2013年4月15日号

20130415 

球美の里 福島⇔沖縄 子ども保養プロジェクト
フォトジャーナリスト広河隆一さんは、昨年7月、福島の子どもたちを救うNPO法人「沖縄・球美の里(写真下)」をスタートさせました。
これは、被曝地の子どもたちを定期的に受け入れて保養をさせようというプロジェクト。
写真は、沖縄・久米島で外で遊ぶことも水に触れることも制限されない子どもたち。
20130415-01Umi
広河さんは、27年目になるチェルノブイリの原発事故で被災した子どもたちを救うチェルノブイリ子ども基金を設立。
その経験を生かしたプロジェクトが沖縄で進んでいます。
その取り組みを1面・3面で特集しております。
20130415-01House
チェルノブイリ子ども基金に参加した向井雪子さん(写真下左)は、その経験を生かして「未来の福島こども基金」を立ち上げました。
その事業の一つが「沖縄・球美の里」です。
20130415-03KanitoAsobu
チェルノブイリ子ども基金(事務局長佐々木真理さん、写真下右)は、ベルラーシでは国が医療費の補助を行っていますが、日本では、このようなプロジェクトはまだ多くの人の善意だけに支えられる状態です、と語っています。右掲載のような講演会活動を通して、子どもたちの未来のために今できることを訴えています。
20130415-01Mukai 20130415-01Sasaki
向井雪子さん 佐々木真理さん

今週のうたこやんは猪腰あかねさん。
関西アコーディオンクラブに所属。
大音楽会では、アコーディオン大合奏を推進しています。
特に、大阪フォークダンス連盟とのコラボで華やかな舞台を企画しています。
20130415-05Utakoyan

平和の心 NYの市民と
作曲家・安藤由布樹さんが、カンタータ「この灯を永遠に」と「紫金草物語」をニューヨークで公演しました。
場所は、世界最高の芸術の殿堂、リンカーンセンター。全国に呼びかけた参加者は82人(22の合唱団)。8面の第二特集で詳報しております。
20130415-08Lincolin
「この灯を永遠に」

広島の焼け跡の原爆の火を故郷の福岡県星野村に持ち帰った山本達雄さんの物語を謳いあげたこの曲について、安藤由布樹さんの念願の海外公演が実現しました。
20130415-08Konohi
「紫金草物語」

日中関係が複雑な今だからこそ、という思いで、「歴史を忘れず、未来に向かおう」という思いをアメリカ市民に伝えることが出来ました。
20130415-08Shikinso

2013年メーデーとうたごえ
憲法を生かし、くらしと雇用・平和をまもる
2013年メーデー


今年も各地で前夜祭や、関連行動が取り組まれます。
京都メーデー前夜祭
働く仲間のうた広場


京都では、4月27日にメーデー前夜祭を企画しています。
ここでは、おおさか祭典・職場のステージで歌われる「こころひとつに」などを練習する予定。
20130415-04Kyoto
千葉JAL原告支援
駅頭宣伝行動

千葉のうたごえ協議会のうたごえ合唱団3団体、13人が津田沼駅前でJAL原告団の駅頭宣伝に参加。
4月14日の協議会総会ではJAL原告団の方のお話を聞く予定にしてます。
20130415-04Chiba

山梨
重税反対行動とうた

消費税さえなければ」。
これは大熊啓さんが、「冗談じゃない税」(今年のメーデー歌集に収載)と一緒に作った曲。甲府駅北口で行われた重税反対行動で紹介されました。
20130415-05YamanashiMinsho
ああ消費税
消費税さえなければ
今日もまた
仲間がひとり商売をあきらめた
この最後のフレーズをを歌い切る前から、聞いていいた参加者から拍手がおこり、「いや~、よかった」の感想。  

 

20130415-05YamanashiJyuzei

青年革新懇
全国交流集会in広島


この集会では、「若い世代が希望を持てる社会作り」などを掲げて全国から青年が集まりました。うたごえから関西合唱団の小玉さん、ブルースカイの飯田さんが参加。
20130415-05Seinen
アピールでは、おおさか祭典・青年のステージに向けて、地元広島のうたごえの応援も得て、大音楽会の演奏予定曲「夢を語る時」などを演奏しました。 20130415-05SeinenStage

藤沢合唱団は鈴木市政1周年のつどいで「人間の歌」「花は咲く」などを演奏。 20130415-06HotLine

ZoomUp
関西合唱団などいくつもの合唱団に所属する千秋昌弘さん(テナー)がソロコンサートを開きます。5月26日(日)大阪・東成区民センターうたごえ50年、人生70年のうたう議員生活の集大成です。 20130415-03Chiaki

サークル訪問
神奈川のサークル「うたごえ・なん」を訪問。昨年の全国交流会(広島)に初出場。全国協にも加盟しました。 20130415-04Kanagawa
初心者も多いため、コールユーブンゲンを使った基礎練習にも力を入れる、創立8年目の合唱団です。今年もおおさか祭典に推薦を受けて行こう!と張り切っています。 20130415-04KanagawaLesson

サークル・合唱団ミニレポート
中野青年合唱団
(長野)月一回をめどに和太鼓と童謡唱歌で施設訪問などの活動をしています。
20130415-06NakanoShabondama
長野県中野市は中山晋平と高野辰之のふるさと。
二人の作詩・作曲の曲をうたい、「秩父屋台囃子」などの和太鼓を叩いて1時間。
地元にしかkり根付いてます。
20130415-06NakanoTaiko

名古屋青年合唱団
春を呼ぶコンサート
3月16日・17日
名古屋市芸術創造センター二人の音楽家の作品だけのすっきりした企画。
関西合唱団常任指揮者の守屋博之さんの音楽会評を掲載。
20130415-07Nagoya

関西合唱団第97期研究生
ステップコンサート


2月27日クレオ大阪東14人の研究生がやりきったコンサート。
その準備から本番までの道のりが実行委員長の便りに述べられています。
20130415-07StepConcert

  訃  報  
仙台・D51合唱団団長の高橋和彦さんが3月31日くも膜下出血のため亡くなられました。享年59歳。写真 左から5人目。 20130415-06Fuho
連載871回
文字好き
4/20~4/24

みかんの花咲く丘

「底力のタンゴ」のこと
轟 志保子
(日本のうたごえ全国協議会
副会長))
青春 杉浦幸子 (愛知・つなごういのち 守る手合唱団マ・モルテ)
激増している「純喫茶」
ブラックウーマン

コメントをどうぞ