2012年12月24日号

2012年12月20日

20121224

合唱構成「海の軌跡」再演
原発ゼロへ30年ぶり~福井
30年前、原発銀座といわれる福井で「原発に頼らない街づくり」を掲げて上演された「海の軌跡」。
その再演が武生センター合唱団の定期演奏会で実現しました。
20121224-1UminoKiseki
初演当時は、原発依存性が高く、反原発の機運もなく、観客もまばらでした。
しかし、原発ゼロの意識が高まり600人の聴衆を迎えました。
20121224-1purtonizaurs
作曲者尾谷誠さんは、ソロを務めた山田文葉さん(左)と岸下由美子さん(中央)から花束が贈られました。 20121224-1Hanaaba
定期演奏会のゲスト出演は、ヒューマンファーマーズ。
原発、TPP反対の歌を歌いました。
20121224-1HumanFarmers
日本の原発54基中15基が福井県にあります。
若狭湾を望む原発。
20121224-1WakasaGenpatsu

 


合唱構成「とどけよう!39人の声」
社会保険庁職員不当解雇撤回の闘い

 

11月2日、日本教育会館で「社会保険庁職員の不当解雇撤回中央決起集会」が開かれました。
ここで合唱構成「とどけよう!39人の声」が演奏されました。
20121224-8Zenkosei
「歌うことの力が大きな支えになっている」と前社会保険庁職員で構成している全厚生労働組合は闘いを続けています。 20121224-8Shahocho

 


時を刻む 2012年各地の音楽会から

 

【千葉】
第8回スカーレッツコンサート 安藤由布樹の指揮・ピアノ伴奏・作編曲による世界の歌、日本の歌、平和の歌が奏でられました。
20121224-4Scarlets
【北海道】
北海道合唱団
定期演奏会
 誰でも知っている曲から、林光など道を切り拓いた音楽家の作品まで。
20121224-4Hokkaido
【東京】
女声アンサンブル ラーク
第7回コンサート
 POPS、クラシック系から「あすという日が」などの最近の曲まで。
4種類の衣装で魅力たっぷり。
20121224-4Lark
【宮城】
仙台合唱団
第10回演奏会
 震災一週間後から「日曜うたう会」を続けてきた仙台合唱団には復興に向かう中で紡がれた歌が沢山ストックされていました。
20121224-5KokoroTsunago
第3部の途中で、招待席から「うたごえをありがとう」の横断幕が掲げられました。
うたう会で訪れていた扇町仮設住宅からやってきた40人の人たちでした。
20121224-5FurusatonoYamakage

私鉄のうたごえ祭典 今年の夏、実行委員で震災で全線が不通になった三陸鉄道の修復にとりくむ現地を取材して制作した合唱構成「明日を見つめて」(写真右)を第一部で。 20121224-4ShitetsuAsuwoMitsumete
フィナーレは「地底のうた」。
荒木栄没後50周年企画として公募合唱団90人で歌いあげました。
20121224-4ShitetsuJizoko

 


 

投稿 日本のうたごえ全国交流会in広島のオリジナルコンサートの講評委員、広島の広島東竜さん(弁護士、脚本家)から全国交流会の感想が投稿されました。 20121224-3Jizokonouta
PeaceWaveConcertでは「人間の歌」が現代の「地底のうた」であると確信したと感想を述べています。 20121224-3MrHiroshima

鳥取・大山でふれあいコンサート 北海道合唱団は、全国交流会で広島入りしたのをきっかけに、バスで4時間の米子へ。
11月26日、「ふるさとの山影」などを演奏しました。
20121224-3Hokkaido

 


 

 
さよなら原発in所沢

11月4日の行動では、多数の若者が参加。
20121224-5Tokorozawa
映画
「チェルノブイリハート」
 福井の斎藤清巳さんから「必見です」と投稿がありました。
20121224-5Cherunobuiri

 


 

第31回足立のうたごえ祭典 今年も作業所ほか40のプログラムで盛大に開催されました。 20121224-6HotLine

 


 

【青森】
障害者施設ドリーム工房でのクリスマス会で青森センター合唱団が大合唱
20121224-6Aomori

【大阪】
レガーテが第13回コンサートの模様をCDに収めました。 詳しくはHP
20121224-6RegateCD

【長野】
うたごえサークルたけの
結成30周年記念うたごえ大交流会
20121224-7Takenoko
今春の東日本合唱講習会のホスト役を勤め上げたたけのこ。
多彩なステージで交流会を盛り上げました。
20121224-7TaskenokoOguchi

【山口】
凧の座40周年リサイタル 全国交流会に広島を訪れた宮城の勝然さんが山口まで足を延ばして凧の座リサイタルを鑑賞。
写真は笠木透と雑花塾のステージ。
20121224-6Kasagi
連載857回
年末の第九
12/22~1/6
旅のはじまり
私に人生と 言えるものがあるなら 大口知子 (新潟・ うたごえサークルたけのこ)
The Best of Soul Extreme
福原美穂
キャリアを生かす三田明
宇多田ヒカル 2年ぶりの新曲
あなたからの贈り物
作詩:松島市立矢本第二中学校
作曲:石垣就子

2012年12月17日号

2012年12月13日

20121217

井上頼豊生誕100周年
今年は、チェリストで、うたごえ運動の教育者でもあった
井上頼豊が生まれて100年。
その記念行事が開かれました。
前夜祭
11月18日に、自由学園明日館で井上頼豊さんゆかりの音楽家によるお話と音楽の夕べが開催されました。
写真は、井上さんに教えを受けた中央合唱団元常任班による演奏。
20121217-1ZenyasaiChorus
チェロコンサート
11月19日は、門下生を中心にトッパンホールで100周年を記念したチェロコンサートが開催されました。
写真は、フィナーレでの門下生16人による「鳥の歌」の演奏
20121217-1Concert
井上頼豊さんのチェロで「夜の歌」を演奏する金丸晃子さん。同氏はスイス・チューリッヒ歌劇場オーケストラのソロチェリストです。 20121217-1Zenyasai

連歌・鳥の歌
ギャラリーコンサート11月25日、広島・日銀旧広島支店で行われた、ご子息井上鑑さんによる「鳥の歌」を中心にしたギャラリーコンサートが開催されました。
20121217-3TorinoUta


全国合唱発表会入選団体リストはこちらから
今週号では、各部門の講評委員責任者の方々の
総評を4~5面でお伝えしております。

一般の部A
金賞
コール大東
20121217-4ColeDaito
一般の部B
金賞
埼玉合唱団
20121217-4Saitama
女性の部
金賞
奈na涼su風ka
20121217-4nasuka
職場の部
金賞
D51合唱団
20121217-4D51
職場の部
銀賞
長野厚生連のうたごえ
20121217-5nagano
小編成の部1
金賞
古ッ都ンチアバンド
20121217-5KottonnchiaBand
交流の部1
愛知子どもの幸せと平和を願う合唱団kids
20121217-4AichiKodomonoShiawase
交流の部2
コープにしがもにこにこ合唱団
20121217-5NishigamoNiconico
交流の部3
全国保育のうたごえ合同
20121217-5HoikuGodo
郷土芸能交流の部
神戸市役所センター合唱団太鼓衆団輪田鼓
20121217-5Kobetaiko
器楽バンド交流の部
八竜リバティバンド
20121217-5HachiryuRiverty
オリジナルコンサート
宮城教職員合唱団「ひまわり」・愛知子どもの幸せと平和を願う合唱団合同
20121217-5Himawari

【職場の部】
“友よ闘ってこそ明日がある合唱団”(大阪)は、JAL不当解雇撤回裁判原告団と一緒に全国合唱発表会に出場。
「Blue Sky Again」、「誓い」を歌いました。
20121217-8JALStage
「Blue Sky Again」は、職場を奪われたパイロット、客室乗務員の想いを歌ったもの。 20121217-8JALup

武義和さん(作曲家)
オリジナルコンサートの講評委員をお願いした武義和さんから、今回の「日本のうたごえ全国交流会in広島」に参加した感想が寄せられました。 20121217-3Mrtake
PeaceWaveConcertでは、氏の作曲した「風よふるさとよ」(作詞きむらいずみ)が演奏されました。
200人近い合唱団の演奏を聴いて、「自分の歌で泣いてどうする!」と思うものの、こみ上げるものをおさえられなかったそうです。
20121217-3PWC

2012年日本平和大会in東京
全国交流会と同時期でしたが日本平和大会が東京で開催されました。
東京港区に米軍基地があるなんて、全国の平和委員会から集まった参加者から高い関心が寄せられました。
20121217-6HotLine

統計オンチコーラス
つながる想いをうたごえに託して 1954~
11月9日
新宿区戸山生涯学習館
20121217-7OnchiChorus
市民音楽祭に参加して
女声コーラスこぶし
11月4日
第37回西宮市民音楽祭に参加しました。
20121217-7Kobushi Kobe
合唱講習会
西合唱団
武義和さんによる合唱講習とお話
11月3日
20121217-6TakeLecture
うたごえ国際交流
埼玉合唱団
女性はチマチョゴリで「朝鮮通信使唐人揃い」
11月11日
川越市
20121217-6Saitama
連載856回
恐ろしい予兆
12/16~12/25
白い想い出
ラ・マルセイエーズ 中澤俊之 (中央合唱団・東京郵便合唱団)
クリスマス合唱名曲集
ゲーター祭(三重県)
大統領選とミュージシャン

2012年12月10日号

2012年12月6日

20121210

9000人の饗宴
2012年日本のうたごえ全国交流会in広島

11月24日(土)
18:15~
広島市文化交流会館大ホール

20121210-8TsugaruJyongara
第1部 ふるさと~

  • 「津軽じょんがら節」
    三味線独奏 川本高虎
    (写真上)
  • 「音戸の舟唄」
    篠笛 梶川純司
    三味線 川本高虎
    (写真右)
  • 「おろち」
    和太鼓演奏 慈音
    (写真下)
20121210-8OndonoFunauta
2,000人の参加者で開催されたPeaceWaveConcertは、三味線、篠笛、和太鼓の演奏で始まりました。 20121210-8Orochi
この日の司会者は
丸子ようこさんと
第1・2部は古川大介さん(写真)
第3部は佐々木隆一さん
20121210-8Shikai

第二部 風よ~

作業所で働く仲間たち&応援団
「もっと高く」
伴奏は、次のステージの広島ジュニアマリンバアンサンブルの皆さん。
全国から広島に集まった仲間への歓迎曲として演奏されました。

20121210-8MottoTakaku
広島ジュニアマリンバアンサンブルの演奏は、国際的に活躍している実績にある素晴らしい演奏でした。 20121210-8Marinba2
主宰の浅田さんは、「子どもの表現力と可能性。私たちは平和のメッセージを伝えることが目的です」と語っていました。
(詳細は8面参照)
20121210-8Marinba
日本のうたごえ合唱団

佐村河内守さんの「REQUIEM ”HIROSHIMA”」などを指揮・守屋博之、ピアノ・門万沙子で演奏しました。

20121210-8HonoonoUta
コンサート特別合唱団

「風よふるさとよ」「人間の歌」を指揮・金井誠、ピアノ・吉田桂子で演奏しました。20121210-4Kanai

20121210-1PWC Kazeyo

第3部 生きる~
荒木栄没50周年企画

全国女声合同

「星よおまえは」「五月のうた」
指揮・山下恵造
20121210-5Yamamotoピアノ・山下和子
バイオリン・杉本陽子
チェロ・和田有子


全国男声合唱
「地底の歌」
指揮・守屋博之
20121210-5Moriyaアコーディオン・松永勇次、前田英、浦田伊佐雄
ソロ・渡辺一利
20121210-4PWCJyosei

20121210-8Araki

☆特別ゲスト☆
ナターシャ・グジーと井上鑑

「Le Plonguer」などを演奏。

お二人は、リハの合間に「うたごえ喫茶フェスティバル」にも顔をだしたり、翌日は「連歌・鳥の歌 ギャラリーコンサート」も取り組みました。

20121210-8Natasha
共に生きる合唱団
「生きる」
「ふるさとの山影」
「町」
を演奏
20121210-5PWC Machi
20121210-4Fujii 20121210-5Watanabe 20121210-5Nishi
「生きる」
指揮 藤井幸枝
「ふるさとの山影」
指揮 渡辺享則
「町」
指揮 西 恒人

フィナーレ「心つなごう」

前面には、来年の「65周年記念日本のうたごえ祭典・おおさか」(2013年11月2~4日)の横断幕も。

20121210-1PWCFinale

全国合唱発表会
入選団体リストはこちらから
【一般の部A】
仙台合唱団(金賞)
20121210-4Sendai
【一般の部B】
関西合唱団(金賞)
20121210-4Kansai
【女性の部】
レガーテ(金賞)
20121210-4Regate
【職場の部】
神戸市役所センター合唱団
(金賞)
20121210-4Kobe
【小編成の部1】
ヴォーカルアンサンブル
AVANTI
(金賞)
20121210-4Avanti
【小編成の部2】
ままちゃんず
(銀賞)
20121210-4mamachanzu
【郷土芸能交流の部】
舞ばやしNARA
20121210-4NARA
子ども青年の和太鼓響(どん) 20121210-4Don
【器楽バンド交流の部(アコースティック)】
コカリナアンサンブル ドルフィン
20121210-5Kigaku
【交流の部】
全国青年のうたごえ
「一番音頭」
20121210-5Koryu

広島・TFコーラスによる「うたごえ新聞宣伝隊」
合唱発表会の「女性の部」にて
20121210-4TFChorus

今回初めての企画として期間中の3日間、うたごえ喫茶の交流会もおこなわれました。

写真は、秋田合唱団のWAVEの場面。全部の20団体が参加して、運営方法などの経験交流を行いました。

20121210-5UtagoeKissa

荒木栄を語り歌う会
奈良”明日歌”と”Do・ナラーズ”

今年はやっぱり荒木栄の取り組みが各地で行われています。
まだ1か月あります。
これからでも間に合いますので、この記事を参考にみなさんもこれから企画をしませんか!

20121210-6HotLine

今すぐ原発ゼロへ
11・11行動 各地のレポートから
【函館】

函館トロイカ合唱団の団員の取り組み。
昨年7月に入団した視力障害者の女性の目から見た原発問題についてのするどい切り込みを持った投稿文です。

20121210-7Hakodate

【大牟田】

大牟田センター合唱団有志は、「心つなごう」を歌唱指導。参加者にこの詞が伝わるまで何度もうたったそうです。

20121210-6Omuta

和歌山・医療生協芦原診療所50周年
山田洋次監督の記念講演前に
「町」を歌おう!
12月18日(火)
和歌山市民会館にて
創立50周年を迎える診療所の記念行事で「町」を歌おうと、準備が進んでいます。
20121210-3MachiwoUtau
山田洋次監督の「幸せの黄色いハンカチ」に因んで、「町」を歌おうという企画です。

記念行事に山田洋次監督が来て講演をします。その前に「町」を歌おうと練習を重ねています(写真上)

20121210-3Yamada
医療生協芦原診療所。

合唱団の登録団員は97人。当日は100人規模で歌います。

講演会のチケットは「黄色いハンカチ」。
大ホールを満員にしようと熱が入ってます。

どういういきさつで山田監督が来てくれるようになったか、興味のある方は、3面を熟読してください。

20121210-3EbaraShinryojyo

青年の全国交流会への参加記
調布狛江合唱団(東京)の青年部が広島で開催された「全国交流会」に参加しました。

お金かかったでしょうね。
どの辺の苦労話を本紙でお読みください。

20121210-3KomaeSeinen
交流の部1で演奏する「青年部」の「ぼくのひこうき」

かっこいいですね。
本紙ではちょっとわかりにくいですけど、クリックして大判写真をじっくりと見てあげて下さい。

20121210-3Komae

合唱団「ながせん」
荒木栄没50年記念
第20回コンサート
~心つなごう!明日へ

11月3日
長崎市平和会館

20121210-7Nagasen




































連載855回
廃墟の島
12/8~12/15
ふるさと
エーデルワイス 国分重信 (郡山合唱団)
スパークリング・メモリーズ
山下洋輔
ふがいない僕は空を見た
泉の森フレッシュコンサート
「風になれ」 作詩 石黒真知子 作曲 原田義雄

2012年11月26日・12月3日 合併号

2012年11月29日

20121126

井上頼豊 生誕100年記念コンサートへ
チェリスト井上頼豊さんの生誕100年を記念したコンサートが11月18日、19日に開催されます。

若きチェリスト久良木夏海さんは、井上頼豊氏のもっとも若いお弟子さん。
このコンサートにも両日出演。

普段は、山形交響楽団の楽団員として活躍している久良木さんに本号1面特集に登場していただきました。

20121126-01Kumeki
生まれが井上頼豊氏の近所ということもあり、ピアノを習っていたが母親の勧めでチェロの道へ。 20121126-01KumekiSweater
今回のコンサートでは、木下そんきさんの作品を演奏します。

木下さんから曲の思いを聴く久良木さんの顔は真剣そのもの。

20121126-01Kumeki with Kinoshita

アコーディオニストの松永勇次さんがコンサートに際して思いを寄せて頂きました。

思い出は、井上頼豊氏のチェロに、松永氏がギターで伴奏した「鳥の歌」を演奏したこと。
今では同氏の宝物になっています。

20121126-06Matsunaga

2013年日本のうたごえ祭典は大阪で11月2~4日開催されます。
大音楽会は11月2日大阪城ホールで開催されます。
20121126-06JyoHall
既にチラシも作成され、65周年記念委嘱作品の準備も進んでいます。 20121126-06OsakaSaitenFlyer
祭典実行委員長は渡辺武さん。
元大阪城天守閣館長さんです。

でっかい祭典をみんなで作ろう!と呼びかけています。

呼びかけ人は多くの著名人が名前を連ねています。
3人のかたのメッセージが6面に掲載されています。

20121126-07Jikkoiinncho
20121126-06Kitsukawa 20121126-06Ikebe 20121126-06Otani
心通わせる音楽の力
木津川計
(「上方芸能」発行人)
歌の結集を!
池辺晋一郎
(作曲家)
この時世だからこそ
大谷昭宏
(ジャーナリスト)

祭典1年前プレ企画
がんばろ  祭典フェスタ
20121126-07ganbaroFestaFinale
1年後の祭典を成功させようと、11月4日、関西全域から50サークルが集まり、”がんばろ祭典フェスタ”が開催されました。

写真上:フィナーレ
指揮は祭典運営委員長の山本恵造さん
写真右:「SingOut!今あなたと」
祭典普及曲の紹介がされました。

20121126-07Singout
ゲストは作曲家の武義和さん。

「生きる」の素晴らしい演奏を指揮されました。

20121126-07Take
笛、獅子舞も登場した多彩な演奏で、うたごえ65周年となる来年のうたごえ祭典を盛り上げて行こうと「がんばろう」の思いにあふれたものになりました。 20121126-07Fue

団員募集 日本のうたごえ合唱団2013
来年度の合唱団募集要項が発表されました。

「夕べの鐘」
「トリッチトラッチポルカ」
「美しき五月のパリ」
「誰もいない福島」
などレパートリーとして、秋の「日本のうたごえ祭典・おおさか」に出演予定です。

20121126-06NichiUta

信州の、詩と歌の家
大島博光記念館
今号12面の第二特集は、詩人大島博光の詩を軸に、コンサートや講演会、自然・歴史・芸術と出会える場、大島博光記念館を紹介。
館長は、大島博光の長男大島朋光さん(写真)
20121126-12MrOshima
山間にある記念館。
千曲川近くの松代町清野にあります。
館長は非常勤で、常勤は「光の種子まく合唱団」の小林さん。

戦争末期、大本営を松代に移すために巨大地下壕が朝鮮人労働者の過酷労働によって建設されました。
その史実を元に創作されたのが「光の種子をまく時」(石黒真知子作詩、林学作曲)。

20121126-12Kanban
長野詩人会議が中心となった建設運動で2008年7月に完成。
博光氏が仏レジスタンス詩人や、パブロ・ネルーダなどの革命詩人の訳詞・紹介をしていた実績がうかがえる記念館です。

庭にはアンネのバラなども植えられています。

20121126-12Kinenkan
館内展示では、画家を志した博光氏の妻静江さんの絵も。
写真中央は説明をする小林さん。
20121126-12ShizueSan
この写真はアルピジュラ(タペストリー)。
チリの女性だけのダンスを描いたものです。
1973年のチリ軍事クーデターで夫や息子を捕えられ虐殺された妻や母親が世界に実情を訴える為に作られたものです。
20121126-12Anpjera
レストランは、地元でとれた食材を使った郷土料理が中心。
ここではコンサートやうたごえ喫茶も開かれます。

是非行ってみたくなる、特集です。

20121126-12Restaurant

戦後の時代に戦闘機が落ちてきた
頻発する米兵の事件・事故に沖縄では強い怒りが渦巻いています。
1959年6月30日、戦闘機G100が宮森小学校に墜落。
「命と平和の語り部 宮森630会」(会長豊濱光輝さん、写真右)が事故の真相を伝える活動を進めています。
20121126-04MrMiyamori
630会は、映画「ひまわり」を製作。来年1月から全国公開予定です。
副題「沖縄は忘れない あの日の空を」
18人が死亡、210人が重軽傷を負った事故を完全映画化したものです。
20121126-04HimawariFlyer
最近明らかになった53年前の事故原因は「整備不良」。

嘉手納基地では広大な土地に弾薬庫などがあります。
事故から40年後、琉球朝日放送が取り寄せた資料で明らかになりました。

20121126-04Futenma
嘉手納基地を説明する伊波さん。
1972年に返還されたといってもいまだに居座る米軍が、今度はオスプレイ配備で日本の民主主義を崩壊させようとしていると警鐘を鳴らしています。
20121126-04MrIha

女声コーラス「こぶし」
病院出稿コンサート

会場は病院ロビー。
高齢者などの入院患者さんに職員さんらのまえにで演奏と全員合唱を行いました。

20121126-08HotLine

今すぐ原発ゼロへ
11・11行動 各地のレポートから
【函館】
函館トロイカ合唱団は、大間原発建設への市民の怒りの集会で、「青い空は」「私の子どもたちへ」などを歌いました。
20121126-05Hokkaido
【東京】
東京のうたごえは国会図書館前・ミュージックエリアではWe shall Overcom、歩いてい行こうなどを参加者と一緒に歌いました。
20121126-05Tokyo
千葉のうたごえは、行動シンボルカラーの黄色の傘をさして小雨降るなか集まった10万人の参加者と一緒にパフォーマンス 20121126-05Chiba
【岩手】
うたごえサークル「ひろば」は震災をテーマにした創作曲「潮風を吸って」「春を呼ぼうよ」などを演奏。
20121126-05Iwate
【所沢】
11月4日にデモが行われました。
その他、奈良、静岡、広島で各うたごえサークルがオープニングでうたごえを響かせました。
20121126-05Tokorozawa
【福井】
11月3日に第2回ピースナインフェスタが開催され、福井のうたごえが「海の軌跡」から「いとし子よ」(季刊日本のうたごえ158号楽譜収載)などを演奏。
20121126-05Fukui

働く者のたたかいの歌
ダイキン争議の歌
11月1日
大阪地方裁判所は、JMIUダイキン工業争議地位確認裁判で原告の請求を棄却する判決を出しました。
原告団長青山さん(写真右から二人目)は大阪高裁に提訴して闘いを継続する決意を持っています。
20121126-10MrAoyama
闘争を全面支援してきた大阪市民合唱団PeaceCall。
判決の日も小雨降る中、駆けつけ歌で支援を行いました。
20121126-10PeaceCall
仁川市民合唱団"平和の風"を迎え 働く者たちの楽しいコンサート
来年上演される「華麗なる休暇」のプレ企画が行われました。

これは韓国の光州民衆抗争5・18を描くミュージカル。

20121126-11Korea with JAL
11月10日に行われた「働く人たちの楽しいコンサート」には、仁川から平和の風合唱団が来日。
写真上は日航争議団と一緒に「故郷の春」をうたうステージ。
写真右は「人間の歌」を両国語で歌いました。
20121126-11KoreaNigennouta

合唱劇「アルプスに響け!ぞう列車の歌」

12月15日~16日
長野・飯島町文化館

9月の初顔合わせの練習(写真上)には、作曲者の藤村記一郎さんも駆けつけ(写真右)練習が進んでいます。

20121126-03Zouressonwith MrFujimura

せたがやジュニアオーケストラ
第3回定期演奏会

12月24日

東京・世田谷区民会館

池辺晋一郎氏が構想し実現した小学生から高校生までの若い世代のオーケストラ。
今年は、山下一史氏(写真右)を迎えて演奏会を行います。

20121126-03MrYamashita
(Photo K.Muira)

日中友好協会東京都連
60周年
日中国交回復40周年

講演と合唱の夕べ
「再生の大地」全曲初演
10月22日
中野ゼロホール
20121126-09SaiseinoDaichi

中学生の心に届いたメッセージ 埼玉合唱団 学校公演から
埼玉合唱団が上尾市の原市中学で学校公演をおこないました。
学校からの依頼により「大切なもの」の指導と模範演奏を5時限目に行いました。
20121126-04Saitama01
6時限目は合唱団の演奏。
「初心のうた」
「生きる
「世界に一つだけの花」
「みんなのうた」
など
20121126-04Saitama02

映画「ひろしま」
1953年に製作された映画「ひろしま」がフィルムのデジタルリマスターの動きが進んでいます。

当時製作の監督補小林太平さんの子息一平さん(写真左側)と助監督熊井啓さんの夫人明子さん(同右側)らが資金集めのために全国に呼び掛けオリジナル版の上映運動が取り組まれています。

20121126-05Hiroshima Kobayashi
子どもたちの文集「原爆の子」をもとに作られ、全国50万人の教師が出資、広島市民9万人が出演。
主演は月丘夢路さん(右パンフ中央)。
半世紀を経た今、この貴重な映像を残すことは重要な意義の有ることです。
20121126-05HoroshimaFlyer

鳴海卓バリトンリサイタル
できそこないのエレジー
10月31日
名古屋 ザ・コンサートホール
20121126-09Mrnarumi

私の演奏 レポート
小永井万知子さんが、日立関連労働者懇親会20周年記念レセプションでうたごえを披露。 20121126-08Konagai

和太鼓 ことばを超えるコミュニケーション
京都・西陣文化センターホールの改装オープニングイベントでプロの和太鼓チーム「BATI-HOLIC」(写真みぎ)が出演。 20121126-10Wadaiko01
BATI-HOLICは立命館大学の和太鼓ドン(写真右)のOBが2004年に結成したもの。 20121126-10Wadaiko02

「扉ひらいて」
作詩・作曲 角田優和

東海の青年のうたごえ、医療のうたごえ合唱団マ・モルテの角田さん(写真 キーボード)が「ひとりじゃないよ わかりあえるさ・・・」と、同じ若者に希望を持て、と伝えています。

20121126-09TobiraHiraite
連載854回
エレベーターの事故
11/26~12/8
あの青い空のように
人は花より美しい 小山真理子 (埼玉合唱団)
うたう!聴く?確かめる! ~歌の魅力に出会う~ 山本忠生 (京都ひまわり合唱団指揮者)
石川さゆりの新しいスタート
広島県の民俗芸能 (芸能の心を訪ねる旅)
①元ちとせ ベストアルバム 「語り継ぐこと」 ②G線上のアリア
JASRAC賞30年 世界に一つだけの花
季刊「日本のうたごえ」
最新刊 158号

ナターシャグジー 「セルツェ」

2012年11月19日号

2012年11月16日

20121119


「被災地に心寄せて すべてのいのち輝く 風よ興れ」
日本のうたごえ全国交流会が11月23日~25日 広島で開催されます。
本号では、合唱発表会、うたごえ喫茶フェスティバルに
参加する全団体を紹介しています。
また、24日に開催されるPeaceWaveConcertについて
その内容を1面で詳しくお伝えしています。
20121112GappatsuPlan
広島で会いましょう 歌い交わしましょう
千葉のうたごえ

成田空港をかかえる地元として、JAL不当解雇撤回原告団を勝利まで支援して行こう、と千葉のうたごえは今年の全国交流会に参加します。

20121119-4JAL
愛知子どもの 幸せと平和を 願う合唱団

チョコレートを通してフェアトレードについて考える組曲「しあわせへのチョコレート」。
今年も同団は、合唱発表会とオリジナルコンサートに出場します。

20121119-5Aichi


2012年11月24日(土) 18:15~
広島市文化交流会館大ホール
全席指定 A席 3,500円 B席 2,500円
予約は、Internetからできます。
ナターシャグジー
(歌手)
井上鑑
(作・編曲家)
梶川純司
(篠笛)
川本高虎
(三味線)
慈音 広島ジュニアマリンバアンサンブル

原発ゼロへ・原発を考える
福島青年大集会へ
11月4日、福島で開催された「青年大集会」。
全国から「同世代の福島の声をききたい」と集まった若者は1,000人。
20121119-8Wakamono
福島のうたごえ、あべじゅんさんは、二人の子どもに挟まれてオリジナル曲「ふくしまLOVER」などを披露。
これらの曲は、広島での全国交流会、オリジナルコンサートでも発表の予定です。
20121119-8Kokosei

大阪・茨木 市民集会
大阪・茨木では10月26日、「原発を考える市民のつどい」が開催されました。
北部センター合唱団は、文化行事のオープニングでは<つぶてソング>などを演奏しました。
20121119-8Osaka

大阪・交野うたう会は、地元九条の会「講演とミニコンサート」に招かれ演奏しました。
来年大阪で開催される「65周年記念日本のうたごえ祭典・おおさか」の製作協力を訴えました。
20121119-6HotLine

【北海道釧路】
合唱団アンラコロの新入団員にズームアップ。

今年、アンラコロに入団し、平和盆踊り、北海道&国鉄のうたごえ祭典(写真)に参加するなかでうたごえとの出会いをかたっています。

20121119-3Hokkaido

【東京】
合唱団TOSEI
50周年音楽会

12月16日(日)
江戸川区文化総合センター
20121119-3TOSEI

合唱団コーシカ
創立10周年記念コンサート

10月20日
Kitara(北海道)
20121119-7Corshika

奈良蟻の会合唱団
創立60周年記念コンサート

10月21日
やまと郡山城ホール
20121119-7Nasra

青森センター合唱団
年金一揆で「心つなごう」

10月19日
全日本年金者組合青森県本部主催の年金一揆青森県集会で。
20121119-6Aomori

街かどデイハウス「なごみの家」(大阪)
10月28日、地域の文化祭に出演。
「私の好きなこの町」などの演奏と、「紅葉」などのうたう会をおこないました。
20121119-6Osaka

連載853回
ポリプ切除
11/19~28
キエフの鳥の歌
ぞうれっしゃがやってきた
前田光雄
大阪・市民合唱団PeaceCall)
日唱”まほろば”シリーズ
提灯竿もみまつり (栃木県古河市)
ショスタコービッチ 交響曲第4番

2012年11月12日号

2012年11月9日

20121105

荒木栄没後50周年 九州のうたごえ祭典in大牟田 魂を引き継いで次へ
荒木栄の命日10月26日を前に10月20日~22日、福岡県大牟田市で開催された九州のうたごえ祭典。
大牟田会館大ホールを1,500人の観客で埋め、「地底のうた」の大合唱はクライマックス。
20121112-1Ongakukai
高田龍治さんは、三井闘争当時のはちまきをしめて250人の大合唱を指揮しました。 20121112-5MrTakada
大音楽会第一部<大切な生命の輝き>では若い医療労働者も加わって「いのちをつなぐ人たちのうた」(指揮 安広真理)を演奏。安広さんは、プログラム<魂を引き継いで>でも「誓い」「人間の歌」を指揮しました。 20121112-5DaiOngakukai
同時に開催された合唱発表会では36団体が出場。
写真右は、大牟田医療法人親仁会リハビリ科職員による「ロックソーラン」
20121112-4RockSoran
大牟田センター合唱団は今回の祭典の牽引車。
団長の浦田伊佐雄さん(写真、アコーディオン)は、「没後50周年という大イベントをどのように取り組んだらいいのか悩んだが、イメージ以上の仕上がりでした」と語っていました。
20121112-4OmutaCenter
九州のうたごえ祭典、2013年は鹿児島で開催されます。
フィナーレは全員で「故郷」を合唱。
指揮は、鹿児島の曽木時人さん。
20121112-5KagoshimaHe
荒木栄の盟友、神谷国善さんは三池闘争闘争のはちまきと檄布を持って東京からかけつけました。 20121112-4MrKoya
労働者トランペッターの松平晃さんもゲストとして、第三部<今よみがえる荒木栄の歌>のオープニングで「俺たちの胸の火は」「仲間のうた」を演奏。。 20121112-4MrMatsudaira
10月21日大音楽会のあと、荒木栄が亡くなった米の山病院にある「荒木栄の碑」の前で献花式が行われ、「がんばろう」他が歌われました。 20121112-1Arakisakae
炭鉱の歴史、闘いを伝える大牟田・宮浦炭鉱の跡。献花式のあと、祭典取材に訪れていた三輪編集長が夕闇せまる炭鉱跡にシャッター。 20121112-1Tankou

オリジナルコンサートへ
2012年日本のうたごえ全国交流会in広島では、オリジナルコンサートが併催されます。11月23日(金)
17:00~
西区民文化センター

40団体がエントリーしています。
20121112-4Edelwise
写真上は、東京のオリジナルコンサート(10月6日)から新婦人中央支部コーラス・エーデルワイスの「私は築地の女将です」。今号では、東京のオリジナルコンサートの講評委員をされた二氏からオリジナルソングへの提案を寄稿いただきました。 20121112-4MrKondo
写真上
作・編曲家 近藤浩章さん
写真右
作曲家 高橋喜治さん「人間の魂が揺り動かされるソングを創れ!」(近藤)
「心の歌を誇り高く美しく響かせよう」(高橋)
20121112-4takahashiyoshiharu
20121112GappatsuPlan
4面記載の日程表に開始時間に変更があります。
クリックして拡大表示
最新情報は、日本のうたごえ全国協議会のHPでご確認ください。

音楽で深める日中友好
こんな時代だからこそ、名古屋・南京友好都市35周年記念音楽会が開催されます。2013年1月5日(土)
名古屋市女性会館ホール

(下のフライヤー参照)

8面の第二特集では国際交流を取り上げています。

20121112-8NankinShugo
写真上
2006年10月「ぞうれっしゃ」南京公演写真右
2001年3月「紫金草物語」南京公演
20121112-8nanking
第一部では、名古屋で活躍する合唱団、演奏家がステージを務めます。中国の演奏家の方々

  • 童釣洪さん(写真右)
    古琴演奏
  • ?善祥さん(写真右2)
    中国琵琶演奏
  • 崔学東さん(写真右3)
    二胡演奏
20121112-8Kokin
合唱朗読構成「紫金草物語」
作詩 大門高子
作曲 大西進名古屋では初公演となります。
今回は、全国紫金草合唱団合同で取り組まれます。
指揮 安藤由布樹
20121112-8ChineseBiwa
全国紫金草合唱団合同は、これまで全国各地でこの曲を歌うたびにつくられた合唱団の合同。
たびたび南京公演を行い、中国の人々と交流し友好を図っています。
20121112-8Niko
チラシ
(クリックして、PDFデータを参照してください)
20121112ShikinsouFlyer

新婦人50周年を祝う会で、鹿児島で「うたごえ小組」ふきのとうがデビューしました。 20121112-6HotLine

26年の軌跡と命守る歌
20数年に及ぶ国鉄闘争支援への感謝と、労働者の課題と闘いを綴ってひらく国鉄東京合唱団コンサート「軌跡」が開催されます。 20121112-3Kokutetsu
3面特集では、1987年4月1日、国鉄がJRになった瞬間の様子を、同団団長鶴さんの寄稿で伝えています。 20121112-3Gappatsu
12月14日(金)
文京シビック小ホール
チラシはクリックしてPDF表示
20121112KokutetsuFlyer

労館まつりで演奏
尼崎労働福祉会館が老朽化のため取り壊わされます。
代替施設の目途も立っていない中で、会館の存続をもとめる運動が進んでいます。阪神センター合唱団は、10月13日に開催された労館まつりで会館の存続を訴えて演奏をおこないました。
20121112-3Amagasaki
こども・いのち・輝け!
コンサート9月23日
大阪市東成区民センター

写真は「ぞうれっしゃ」の演奏。
伴奏は地元東成弦楽オーケストラ他

20121112-7Kodomo

第17回宇都宮平和コンサート
9月2日
「ぞうれっしゃ」などを演奏
20121112-6Tochigi

うたう仲間TOMO
敬老会訪問演奏

9月15日特養老人ホーム登呂の家老人会で演奏と歌う会。
20121112-6TOMO
連載852回
頭痛
11/12~18
故郷
島のみどりを守り抜け 岡本明男 (国鉄横浜うたう会)
出会い
浜島康弘
(名古屋青年合唱団)
世界中が乗馬ダンス
YouTube江南スタイル
桃さんのしあわせ
<夜のアルバム
八代亜紀
私たちの仕事八葉水産社員一同原文 補作詞 十三与太郎 作曲 山田千賀子
 

2012年11月5日号

2012年11月2日

20121105

40年ぶりの 沖縄のうたごえ祭典
「オスプレイ配備」「女性暴行事件」など、県民の怒りが高まる中、沖縄のうたごえ祭典が40年ぶりに開催されました。

10月8日
浦添市 てだこ大ホール

写真右 祭典記念合唱団

20121105-1OkinawaSaiten
合唱構成「ぞうれっしゃがやってきた」に取り組んだ子ども合同。
「このうたごえを学校中に届けたい」と願ってます。
20121105-1Zouressha
大ホールでのうたう会

器楽メンバーとドラム伴奏で20曲による沖縄史が綴られました。

20121105-3Utaukai
「指笛王国おきなわ」

沖縄民謡、踊りに欠かせない指笛を使って「クワイ河マーチ」を演奏。

20121105-3Yubibue
うたごえ交流

浦添少年少女合唱団(写真、「三つの汽車のうた」)と沖縄ルーチェ合唱団が演奏。

20121105-3ShonenShojyo
八重山民謡「まみとーま」

舞踊・三線・笛・太鼓によるコラボレーション。

20121105-1Minyo


参加に向かって
職場のうたごえ祭典レポート
電通のうたごえ

第57回電通のうたごえ祭典in横浜
10月13日~14日
神奈川県立青少年センター

20121105-8Dentsu
音楽会のメインは全国の労働者を励まそうと音楽構成「みち~心つないで」。
ハナコさんと呼ばれている時給875円で働くパート労働者の実態から、原発風評被害に苦しむ福島、ワーキングプアまで世相を切り取り、聴く人に「自分にはなにが出来るか」考えさせるきっかけを提案しました。
20121105-8Shiseido
来年の電通祭典は大阪で開催予定です。 20121105-8Gasshodan

愛知

小編成の部に初参加の女声コーラス「ウイング」。
ハンドベルと合唱、朗読で大震災被災者の心を励ます「見上げてごらん夜の星を」を地区予選、県合発で演奏してきました。

20121105-4Wing

青森

一般の部Aに参加する青森センター合唱団。
団結成から1年半。
まず広島で演奏する曲目の選定に頭を痛めていたそうです。

20121105-4Aomori

オスプレイ、原発NO! うたごえアクション
東京

10月23日(火) 日比谷野外音楽堂では、オスプレイ配備撤回を求めた集会が開催されました。
東京のうたごえはステージから「普天間の子守唄」などを演奏しました。

20121105-1Ospray

北海道

10月13日(土) 札幌大通公園では、「さようなら原発北海道一万人集会」が開催されました。

20121105-4Hokkaido
広い北海道から12,000人があつまり、「安全な原発などありません」と、泊原発の撤去を求めるパレードを行いました。 20121105-5Hokkaido

京都

10月4日(木)
円山公園
「ストップ!オスプレイ京都円山集会」

京都のうたごえは「ふるさとの海には~普天間の子守唄」などを演奏しました。

20121105-4Okinawa

埼玉

10月8日(月・祝)
さいたま市文化センター
さよなら原発埼玉県民集会

埼玉のうたごえ協議会は「決意」「人間の歌」を演奏しました。

20121105-5Saitama

被災地からの通信
仙台

10月11日(木)
仙台合唱団仮設住宅うたごえ喫茶

すでに16回の開催をしています。

20121105-5Sendai
南三陸町

みやぎ紫金草合唱団は南三陸町で初めてのうたごえ喫茶。
仙台合唱団から開催・準備のノウハウ伝授を受けた取り組みでした。

20121105-5MinamiSanriku

北陸のうたごえ交流会・富山

2013年8月高岡市で開催される全国教育のうたごえ祭典を成功させよう、と盛り上がりました。

20121105-6HotLine


2012私鉄のうたごえ祭典

職場のうたごえ祭典のアンカー奏者は私鉄のうたごえ。
現在、「地底のうた」の練習が進んでいます。(写真右)

20121105-3ShitetsuLesson
メイン企画の合唱構成は、震災と津波で大きな被害を受けた三陸鉄道を取り上げています。
写真右は、実行委員会で三陸鉄道を訪問した時のスナップ。
現地調査をしっかり行い、次世代に引き継ぐ作品に力を入れています。
20121105-3ShitetsuinSariku
11月18日(日)
成増アクトホール
20121105-3ShitetsuFlyer

三島どんぐり合唱団音楽会
「心つなぎ、愛、いのち
平和をうたう音楽会」

10月14日(日)
長泉町ベルフォーレ

20121105-7Donguri
青森・深浦のうたごえ

10月7日(日)
深浦観光ホテル
今年で10年目を迎える。

20121105-6Fukaura
世田谷反核・平和コンサート

9月30日(日)
中町ふれあいホール

写真は「親子ばとコーラス」によるスペイン語の「花まつり」など

20121105-7Setagaya

全国学習交流集会in倉敷

日航原告団と「あの空へ帰ろう」を演奏する岡山のうたごえ。

20121105-6Okayama
連載851回
なつかしい人々 その4

11/5~11
みんな太陽
青空
佐藤大介
(京都・洛北青年合唱団)
私の愛した町 木村 泉 (山形センター合唱団)
どぶろく祭り (岐阜県白川郷)
プログレッシブ・デュオ
「カミニート」
望郷と追憶のタンゴ
(アルゼンチン)



2012年10月22日号

2012年10月18日

20121022

きょうされん全国大会inふくい から
障がいのある人たちの働く・暮らす・支えることを応援する事業所の全国組織「きょうされん」の全国大会が福井で開催されました。

本号の1面特集は、福井のうたごえの仲間たちも応援した大会の模様をお伝えしています。

20121022-1Opening
大会のオープニングは、障がいのある仲間たち、職員、ボランティアによる創作曲「ジャンプ」「わたし」そして、大会テーマソング「たしかな約束」が演奏されました。
(写真上)

記念講演は、本紙でおなじみの池辺晋一郎さん。

20121022-1MrIkebe
池辺さんの指揮で、シベリウスの「フィンランディア」(写真)。
演奏するのは、「悪魔の飽食福井合唱団」ら。
20121022-1Finlandia
オープニングで演奏された創作曲は、昨年5月に原田義雄さんを迎えて作られたもの。その際に参加していたのが、写真右の北陸高校女子バレーボール部の生徒たち。夜の大交流会でもこの3曲が演奏されました。

障がいのある仲間と歌をど真ん中においてつながってきた人たちのステージが取り組まれました。

20121022-1VollyBall


参加に向かって
職場のうたごえ祭典レポート
郵便のうたごえ

「国民のための郵政事業を、うたおう、つなごう、未来へ」
をテーマに郵便のうたごえ祭典が名古屋で開催されましあ。

20121022-4Yubin
14団体が参加しましたが、今年は、現役が元気に活躍する広島の「プロジェクト730」(写真)が復活参加して話題となりました。 20121022-4Project730

保育のうたごえ

全国保育のうたごえ交流会が大阪で開催され、17サークルが参加しました。

大阪・維新の会の思想調査、保育新システム、原発、保育民営化と問題の山積する保育の環境を多くの創作曲に乗せて反対の姿勢を表現してました。

20121022-4Hoiku

神奈川

地域九条の会が主宰した合唱構成劇「野ばらのように」の取り組みを契機に誕生した「野ばら合唱団」が広島の全国交流会への推薦を受けました。

20121022-8Yukata
千葉

平均年齢74歳という「歌の広場」は月に一度童謡、唱歌を中心に歌っています。
昨年の日本のうたごえ祭典inちばで演奏された「人間の歌」に感動。練習を重ね、今年の全国交流会で歌います。

20121022-8Chiba

多数のゲストもやってくるうた喫フェス。
参加者の準備も進んでいます。
うたごえ喫茶フェスティバルに 参加しま~す
20121022-5Mrnanbu
広島

廿日市うたごえサークル「ときめきぽけっと」など3つのうたごえ喫茶がフェスでうたごえ喫茶を担当します。

20121022-5Hiroshima
北海道

北海道合唱団のうたごえ喫茶を広島で再現。
ロシア歌曲をロシアンティーを飲みながら歌い交わしたいと企画しています。

20121022-4Hokkaido
奈良

新婦人の会を中心とした合唱とハンドベルのサークル「うたのアラカルト」が奈良から参加します。

20121022-5Nara

原発なくそう! うたごえアクション
函館

「大間原発、大間違い」

中断していた工事を再開する動きの青森県大間原発。
津軽海峡をはさんで23kmしか離れていない函館でも大間原発NOの声が高まっています。

20121022-7OmaGenpatsuNo
「いますぐ原発ゼロへ11・11全国いっせい行動」に、大間原発地元の青森からも「歌で参加しよう」と呼びかけられています。 20121022-7HakodateParad

福岡

博多で開催された「さよなら原発!福岡集会」では、北九州青い空合唱団、大牟田センター合唱団、九州青年合唱団らが参加し、開幕で「心つなごう」などを演奏しました。

20121022-7Fukuoka

長野

長野市では、「9・30脱原発・再稼働反対大行進in長野」が開催され、長野合唱団を中心としたうたごえは、「われにゃが」創作の「一人じゃ止められない、それでもみんなの力でなら ゼロにできる」を参加者と一緒にうたいました。

20121022-7Nagano

九州のうたごえ祭典in大牟田

合同練習の様子が大牟田センター合唱団から寄せられました。
写真の練習会の様子は地元紙でも大きく報道され

20121022-6HotLine


仙台合唱団
あれから1年7カ月。
ようやく演奏会の開催をお知らせできるようになりました。
と、仙台合唱団から演奏会への取り組みの様子が寄せられましたのでご紹介します。
20121022-3Utaukai-Susuki
写真は公募合唱団、指揮・小林康浩さんによる「心つなごう合唱団」の練習風景。 20121022-3SendaiLessonbyKobayashi
第10回演奏会
「心つなぎ いのち輝かせて 歌おう希望の歌を」

11月11日(日)
14:00~
電力ホール


南部合唱団
東京・南部合唱団は創部以来初めての試みで「郷土と太鼓の踊り」「合唱」「みんなうたう会」の3つのステージで構成します。 20121022-3nanbutaniko
来年創立55周年を迎える合唱団が太鼓演奏が可能な新装五反田文化センターを使って本領をフルに発揮する企画を立てています。 20121022-3Nanbu
郷土芸能と合唱の音楽会 11月10日(土) 15:00~ 五反田文化センター 同団では、従来平日夜の定期演奏会を行ってきましたが、今回は土曜の午後を設定して、より広範な人に来て、聴いて、歌ってもらいたいと願っています。

連載850回
なつかしい人々 その3
10/25~11/3
そんな町を
芦別の雪の中を
脇谷直樹
(名古屋青年合唱団)
荒木栄の魂、心を結ぶ
綾 正博
(福岡のうたごえ協議会議長)
ペギー葉山60年の迫力
Queen of The Night
Live2011+Moment
会いたい Yucca
ワーナー系ベスト盤
あなたの故郷 作詞作曲 あつこ 補作 よしお (秋田合唱団)

2012年10月15日号

2012年10月11日

20121015

連歌「鳥の歌」プロジェクト

作編曲家・キーボード奏者
井上鑑さんカタルニアの「鳥の歌」、
スペインのチェロ奏者パブロ・カザルスの演奏が有名ですが、いま井上さんは色々なアーティストの演奏を集大成した「連歌」を企画中。
20121015-1MrInoue
インターネットでの「連歌・鳥の歌」広場では、ピアノ、尺八、ギターなど20組を伝える予定。アップされるのが楽しみです。
その一つが、ナターシャグジーさん(写真右)とのコラボレーション。
20121015-1Guji
また、11月25日には広島でギャラリーコンサート(入場無料)が開催されます。日本のうたごえ全国交流会の期間中でもあり、楽しみな企画です。 20121015-1Mr.InouePlaysPiano
今年は井上さんの父親、チェリストの井上頼豊さんの生誕100年。
11月19日に東京で記念チェロコンサートも開催されます。自由と平和を希求した「鳥の歌」をいつもコンサートの最後に演奏した井上頼豊さん。その思いを息子の井上鑑さんは継いでいます。
20121015-4MrInouePlayingAccordion


参加に向かって
職場のうたごえ祭典レポート
医療祭典・京都第28回医療のうたごえ全国祭典が京都で開催されました。

創作曲に力を入れ、医療・介護の想いを歌いあげました。

20121015-4Iryo

北海道&国鉄祭典本紙既報の通り、今年の北海道のうたごえ祭典は、国鉄のうたごえ祭典とのコラボレーション。 20121015-5Finale1stDay
国鉄の闘い24年間の支援感謝の意をこめた「ありがとうコンサート」では闘いの中で生まれ歌い続けた10曲で構成。 20121015-5Finale2ndDay
大音楽会では、合唱、津軽三味線演奏、そして地元のヴァイオリニスト池田敏美さんの「アメージンググレース」など 20121015-5MsIkedaViolin

港湾祭典in東京第49回港湾のうたごえ全国祭典が東京で開催されました。

JALや神奈川フィル争議団も駆けつけ、職場を守る闘いでの連帯をうたごえに託しました。

20121015-5KowanSaiten


参加しま~す 各地からの推薦団体
北陸から 金沢紫金草合唱団カンタータ「悪魔の飽食」全国縦断コンサート(写真下)の成功の一翼を担った金沢紫金草合唱団が広島にむけて準備をすすめています。 20121015-8IshikawaPeace9
これまで全国合唱発表会への参加切符を手に入れながら、参加メンバーがそろわないため事態を繰り返していました。しかし、今年は6月の「悪魔の飽食」の取り組みもあり、久しぶりの全国の舞台を楽しみにしてます。 20121015-8Akuma2012

原発なくそう! うたごえアクション
長崎・あじさい行動長崎では毎週金曜日に昼デモあじさい行動を行っています。
「長崎のうたごえ音楽隊」と銘打って、9月9日には、オスプレイ配備反対沖縄県民集会に呼応した連帯活動を行っています。
20121015-4NagasakiAjisai

脱原発ウォークin東京東京のうたごえでは、武蔵野・三鷹で行われた「パパママぼくの脱原発ウォーク」に参加。

「各駅ごとにデモがあって、それが駅伝のように繋がったら原発はなくせる」と、デモ代表者の出発あいさつ

20121015-4GenpatsuNo

兵庫から、原田義雄さん(新C「夢を語るとき」を発売)と一緒に飛び込みライブを模様が通信されました。 20121015-6HotLine


奈良蟻の会合唱団
創立60周年記念コンサート10月21日(日)14時
やまと郡山城ホール
20121015-3Nara
第一部 うたごえの心を伝える企画
第二部 多彩な活動と地域とのつながりのステージ
第三部 特別合唱団による東日本大震災、福島原発事故の「いま」を伝える新曲を披露
20121015-3NaraConcert

萩原朔太郎とマンドリン
マンドリンの街、群馬県前橋市。
詩人・萩原朔太郎もマンドリンの愛好家。今年は、朔太郎没後70周年。また前橋市市制施行120周年ということで前橋市も力をいれています。
20121015-3HagiwaraSakutaro
10月21日(土)
朔太郎音楽祭2012
前橋市民文化会館大ホール
20121015-3SakutaroMandrine

がんばれ星野村
10月29日(月)
九州豪雨被害救済
がんばれ星野村コンサート

東京・北とぴあ広島に投下された原爆の残り火を灯し続ける星野村。この7月の豪雨で甚大な被害をうけました。
20121015-3KyushuSaigai

西宮さくらんぼ合唱団
愛と夢・希望のコンサート

9月17日
西宮市民会館
20121015-7Sakuranbo

レガーテコンサート
第13回生きる~明日も歌って


9月22日
いずみホール
20121015-7Legate
   

熊本「ふらっと」
大みんなうたう会


480人が参加して、点字歌集も用意されました。
20121015-6Flat

年金者組合藤枝支部
第3回うたごえ喫茶


「私の子どもたちへ」などを大合唱
20121015-7NenkinFUjieda
   

連載849回
なつかしい人々 その2
10/21~10/25
もっと高く
ふるさと
谷川正義
(丹後音楽センター)
歌う 特急電車
舟橋 幹雄
(日本のうたごえ全国協議会副会長)
音楽のパラリンピックを
水の反映 ドビュッシー ピアノ作品集 福間洸太郎
森の祭り
(静岡県周智郡森町)

2012年10月8日号

2012年10月4日

20121008

子どもたちの未来を守るために
チェルノブイリ原発事故被災地の医療支援の経験を語る
医師・長野県松本市長 菅谷昭氏の講演から
菅谷昭さん(69歳)は、医師であり、2004年からは長野県松本市の市長さん。

「子どもの未来をまもるために」、氏のチェルノブイリ原発事故地の医療支援活動の経験から、その対処を語る長野医療生協創立50周年記念講演から。

20121008-1MrSugaya
1986年に起きたチェルノブイリ(現ウクライナ共和国)原発事故。
5年後、隣国ベルラーシ共和国(写真)に入り放射能汚染地域での医療活動を進めます。
20121008-1Belrasi
10年前手術をした12歳だった女の子。被ばくの影響で疲れやすくなっていますが、今では教師を目指して勉強中。 20121008-4Onnnanokoto
ベルラーシで執刀する菅谷さん。
こうした功績から2000年にはベルラーシから勲章を受け、2003年にはNHK「プロジェクトX『チェルノブイリの傷 奇跡のメス』」として紹介されます。
20121008-4Shujyutu
事故から5年、放射線を封じ込めようとした石棺。しかし、放射能測定機の張りが振り切れるほどで、完全には遮蔽は出来ません。

26年経った今でも肥沃な穀倉地帯は廃村のままです。

20121008-1Sekikannomaede
阪神淡路大震災のような自然災害では大きな被害を受けでも、時間が経てば人々は元の場所に戻れます。
しかし、原子力災害はいつまでたっても戻ることは出来ません。
「原子力の平和利用」の実態を認識して慎重にち所するべし、と菅谷医師は警告します。
20121008-1Shukai

原発NO!平和へ草の根パワー
千葉・船橋から

JR中央・総武線は車体に黄色いラインの電車。
始発の東京・三鷹から千葉・船橋まで「黄色い電車連合プレゼンツ脱原発デモin船橋

20121008-4Sobusen
船橋駅周辺で行われた「原発NO!」「野田NO」では、電車の中でも、街頭でも、黄色い何かを身につけて。 20121008-4GenpatsuNo
船橋・天沼弁天池公園での集会では、自家発電かき氷や三番瀬海苔販売など。
千葉のうたごえも「心つなごう」などを演奏。

11月11日に予定されている反原発100万人集会への輪をひろげています。

20121008-4Funabashi

東京・狛江、調布から

狛江市「こまえ平和フェスタ」
8月19日
恒例の市民公募合唱団では、本紙4/16号登場の作曲家近藤浩章さんを迎えて、氏作曲の「Home」を演奏。

20121008-5HeiwaFesta
メインゲストは講談師・神田香織さん。
自身の出身地福島県いわき市の話し、チェルノブイリの話し、そして「はだしのゲン」の一幕で、原発、原爆に触れた一席を披露。
20121008-5Kodan

調布市平和都市宣言記念
第25回平和のつどい

8月20日
調布狛江合唱団は「決意」「折り鶴」を演奏。

20121008-5Komae
市内の京王線10駅を全制覇した街頭宣伝をおこないました。 20121008-5Shomei

各地で開催される 合唱発表会 うたごえ祭典
自治体のうたごえ 合唱発表会

9月9日、京都で開催された「自治体のうたごえ合唱発表会」。

11月に広島で開催される「全国交流会」を目指す合唱発表会参加者のほか、広く自治体労働者を巻き込んだ開催になりました。、

20121008-8JichitinoUtagoe
9月9日、沖縄ではオスプレイ配備に反対する県民集会が開かれています。
ここでも県民大会に連帯して「ふるさとの海には・普天間の子守唄」が全国自治体合同により演奏されました。(写真上)

写真右は、Nichiutaの風合唱団による歓迎演奏。

20121008-8KangeiEnso
合唱発表会初参加の「ひまわり娘」(写真)は「全国どこへでも歌いに行きます」と。 20121008-8HimawariMusume

信濃のうたごえ祭典

10月14日に開催予定。

9月9日には「うたごえサークル5つの合唱をききなら、みんなうたう会」を開催して、本番に向けた準備をすすめてます。

20121008-4Shinano

山形のうたごえ祭典

10月21日に開催予定。

福島から1万人以上の避難者を迎えている山形県。
子どもたちに青い空、豊かな大地、平和な世の中を残す為に脱原発をよびかけ「すべてのいのちが輝く風よ興れ」をテーマにしています。

20121008-3Lesson
今年は「大地讃領」「ケサラ」をうたう合唱団を募集して練習を重ねています。

20121008-3Lesson2

11月18日に開催される私鉄のうたごえ祭典に向けて、「私鉄全国音楽集団」の合宿が行われました。
若い人へどのように門戸を広げるかなど討議もされました。

20121008-6HotLine


大熊啓専従生活10周年まつり
東京のうたごえ協議会の事務局長大熊啓さん(写真・ギター)が専従生活10周年記念まつりを開催します。

10月16日(火)
調布グリーンホール

20121008-3MrOkuma

荒木栄の作品解説 最終回
神谷国善さんの
作品解説第6回は
①地底のうた
②わが母のうた

右フライヤーは
荒木栄没後50周年
九州のうたごえ祭典in大牟田
(10月20、21日)

20120903-3Poster01

第25回
北摂愛と平和のコンサート


9月18日
茨木クリエイトセンター
20121008-7OsakaHOkubu
むらさき式部
25周年記念コンサート
めぐる季節

9月15日
杜のホールはしもと

20121008-7MurasakiShikibu
第20回
江東のうたごえ交流会

9月1日
東京・東陽町江東教育センター

20121008-6KotonoUtagoe

連載848回
なつかしい人々 その1
10/12~10/20
みどりの風に光る町
佐藤恵美子
(大阪・関西合唱団)
“のびのび感”が嬉しい
渡辺享則
(長野合唱団指揮者)
007主題歌は名曲揃い
ビーツ・ライムズ アンド・ライフ
モダン・パンチ・フォー・ユー
作詞・作曲 一村好郎
「人は」
今、ぼくたちに出来ること
福島原発への憤り!
小東房江さん (大阪・稲葉町)