます。

20140818-07D51
【「いのち」を歌うステージ】

「人間はあるときは支えられ、ある時は支えるという絆で私たちは生きている」
この「いのち」の作者の想いを、全国の皆さんと連帯して演奏したいです、と地元からのメッセージです。

20140818-07Zeus
【サークル合同】

仙台出身の故高平つぐゆきさんの「私の好きなこの町」を歌い継いできた想いを仙台ロシア合唱団の渡邊さんが語っております。

20140818-07Tetsu
20140818-06HitachiHoll
20140818-06Xebio

2014兵庫のうたごえ祭典
2014兵庫のうたごえ祭典
in加古川

いのち輝かせ ふるさと・平和・明日への希望をうたおう!
11月2日(日)
加古川市民会館

2年ごとに開催されている兵庫のうたごえ祭典、今年は東播地域の加古川です。

20140818-03Toban
プログラムは、新実徳英さんの指揮で「つぶてソング」など、多くの人との合同ステージを作りたいと企画しています。 20140818-03Kakogawa

池辺晋一郎の
指揮とお話しによる
楽しい東京混声合唱団

9月3日(水)東京
9月4日(木)埼玉

詳細は、右チラシをクリックしてご覧ください。

20140818-03IkebeFlyer

医療・介護のうたごえ
第1回大阪医療・介護のうたごえうたう会が開催されました。
昨年のおおさか祭典で生まれたつながりをみやぎ祭典へつなぐ同窓会風うたう会が実現しました。
20140818-08HotLine

  • 安倍総理平和平和と兵器売る
  • 九条を蹴落とし止める歯止めとは
  • 国民(われわれ)の自衛策だよ原発0(ゼロ)
    老ガイ

皆さんからの投稿をおまちしております。


うたごえミニレポート

第60回滋賀県母親大会
での「うたごえ分科会」の様子を、大津息吹合唱団からの報告でお送りしております。

20140818-08Shiga

青森県では灯ろう流しのつどいの様子。
腕を組んでうたう「星影のワルツ」、やってみたいですね。

20140818-08Aomori

東海のうたごえ交流会&うたごえ祭典in多治見
日本一暑い多治見市で開催された東海ブロックでの取り組みを今号で報告。

一日目は、地球村での合唱講座。

20140818-11Lesson
夜の交流会では、岐阜の若者が中心となり、司会に唄のリードに大活躍。
地元多治見親子うたう会の手作り料理がふるまわれました。
20140818-11Seinen
二日目は会場を多治見市文化会館に移して「うたごえ祭典in多治見」に。
準備は青年が中心になって進めてきたため、各所に若い感性が生かされていたとか。

近い将来、日本のうたごえ祭典も青年だけで運営される、という時も、もうすぐそこのようですね。

20140818-11Tajimi

京都・乙訓地域の祭典

第40回乙訓ミュージックフェア

秋のみやぎ祭典・合唱発表会に向けて各地で合唱発表会が開催されています。

京都府下各地でも地域祭典として開催されています。

本記事は京都市西部乙訓地域(日向市、長岡京市、大山崎市)での模様。

20140818-09OkkunMusicFair

「悪魔の飽食」演奏会
7月2日
札幌Kitara

この演奏会のために編成された230人の合唱団による演奏は聴く人の心にズシンと響く重い訴えでした。

20140818-10SapporoAkuma
広島合唱団
創立50周年記念演奏会
希望のうた 明日へ

7月6日
アステールプラザ
20140818-10Hiroshima
浜松センター合唱団
第23回定期演奏会
つなごう生命と希望~
愛・夢・笑顔

7月6日
アクトシティ浜松
20140818-10Hamamatsu
サークル・ハートランド
20回目のコンサート

7月6日

LICはびきの

大阪・藤井寺市の保育士を中心としたグループ。

20140818-10Heartland

土井大助さん(詩人・劇作家)が肺がんのためお亡くなりになりました。
謹んでご冥福をお祈りいたします。
享年87歳。

うたごえでは国鉄労働者を歌った交響曲「風雪」やミュージカル「青春の歯車」の作詞者としておなじみではないでしょうか。

写真は、一昨年、詩人会議創立50周年記念祝賀会で。

20140818-10Doi
連載930回8月の雲

8/22~8/30
桑ばたけ
求められる歌の息吹 西 恒人 (日本のうたごえ全国協議会 前会長)
合唱劇「ピカドンたけやぶ」 山下恵子 (愛知・豊川親子合唱団 たけのこ)
サザンの2014年
小村公次 今も続く蝶々さんの悲劇
花咲く宝塚国際
室内合唱コンクール
オファリング
ジョン・コルトレーン
大舞台から退く北島三郎
福島・望郷のうた~相馬盆唄
作詞・作曲 金野洋子
(福島県民謡)
岐阜・多治見 宮島照子

2014年8月11日号

2014年8月7日

20140811

ヴァイオリニスト
松野迅さん
9月17日(水)
18:30開演
自由学園明日館講堂

20世紀の偉大なチェリスト、パウ・カザルスが33年の歳月をかけて作曲した「ソナタ ニ長調~ピアノとヴァイオリンのための~」。5月の本邦初演に続き、今回はより多くの人にカザルスをもっと知ってもらうためのまるごとカルザス企画です。

20140811-01Matsujin
ヴァイオリンは松野迅さん、
ピアノは榎田匡志さん。

小学生のころバッハの「ソロ組曲」を演奏するカルザスのレコードを聴いのが始まりと語る松野さん。
そして、2010年にバルセロナで出版されたカザルス楽譜集を入手して、今回の企画になりました。

20140811-01Enokida
カザルスを理解するうえで欠かせないカタルーニャの文化と歴史について、本企画では、本紙連載でおなじみのジャーナリスト伊藤千尋さんに語っていただきます。

(右写真をクリックしてチラシ表裏がご覧になれます)

20140811-01MatsunoFlyer
出版された楽譜は、コンピューターの楽譜ソフトで作成されたもので、そこには限界もあります。
そこで、松野さんはスペインのカザルス財団に原本のコピーを依頼。
今回のコンサートはそのオリジナルスコアをもとに演奏がされます。
20140811-04Matsuno
本インタビューのために本紙編集部を訪れたお二人。
スポットライトの担当者土屋美和さん(右から二人目)もヴァイオリンが趣味。
愛器を松野さんに鑑定してもらい「いい音が出ますよ」と。
三輪編集長(右端)「ガンバって、ミワちゃん!」
20140811-04OngakuCenter

2014年関東・東京うたごえ交流会
in 栃木・日光
関東・東京ブロック毎年恒例のうたごえ交流会は、今年日光で開催されました。

1983年以来、1都6県で持ち回りで開催されています。
今年の栃木は5巡目。

20140811-08GodoEnso
写真上:栃木合同による歓迎演奏「ハッピーバースデー」など

写真右:大交流会
日光市役所お囃子愛好会の日光和楽踊りや、「青春」など

20140811-03Koryukai
飯田進氏の講演は「足尾鉱毒事件と戦争<田中正造の平和思想>」。

田中正造は明治時代に、足尾銅山鉱毒事件を告発した政治家です。

20140811-08MrIida
交流会2日目は、その秋穂銅山跡の見学へ。
400年続いた銅山も1980年から観光スポット。
トロッコ列車で採石現場に向かいます。
また、当時の様子もジオラマで再現されています。(写真下)
20140811-08Torokko
鉱毒事件の闘いの真っただ中、「鉱毒悲歌」「谷中村一ツとや節」などの歌が真実を伝える武器になったと、飯田進さんはうたごえ運動の意義を語ってくれました。

来年は茨城・大洗海岸で地引網も楽しめる交流会が企画されています。

20140811-08Giorama

"戦争する国"への道を許さない
安倍政権が日本を再び戦争ができる国にしようとしている今、日本と中国にあった不幸な歴史を二度と繰り返さないという思いを伝える企画が取り組まれました。

盧溝橋事件77年
合唱と講演のつどい

「再生の大地」合唱団による中国撫順戦犯管理所をテーマにした合唱構成を演奏しました。

20140811-04SaiseinoDaichi

オールさいたま市民集会&「遊就館」ツアー

埼玉のうたごえ9条の会では、集団的自衛権反対の集会を開催。
埼玉合唱団は開会前の文化行事で演奏。

20140811-05AllSaitama
パレード出発の送り出しのあと靖国神社の遊就館へ。
ここは、零戦や人間魚雷回天の展示などがあり、戦闘の記録は豊富ですが、庶民の目線がないという「戦争神社」の本質を学び合いました。
20140811-05Shuyukan

東京⇒広島コース
うたごえリレー旗も岡山に入りました。
国際青年リレーもフィリッピンのニーニョ・マラカステ・デシエルトさんが元気に行進を続けています。

20140811-04Okayama

沖縄⇒広島コース
北九州を通過した平和行進に「北九州青い空合唱団」がうたごえ歓迎団を組織。

20140811-04Kokura

北海道⇒東京コース
大熊志保さんは、船橋市内コースの「親子コース」に参加。
このコースは、休憩所に向かう数百メートルを子連れ親子を先頭にアピールしようという企画。
生まれて3カ月の娘さんを抱えた大熊さんは写真中央。

20140811-05Funabashi

合唱団プリマベラは、平和行進実行委員会に参加してうたごえならではの企画を担当しています。
今年は「いいね!コール」「そうだそうだコール」も。

20140811-05Ichikawa


日本のうたごえ祭典inみやぎ
11月22日(土)~24日(月・祝)
11月23日(日)復興を希(ねが)う音楽会(仙台・ゼビオアリーナ)
20140811-05Peace 今週のぴ~すさんは、P.S.V.(ピース・ソング・ビレッジ)のいわねしげみつさん。
「復興を希う音楽会」・<今、あらためていのちの尊さを>で「いのち」を取り上げることへの思いを語っております。

神奈川合唱団
創立65周年記念
神奈川合唱団演奏会

9月7日(日)15時
神奈川公会堂

第一部では、おなじみの「花をおくろう」「フィンランディア」のほか、新作もおりまぜ、うたごえ仲間との共演も楽しみです。

20140811-03kanagawa
第二部に混声合唱 舞台のためのカンタータ「鼠たちの伝説」に取り組んでいます。
1年間の音とりレッスンを経て、舞台稽古が進んでいます。
20140811-03TsuuteSong
このカンタータは、誰かが「近道を知っている」と言ったので、とうとう森の中に迷い込んでしまった・・というストーリー。

団員20人がネズミの役。
安倍公房の「プルートーのわな」をベースにした林光の作品。

20140811-03Nezumi

泥 憲和さん
(西播センター合唱団)

集団的自衛権行使容認に反対する本の企画が進んでいます。
池辺晋一朗さんらが賛同して京都のかもがわ出版から9月ごろに発売世です。
(泥さんは写真中央でマイクを持っている人)

20140811-03DoroNorikazu

函館トロイカ合唱団
函館緊急集会で、集団的自衛権行使容認反対!の声高らかに。

函館トロイカ合唱団は創作曲「私は日本国憲法です」などを演奏。

20140811-06HotLine

  • 戦争屋!そこのけそこのけ平和が通る
  • したり顔似た者同士の三代目
  • 千三つ世界を股にまたほらを吹き
    菅野 章

皆さんからの投稿をおまちしております。


静岡・ひまわり歌う会が開催したうたごえ喫茶の会場は・・・・
あっと驚く事実に話題沸騰!
続きは本紙で・・・・
20140811-06Shizuoka

うたごえってなあに?
渡辺昌子歌唱指導と歌とお話しのつどい
最近、たびたび本紙にさりげなく登場されている渡辺昌子さん。
83歳というお歳を感じさせた行動力で、兵庫県に行かれているのですね。
兵庫のうたごえ女性交流会にお招きをうけて歌唱指導と歌とお話しをされてました。
20140811-07Watanabe
声楽には筋肉が必要で、筋肉の衰える60歳以上は身体を鍛えることが大事、と話しを聞かされた参加者のみなさんは日々の努力が大切であることを実感したそうです。
たしかに、写真でみる渡辺昌子さん、背筋もピシッと決まってますね。
20140811-07Nishinomiya

うたごえ学習会
~青森の歴史~
52年前に結成された青森センター合唱団。一時活動を休止していましたが、最近は本紙への投稿の常連さん。
いつもありがとうございます。

同団が定期練習会の中でうたごえ学習会を開催。
なるほど、合唱レッスンだけでなく、こういう理論学習を深めることがよろしいようで。

20140811-06Aomogri

連載929回湿度
8/15~8/21
折り鶴
二つの静かなメッセージ 田中嘉治 (日本のうたごえ全国協議会 会長)

「青春」 掛川貞省 (奈良蟻の会合唱団)

怒りの中から新しい音楽
小田和正
小田日和

ジゴロ・イン・ニューヨーク
伝えようふるさとを
作詞 田中三郎
作曲 山本忠生