2015年4月6日号

20150406

何と今号が、ピタリ60年め
本号は

  1. 12ページ建てです
  2. 1面・12面がカラーです
  3. 「人間の鎖」宣言を掲載してます
    そして
  4. 1面の活字が大きく、読みやすく

創刊60周年に寄せて

特別寄稿

本紙が創刊60周年目ということで、作家の森村誠一さんから特別寄稿をいただきました。

うたごえ運動が1948年に関鑑子により創立され、7年後の1955年4月7日に本紙が創刊されました。

20150406-01Morimura

60周年を記念して全国12ヵ所で「うた新まつり」を開催します。
第1回は、東京で開催。
池辺晋一郎さんをコーディネーターに、ゲストとして森村誠一郎さん、檀ふみさんをお呼びしております。

20150406-01Flyer


to 三輪編集長

いつもはインタビューする側の三輪編集長を、竹内さんが直撃インタビュー。普段はベールに包まれている素顔を拝見!

20150406-08Miwa-Takeuchi
20150406-09Miwa 20150406-08Takeuchi
本紙編集長 三輪澄永 本紙編集委員 竹内様彦

ご覧のとおりの10年前。
池辺晋一郎さん、伊藤千尋さんをお迎えしてトーク。
伊藤さんはオカリナを持参。池辺さんのピアノに合せて、ベートーベンの「喜びのうた」を即興で演奏。
なんてサプライズもありましたね。
さて、今回はどんな・・・??
20150406-09Reception

うた新題字の変遷
楽譜の曲は??
大熊編集委員がうたごえ新聞昔ばなしを
創刊当初
「俺は労働者だ」
佐藤しろし 作詞・作曲
1960年前後
「声高く」
築城由二 作詞・
芥川也寸志 作曲
現在
「心はいつも夜明けだ」
永山孝 作詞
荒木栄 作曲

WOMEN OF THE WORLD
3月23日号でZoomUpしましたWomen of the World。
そのリーダーであり、ボストン在住の植田あゆみさんに12面第二特集にご登場いただきました。

このグループは、ハイチ、イタリア、インドからの女声ボーカルを加えたユニークなユニット。
どういう経緯で結成され、何を目指しているのかお伝えしております。

20150406-12Ayumi
「世界平和」という大きなメッセージを歌詞ではなく、演奏と行動で表現するという手法を採用しています。

確かに、4つの異なった文化や美しさを融合させること自体が世界平和のモデルになる、という言葉にうなづけます。

20150406-12WomenYoko
植田さんのお父さんは、シンガーソングライターで、東京労音事務局長。
その父親の背中をしっかりとみて育つと、こういう方になるのだ、と妙に感心させられる記事ですよ。
20150406-12WomanTate

被曝・戦後70年 2015
日本のうたごえ祭典in愛知
11月21日(土)~23日(月・祝)
11月22日(日)大音楽会
(日本ガイシホール)
11月21日(土)特別音楽会
(金山市民会館大ホール)
11月22日(日)小音楽会
(日本ガイシレセプションホール)
11月21日(土)・23日(月祝)
全国合唱発表会
オリジナルコンサート
おんプリンちゃん
20150406-05Onprin 三浦朗生さん
(コール東海)

特別音楽会で「ごんぎつね」を上演します。

三浦さんというと、「はじめまして」という方も多いかと。
うたごえでは「マンコロのうた」で60年代の風靡したかたですね。


私も参加します!

江田タイ子さん
(国鉄母さん合唱団つゆ草)
江田雄次さん
(国鉄うたごえサークル三楽)

夫婦で参加です!

20150406-04Eda
森陽介さん
(アコーディオニスト)

アコを始めて18年。
いまやアコ教室の先生として活躍されてます。

20150406-05Mori
上田恭敬さん
(愛媛合唱団青年部、
Green Love Cantabile)

派遣費用をねん出するために「芹洋子コンサート」を企画。
最近の若者の行動力といったら・・・

20150406-05Ueda


NPT・NY行動へ各地から

6・9行動で、歌を歌い、歌集を広めています。
このメンバーは毎週金曜日、東京のうたごえからうた新発送作業を行っています。2月の69行動は発送作業後に近くのコープ前で。

20150406-04Shinjyuku

また登場しました、上田くん。
カンパ集めの演奏会を大阪で。
美・豚と書いて「ビトン」とか。
最近の若い者の発想といったら・・・・・

20150406-04Biton
先日の日うた総会で紹介されたNPT・NY行動代表団。
今号で、42名のお名前もご紹介しております。
20150406-05Sokai

4月の2つの音楽会にZoom Up!
名古屋青年合唱団

春の音楽会~花降る惑星
4月25日(土)
名古屋市芸術創造センター

20150406-03Meisei
タイトル曲は石黒真知子作詞、原田義雄作曲の同名の「花降る惑星」。
いつもギターを抱えている原田さんが昨年のみやぎ祭典オリジナルコンサートでピアノを弾いて熱唱されていたのが印象的でしたね。
といっても、残念ながら聞いてない、というかた。
この音楽会をお楽しみに!
20150406-03MeiseiFlyer

京都のうたごえ65周年シリーズ
第4回になる同シリーズ。
今回は

福島 想い・つながるコンサート
4月26日(日)
長岡京記念文化会館

20150406-03FukushimaJyosei
今回は、高校生140人と府民200人の「群青」のステージが実現します。
まさに福島の問題が非常に普遍性をもっているという証拠ですね。
20150406-03KyotoFlyer

  • 成長のかけ声で増え貧困が
  • 新聞に花粉情報春は来ぬ
  • 献金がトリクルダウン自民党
    長谷川節

皆さんからの投稿をおまちしております。


東日本大震災から4年目の3・11
うたごえサークルコンブリオ

震災犠牲者を追悼する「鎮魂のひろば」が開催されました。

20150406-10HotLine

沖縄の自然と闘い、この目で
三多摩⇒沖縄

「三多摩保育士うたごえサークルじゃんけんぽん」のみなさんが、故郷に帰った元メンバーに逢いに行くのをきっかけに沖縄ツアー。

20150406-11Tour
辺野古の青い海に浮かぶ赤と白のボーリング工事の台船。そんな環境破壊をこの目でみて、座り込み監視を続ける人々への支援を得意のうたごえでおこないました。 20150406-11Enso
その「元メンバー」の方が故郷へ帰ったということがきっかけになり、沖縄のうたごえ協議会が活動を進めています。
今年は、教育のうたごえ祭典などが沖縄で開催されます。

ひとりでも多くの方が現地を訪れ、百聞は一見に如かず。これが支援の大きな一歩になるのでしょうね。

20150406-11Dote

さよなら原発 被災地復興支援

3・11さよなら原発被災地復興支援市川パレードも数えて4回目。
合唱団プリマベラでは、千葉商科大学の学生さんと一緒に。

20150406-10Ichikawa

檀上さわえが選ぶうたごえ名曲
中央合唱団1期生の檀上さわえさん。いまもお元気でご活躍。
このたび音楽センターから「選ぶシリーズ」第2弾が発売になりました。
檀上さんに「女性のうたごえ」を中心に選曲されたというお話をうかがいました。
20150406-09Danjyo
連載957回
60年
4/6-4/12

心はいつも夜明けだ


「うたごえ70周年への
船出です」
轟志保子
(日本のうたごえ全国協議会
副会長)

前線にも春が来た 大内諒一 (山形センター合唱団 北村山レインボー合唱団)

わりとキリギリス和の芸能「和力」主宰 加藤木朗 第4回山でぇモーニング

ちょうちょ
こっちの水は苦いぞ 沢田研二

20150406-10MiwaSpot
20150406-10Etegami 京都・黒田愛子さん

コメント / トラックバック1件

  1. [...] 本紙2015/04/06号の8面第二特集と2015/03/23のZoomUpで紹介した女性4人組。 ただの4人組ではなく、日本、アメリカ、イタリア、インドからの多国籍メンバー。 [...]

コメントをどうぞ