2021年3月15日号

20210315

人はパンのみでは生きられない
今号の1面は、弁護士の岡田尚さん。

お名前は、「もしあなたに出逢ってなかったら」の作詞者として2017年メーデー歌集でお見かけしたのを覚えております。

2020年メーデー歌集のタイトル「しあわせになるために」の作詞も岡田さん。

改めて、この曲への思いを語っていただきました。

20210315-01Okada
1988年の国鉄分割・民営化で労働者の尊厳が押しつぶされようとしている中で国鉄労働者の姿をみてこれまで「もしあなたに・・・」と「人間として、労働者として」の2曲を創ってきました。

「しあわせに・・・」が誕生したきっかけは、国鉄広島ナッパーズに依頼されて作詞。初めて頼まれて創ったということです。

20210315-01ScramStage
そのナッパーズは4月29日にコンサートを行います。

このコンサートはYouTubeでの有料配信もあるそうです。

20210315-01Nappers
そういえば、2020メーデー歌集は、手に取ってみたものの、実際に仲間とスクラムを組んでうたうという場面にはなりませんでしたね。

今年もメーデーも、代々木公園での中央も数万規模というわけにはいかず、屋内で代表者による形式で行われるそうです。

昨年は、YouTubeでのオンライン式典でした。

改めて視聴するのはこちらから。

20210315-01MaydayKashu

核の今、未来を語るビキニ
今年の3・1ビキニデー集会はオンラインで開催されました。

その内容は公開されておりませんでの、うた新紙上再現です。

8面第二特集でご覧ください。

20210315-08BikidayOnline
昨年は、なんと3日前の2月26日に一連の諸行事の中止が発表されました。

墓参行進は中止になりましたが、弘徳院での墓前祭は規模を縮小して行われました。

20210315-08Aichi
今年は、事前準備をしっかり行い、本紙でも告知・募集したように、「青い空は」などのリモート合唱が全国からの参加で取り組まれました。 20210315-08Shimane
20210315-08KuboyamaBozensai 20210315-08Kankoku 20210315-08Nakamitu 20210315-08Noguchi
弘徳院での墓前祭 韓国からの映像 中満泉国連軍縮担当上級代表 野口邦和原水爆禁止世界大会実行委員会
20210315-08PianoKojima 20210315-08Sakata 20210315-08MarcialIslands 20210315-08Shizenhakai
小島太郎ピアノ演奏 坂田雅子監督 ビキニ被災のマーシャル島民 自然破壊が進むマーシャル

働き生きるおもいメーデーと歌
今号はメーデー特集。

様々な切り口で今年のメーデーへの取り組みをお伝えしております。

4~5面では、争議団、組合関係者からの寄稿、メーデー歌の誕生の経緯などをお読みください。

20210315-05Kyosaren
「国のすみずみから」はメーデー50回記念の公募作品に1位になり、今でも歌い継がれています。

作者の浜島さんは「この社会で最も苦労している人の心をこそ歌わねば」と語っています。浜島さんは常々障害者福祉について取り組んでいます。

20210315-05Osozai
20210315-05Iwata 20210315-05HakuideShigoto 20210315-05Hakui
「国のすみずみ」にまで福祉のひかりを届けよう、とこの曲の持つ意味、作詞者の意図をくみ取って、今年も歌いたいですね。

メーデー歌に寄せて
JAL原告団合唱団フェニックスは、メーデー歌集収載の「翼をください」とJAL争議団支援ソング「あの空へ帰ろう」への思いを、争議11年目の中での思いを語っております。 20210315-04JAL
職場合唱団コールラパスの小林さんは、改めてメーデー100年の歴史を振り返り、メーデーで歌われてきた様々な歌について、ご自身の思い出と重ねて語っています。 20210315-04KokyoIppan
印象的なところは、1975年、メーデー会場に届いたサイゴン陥落の知らせ。

思いっきり「自由ベトナム行進曲」を歌ったそうです。

20210315-04Seki
続いて小林さんは、ポストコロナの社会が、非常事態宣言の延長のような管理社会が暗黒面に向かうとこうなるぞ、という寸劇で寄稿を閉めています。

4面下段で探してお読み下さい。

20210315-04GenpatsuMayday

5月から東西での合唱、郷土講習会、創作講習会が順次開催されます。

本紙では、まず全国創作講習会についてご案内します。

20210315-03Mizuno
今年の創作講習会は福井で。

何で福井だろうと、考えますに、やはり最近創作に力を入れているのが福井、ということではないでしょうか?

本紙で連載した連歌を元にチェーンポエムによるに創作熱が一気に高まったようにお見受けします。

20210315-03WorkShopKaijyo
コロナ禍で、なかなか合唱団・サークルの練習ができないので、巣ごもり創作が増えている、というのも聞きます。

皆さんがそういう中で創り溜めた曲を持ち寄りませんか。

開催要項は3面、または全国協HPから

20210315-03OnsenSakamoto

米軍ヘリ市街地低空飛行

山手線の内側に米軍基地があるなんて信じられますか?

毎日新聞がその実態を調査。さすが大手新聞社が本腰を入れると迫力が違います。

3面をスマホをもってお読みください。

20210315-03Mainichi
20210315-03QR01 20210315-03QR02
英語版 米軍ヘリの異常低空飛行 米軍ヘリ首都異常飛行(2)

  • ペロリと七万円計算するほど腹が立つ菅野章
  • アベは妻スガは息子に手をやいてバイオ亭長浜
  • 俯瞰的総合的にダメ政治菅井孝義

皆さんからの投稿をおまちしております。


3・11忘れないリモート音楽会

2022年の団創立60周年を迎える山形センター合唱団。

練習の合間を縫って「合唱団の歴史と展望」の学習会を行っています。

20210315-06HotLine01
コロナ禍で活動自粛が続いていますが、団ブログ、ニュースや本紙の配達を通して連絡を取り合っています。

そのような中で、3・11を忘れないリモート音楽会にエントリー。こちらも楽しみにしたいですね。

20210315-06HotLine02

演奏をきいて
国鉄の闘いの中で様々な歌が歌われ、闘いを励ましてきました。

そんな曲を集めたベストアルバムがこちら。

「大いなる一つの道へ」

20210315-07CD
2019年全国総会(京都)での記念講演をお願いした中田進さん(関西勤労者教育協会)にこのCDについてお薦めの一文をお寄せいただきました。 20210315-07Goteki

連載1229回

発音のちがい


3/15~3/22


桑ばたけ


春は晴れる

-歌ごえも張る-

山本忠生 京都ひまわり合唱団指揮者


(90)思い上がるな


しあわせの歌

鍛冶恭子(京都・立命館大学「若者」OB合唱団)


小村公次

(87)深く優しく語りかける歌たち


Love And Peace
ディー・ディー・ブリッジウォーター


花にこめて

作詞 清水則雄

作曲 藤村記一郎

試聴はこちらから


20210315-07Bunshu

愛知子どもの幸せと平和を願う合唱団

創立43周年記念文集

合唱団の名前にふさわしい歌創りと連帯の取り組み

藤村記一郎

20210315-05Book

「音の向こうに時代が見える」

池辺晋一郎

音楽家ならではの視点から今の時代を見直す

コールさとう(学芸家・大学教員)


20210315-06Etegami

京都・黒田愛子さん


コメントをどうぞ