2013年5月27日号

20130527

東西・合唱講習会が開催されました。
日本のうたごえ65周年委嘱作品のご紹介
「風を返して 土を返して」
詩 和合亮一
曲 新実徳英(写真右)
「聴く力」
詩 茨木のり子
曲 外山雄三
「わたしの育てた稲」
詩 中野鈴子
曲 池辺晋一郎
20130527-01Niimi
今年は、日本のうたごえ65周年。11月の日本のうたごえ祭典・おおさかで、上記の3作品が演奏されます。西日本合唱講習会では、新実徳英さんの指導で「風よ返して 土よ返して」の講習が行われました。本号の1面特集は、新実さんにお話を伺いました。 20130527-01Nishinihon
この3曲については、5月6日・13日合併号で紹介しております。
おおさか祭典・大音楽会責任者の山本則幸さんが東日本合唱講習会で、3作品を大阪城ホールで全国の仲間と歌いましょう、と呼びかけました。
20130527-05Yamamoto

東日本合唱講習会から
4月20日・21日に東京で開催された「東日本合唱講習会」。
その模様を渡辺享則さん(日本のうたごえ教育部責任者、写真最下段)に寄せて頂きました。
20130527-04Hanahasaku
埼玉合唱団の指揮者、金井誠さんをお招きした合唱講座は、「花は咲く」。祭典歌集掲載の小林康浩版とはちがう編曲でしたが、巧みな指導で好評でした。
(写真上)
20130527-04Kanai
ヴォイストレーニングは、二期会会員の奥野真理子さん。
2011年千葉祭典での合唱発表会での審査員などを皮切りに、近年は奥野さんの指導コーラスも参加してきて私たちとも縁が深くなってきている人です。
20130527-04Okuno
東日本講習会では、委嘱3作品の練習を長野合唱団渡辺享則さんの指導で行われました。
当日初めて楽譜を手にされた方も多かったですが、精力的にまとめ上げました。他に、男声合唱「民衆のうた」(レ・ミゼラブル)などが取り上げられました。
20130527-04Watanabe

西日本合唱講習会から
5月4日・5日に、ご覧の通りのホールいっぱいの307人の参加で開催されました。上述の新実徳英さんをお招きした特別講座。シンプルで無駄のない合唱指導により、素晴らしい時間を共有できました。 20130527-05Nishinihon
合唱のための発声講座は
声楽家田中希美さん。
本紙の記事を読んで、是非、自分も受けてみたい、と思えるような話術+理論だったようです。詳しくは4面で。
20130527-05Tanaka
日本のうたごえ全国協議会の会長で、この歌をつくろうと呼びかけた一人の西恒人さん指揮の「こころひとつに」(写真)、藤井幸枝さんの「花は咲く」などの講習が行われました。 20130527-05Nishi
講習会の途中で、おおさか祭典の企画を紹介するコナーもありました。
おおっ!うたこやんの着ぐるみが出来ているのですね。さて、東西の講習会の次は、6月の長野・全国指揮合唱指導者講習会で、更に学びあいましょう。
20130527-05Saitenbaner

2013メーデー列島をつないだ歌声
5月1日、全国で開催されたメーデー。
前号につづき、各地のうたごえ合唱団から寄せられた通信をもとに構成。Part2
青森うみねこ合唱団は三八地区での集会に参加。新婦人、年記者組合とのコラボで「晴れた五月」「がんばろう」などメーデー歌集をフル活用。 20130527-04Aomori
兵庫神戸青年合唱団は4月28日のメーデー前夜祭「うたうことは生きること」を開催。思いっきり労働歌を歌いました。 20130527-04Hyogo
大牟田センター合唱団は地区統一メーデーで開幕演奏。本誌では、他に、長野・飯田、石川県の様子を通信しています。 20130527-04Omuta

11月2~4日の祭典準備も着々と進んでいます。今週のうたこやんは、宇根岡洋子さん。
河南地域組織担当者です。
大うたごえ喫茶などを開催して、人とのつながりを重視した組織活動を行っています。
20130527-05Utakoyan

憲法集会
5月3日、各地で憲法を護ろうという集会が開催されました。
東京五月晴れの東京・日比谷公会堂。
集会が始まる前、パフォーマンスひろばでは、東京のうたごえのメンバーや、「平和を実現するキリスト教者ネット」などが集会を盛り上げました。
20130527-07KenpoShukai
安倍政権改憲発議の96条を手始めに全面的な改憲に乗り出そうとしています。
そんな中で開催された憲法集会には3,500人が参加。写真は、”おしどりマコ・ケン”による、時世をユーモアたっぷりな掛け合いです。
20130527-07Oshidori

小倉駅前での憲法うたごえアクション。
北九州青い空合唱団は、毎週金曜日に「原発はいらない」行動に参加しています。
20130527-06Kitakyushu

先週号でお伝えした平和行進は5月7日に東京から神奈川に入りました。 20130527-03Hikitsugi
はやり今年のコールは「いいね!」って、今週号のレポーター、国鉄のうたごえサークル三楽の江田さんも太鼓判。特に、東京のうたごえの大熊さんの絶妙なピーストークがいいのですね。2012年6月4日号の平和行進ワンポイントアドバイをもう一度お読みください。 20130527-03Kanagawa

福島の高校生を招いた 合唱団この灯の演奏会
演奏会を聴きに行った人から「よかった!」という声をたくさん聴きました。20周年演奏会
すみだトリフォニー大ホール
4月21日日曜日
20130527-08Iwaki
その模様を、本号8面の第二特集、三輪編集長のレポートでお届けします。福島の高校生、地元の子どもたちの若い息吹を織り込んだコンサートでした。 20130527-08Konohi
福島県立いわき海星高校のチーム「じゃんがら」の「じゃんがら念仏踊り」と合唱団この灯のつながりについては、本紙新年号でお伝えしました。
昨年暮れの演奏会以来の交流が続いていました。
20130527-08Jyangara
平和を歌い続けた20年の歩みを集大成した構成から、フィナーレはご覧の全員合唱に。 20130527-08Finale

「沖縄を返せ」の大合唱
4・28政府式典に抗議する沖縄県民集会に1万人4・28といえば沖縄デー、というのはある年齢以上の人たち。
いつの間に、「主権回復の日」になったのでしょう。
20130527-06HotLine

ことしのKFJは茨城で開催予定です。日本で最初に原子の灯を点した東海村から原発ゼロへと開催されます。関東福島
憲法フォークジャンボリー

8月11日(日)
東海村文化センター
20130527-03Ibaraki
東海村村長の村上さんは、今年のKFJの呼びかけ人のお一人。
「いろいろな切り口で運動を発展させてほしい」と期待を寄せています。今年は、福井・武生センター合唱団から「原発下請労働者」がうたわれている合唱構成「海の軌跡」を関東のうたごえとの合同演奏の呼びかけが寄せられています。
20130527-03Soncho
   連載875回
指の話
    5/24~6/2
   灼けつく渇きで
   耶馬溪復興支援 コンサート 綾 正博 福岡県のうたごえ協議会議長)
   ミニー・エージュ 岩崎あすか 東京・調布狛江合唱団)
   グリーグ・交響的舞曲 パーヴォ・ヤルヴィ エストニア国立交響楽団
   宮城まり子唄の自叙伝
   「あまちゃん」
サントラ盤
   広島へ長崎へ
作詩 すずきたけし
作曲 井澤明宏

コメントをどうぞ