2015年1月5日・12日合併号

20150105

2015愛知祭典に向けて ぞう5000プロジェクト発進
東山動物園 橋川園長 新春インタビュー

2015年日本のうたごえ祭典in愛知では、企画の一つに愛知で制作・初演の「ぞうれっしゃがやってきた」を5000人で演奏します。

20150105-01Hashikawa
歌の舞台である名古屋市東山動物園の橋川園長さんに作曲者の藤村記一郎さんと一緒に新春インタビュー。
今号の1面、4面でお話を伺いました。

写真は2013年に生まれた小象のさくら。

20150105-04Sakura
2014年9月には国内最大級のゾウ舎「ゾージアム」(3,350㎡)がオープン。ゾウの博物館として、一角にはゾウ列車展示コーナーも作られました。

園長さんも、この曲によって全国に伝わっていったことは本当にすごいことだと驚いています。

20150105-04Hashikawa
橋川園長さんのお話は動物園運営の舞台裏の話などびっくりすることがいっぱい。
また、そもそも動物園とは何のためにあるのか、など興味を惹く話が満載です。
20150105-01Aichi
上野動物園につぎ、来園者数年間220万人と2位。
来園者を多く迎えるための努力の賜物でしょう。

大音楽会会場は1万人の収容能力。これだけの人が全国から集まる機会に、何か一緒に企画したいですね、と藤村さん(写真右)

20150105-04Taidan

被曝・戦後70年 2015
日本のうたごえ祭典in愛知
11月21日(土)~23日(月・祝)
11月22日(日)大音楽会
(日本ガイシホール)
11月21日(土)特別音楽会
(金山市民会館大ホール)
11月22日(日)小音楽会
(日本ガイシレセプションホール)
11月21日(土)・23日(月祝)
全国合唱発表会
オリジナルコンサート
おんプリンちゃん
20150105-06Kaigi 愛知祭典 新春座談会

愛知祭典の呼びかけ人の方々の座談会。
7氏か語る祭典への思いを今号6~7面でお伝えしております。

20150105-06Koide 20150105-06Fujimura 20150105-06Ishiguro 20150105-06Funahashi
小出隆司さん
「ぞうれっしゃがやってきた」原作者
藤村記一郎さん
「ぞうれっしゃがやってきた」作曲者
石黒真知子さん
詩人
舟橋幹雄さん
祭典運営委員長
20150105AichiFlyerTemp 20150105-06Nakagawa 20150105-07Sawada 20150105-07Kurematsu
中山淑子さん
新日本婦人の会愛知県本部文化担当
澤田昭二さん
原水爆禁止日本協議会代表理事、被爆者
榑松佐一さん
愛知県労働組合総連合議長
石黒さん
障害をもった仲間たちと一緒にステージをつくりたい

小出さん
「ぞうれっしゃ・・」は現代の民話

などなど、皆さんの意気込みが伝わります。

20150105-07Miyagi

「ぞう・・」うたう会結成

鹿児島子ども療育センター30周年記念コンサートで「ぞうれっしゃがやってきた」に取り組みました。

20150105-08HotLine

「明日の自由を守る若手弁護士の会」
平和憲法が大きな岐路に立つ被爆・戦後70年。
東京・合唱団この灯の演奏会で特別出演をする「明日の自由を守る若手弁護士の会」”あすわか”の青龍美和子さんを、今号12面の第二特集でご紹介しております。

両親の活動を見て人権弁護士の道を歩んでいるうたごえ二世さんです。

20150105-12Aoryu
父親の青龍静夫さん(写真左端)の若いころは石播労働者合唱団で、母親の節子さんも江戸川保育のうたごえサークルふくじょ草で活動をしていました。 20150105-12AoryuPAPA
この写真は、6月22日に開催された若者憲法集会で上映された紙芝居。この若手弁護士会が作成したものです。

2年前からはじまった「あすわか」ではこのようにイラストを入れて受け取ってもらいやすいパンフレットを作っています。

20150105-12WakamonoKenpoShukai
被爆・戦後70年もたつと戦争体験者から直接話を聞くことが難しくなります。だからこそ、今聞き取り、伝えることが大事と。
更に、青龍さんの世代は現代の戦争も同時代に生きるものとして伝えて行かねばと思う、と若いたくましい力が伝わってきます。
20150105-12KenpoShukai

20150105-04NPTUtahgoeKissa 2015年は、5年ごとに開催されるNY国連本部でのNPT(核不拡散条約)再検討会議が開かれます。
その成功へ、今回もうたごえからも代表団を派遣するための運動が各地で始まっています。
20150105-04NPTUtaukai

NPT歌集「僕のつくる道」をつかって大阪原水協とのコラボでうたう会が実現。
大阪自治労連の仁木さん(写真)は、4歳の息子さんが大きくなった時に核兵器のない世界を実現したいと語っていました。

20150105-05NPT Yamada

神戸市役所センター合唱団の山田さよこさん(写真中央部)、NYKに行こうと決めて3ヶ月。カンパや署名集めに回っています。

20150105-05NPTSato

洛北青年合唱団の佐藤大介さん(写真右から2人目)も早々にNYK行動参加を表明。うたごえ内外の仲間に声をかけて行きますと抱負を語っています。


20150105-10Lark 女声アンサンブルラーク
20周年コンサート

11月29日
所沢市民文化センター

シューベルトから「底力のタンゴ」まで幅広いジャンルを藤本洋さん(ミュージカル集団ギルドq主宰)の鑑賞記

20150105-10OHJinsei OH!人生男声合唱団
20周年コンサート

12月5~7日
名古屋守山文化小劇場

団愛唱歌からダンスナンバーまで観客を引き付ける工夫を浜島康弘さんが解説してます。


うたごえ協議会で力アップ
20150105-09Okinawa

沖縄のうたごえ協議会が再建されました。
県知事選、衆議院議員選挙で「オール沖縄」が躍進。その勢いを協議会再建につなげるような石垣会長からのメッセージ。


20150105-09Kakogawa

隔年で開催されている兵庫のうたごえ祭典、今年は加古川で。「歌を通じて人々と絆を結ぼう」と企画された内容を当番の東播センター合唱団からの報告です。


会長 新春あいさつ
20150105-05Tanaka 日本のうたごえ全国協議会
会長 田中嘉治


被爆・終戦70年の節目の今年、被爆70年を祈念した新しい歌を生み出し、運動に夢と確信を持ち新たな前進の峰を築きましょう。

(全文は5面掲載)

年明けの音楽会によせて
20150105-03Morimura 森村誠一さん(作家)

阪神大震災から20年、東日本大震災から4年。
歌で被災者の精神復興を可能にしようと池辺晋一郎さんと取り組んだのが「阪神大震災鎮魂組曲1995年1月17日」。今年も神戸で演奏されます。

森村誠一・池辺晋一郎を迎えて
わが街よ永遠にコンサート
1月11日
神戸新聞松方ホール

神戸市役所センター合唱団のほか、日本のうたごえ合唱団、KIPLYUが出演

20150105-03Hanshin
合唱団いちばん星
第22回コンサー

1月12日
神奈川・エポックなかはら

第2部みんなでうたおうコーナーには、岩手県大槌町から児童合唱団を招いてます。
20150105-03IhicbanboshiFlyer
合唱団この灯
2015年演奏会
戦後70年-いのち輝く未来へ

1月25日
ティアラこうとう

特別出演に「明日の自由を守る若手弁護士の会」のみなさん。歌とコントで憲法を伝えます。

20150105-03Konohi

  • 安倍ミラー進路が逆に見えている
  • もうすでに安倍さんバクチ依存症
  • 資材も人も東京五輪へ横流れ
    飯田駄骨

皆さんからの投稿をおまちしております。


ホットニュース 熟年カップル誕生

青森センター合唱団では、うたごえ運動で育まれたカップルが誕生。
先日のみやぎ祭典の際に、仲間に事実婚に入るむね報告があり、この日の練習日が祝う会となったそうです。

20150105-08Aomori

連載946回
パーフェクト・マイナス(n+1)


1/10~1/17

Believe

わたしを束ねないで 宮入淳子 (愛知・東三河うたの学校九条うたい隊)


和の芸能「和力」主宰
加藤木朗
睦月のむつけばなし


小村公次の 念願のソコロフを聴く

幸せなら手をたたこう

希望をのせてヒップホップ

ONE ファンキー加藤
ニューヨークの巴里夫
今 あなたと 作詞 高橋雅子 作曲 榊原あきひろ
京都 黒田愛子さん

コメント / トラックバック1件

  1. [...] 2015年新年号でお伝えした沖縄のうたごえ協議会再建でもご尽力されました。 [...]

コメントをどうぞ