2020年5月4日号

20200504

組曲「日本国憲法」

今号の1面でご紹介するのは、歌とお話でつづる 増補新版 組曲『日本国憲法』(芸術と憲法を考える連続講座 vol.27 )

まずは、YouTubeでごらんください。

20200504-01Shukai
といっても、2時間38分もかかりますから、新型コロナで、外出自粛の折り、ご自宅でゆっくりごらんになってください。

1983年に林光さんらが、日本国憲法前文と全103条のうち、11の条文に曲をつけて発表されました。

20200504-01Piano
今回、寺嶋陸也さんが加わりさらに作曲・条文を追加して「増補版」になった次第。

それを3月27日に東京藝大の公開講座として取り組まれる予定でした。

しかし、新型コロナのせいで、公開ではなく、収録となり、その全貌がYouTube通して視聴できるようになりました。

20200504-01Ito
前文(林光作曲)の演奏あと、伊藤千尋さんのお話と演奏を交互に。

憲法が作られた経緯などが語られています。

伊藤千尋さんの最初のお話はYouTubeの10分30秒頃です。

20200504-04Ito
私たちが関心のある第9条がどのように描かれているのか。

YouTubeの37分55秒あたりから第9条が演奏されます。

ピアノ伴奏がなんとなくベートーベンの第九の歓喜のメロディであり、それに載せた流れるようなメロディで条文がうたわれています。

その前に伊藤千尋さんのお話が素晴らしいです。スペイン領カナリア諸島のテルデ市の話。本紙5面でもお読みください。

20200504-04Kenpo
更に、第3章に男女平等が取り入れられていますが、これは米国憲法にもない条文だそうです。その辺の経緯もYouTube40分20秒あたりから語られます。

YouTubeの見れない方は、本紙5面に掲載しております。

20200504-05Talk
今回は「芸術と憲法を考える」連続講座のVol27でしたが、実は最終回だったそうです。

2017年12月から藝大上野キャンパスで行われてきました。

これまでの取り組みについてはこちらで

20200504-05Action

既に祭典HP全国協のHPで告知されておりますが、残念ながら当面の祭典、全国合唱発表会、オリジナルコンサート、東西日本合唱講習会・郷土講習会、全国合唱指揮指導講習会(松本)などの開催が延期もしくは中止を余儀なくされています。

8月の全国創作合宿については、現在のところ予定通り開催予定です。

4面で、2020日本のうたごえ祭典inひろしま実行委員会からの祭典延期のお知らせ、また、本年の全国合唱発表会、オリジナルコンサートの不開催についてお知らせをしております。

なお、広島では、コロナウイルス禍が収束して、開催条件が整えば、11月21日(土)に「被爆75年ピース・コンサート(仮題)」の開催を計画しております。

また、3面では、歌声喫茶4店が共同で「迅速な営業補償を求めて」発表した声明をご紹介しております。


ウイルス戦線異状あり
岡大介さんのカンカラ三線については、本紙2014年6月2日号などでご紹介しております。

風刺演歌で人気をはくしております。

20200504-08Oka
そもそも演歌というのは、明治の自由民権運動の中で、弁士が演説代わりに歌ったのが演歌。その後、バイオリンの伴奏が加わり、曲調もヨナ抜き短音階が取り入れられ、いまの演歌になっています。 20200504-08Salon
そうした中で、岡さんは唖蝉坊に代表される元祖演歌にこだわっています。

その関さんに演歌を交えて今の状況を寄稿していただきました。

YouTubeで聞きながら

ウイルス戦線異状あり

ウイルスバイノバイノバイ

8面第二特集をお読みください。

20200504-08Tsudoi

新型コロナウイルス禍下で
Remote Work Orchastraなどで検索すると、YouTubeでいろいろなテレワーク演奏が見つかります。

例えばこちら

日フィルの取り組みですけど、こういうことができるのですね。

20200504-04Mask
今号の4~5面で「コロナで練習休止でも、活動・団員をつんぐアレコレ」特集をしてます。

先週号でご紹介した「愛知の”ネットでうたごえ喫茶”」は大きな反響をいただき、活用されている方、同様の取り組みにチャレンジされている方がおります。

また、広島の山上さんの「心つなごう」をご紹介しましたが、大阪では石若雅弥さんが「うちで踊ろう」をリモート合唱しています。

パート別に録画・録音したヴァーチャル合唱団の結成もハードルが低くなってきているようですね。

在宅で合唱練習という技術ももうすぐそこですね。

20200504-05Manga

4/20号で掲載しました7000余名による人間の虹。

内閣総理大臣安倍晋三殿

外務大臣河野太郎殿

あてに提出されました。

20200504-03NigennoNiji

新型コロナウイルスで外出もままならないとき、じっくり時間を使って、創作、運動の進め方、あれこれ考えたことを交流する場所がほしいですね。それをずばり、詩人・石黒真知子さんのご提案でこの紙面に実現しました。

まずは石黒さんの発句につづいて連歌でつないでください。

過ぎてゆく季節 過ぎてゆく景色

立ちつくす私に 足もとの野の花が呼び止める

変わらずに ここにいるよ

次につづくフレーズを本紙にお寄せください。


  • ウイルスに不要不急の防衛費福家駿吉
  • 国民の苦しみよそに動画撮るムックリ
  • 厚すぎるウソアベアソウの面の皮加山忠

皆さんからの投稿をおまちしております。


故一川君子さんと歌
島根

島根の新婦人の方が松江でのうたごえ再建を目指しています。

最近、NTT女性合唱団の歌集が見つかりました。。

20200504-06HotLine01
その歌集は、去る3月に逝去された一川君子さんの遺品の中にあり、タイトルは「歌って 愛して働いて」。

このタイトルのように、一川さんは素晴らしい歌を沢山作っていたのことです。

この残された歌をきっかけに是非島根でうたごえの再建を目指してもらいたいですね。

20200504-06HotLine02

うたごえ協議会レポート

新型コロナウイルス禍の中で、活動を止めないように新潟県うたごえ協議会は総会を開催しました。

机の座り方も十分な距離をとって・・・

20200504-06Niigata

世界に届け!
東京でのうたごえ新聞拡大の牽引をしている三多摩青年合唱団の箱崎さんが「今を大切に」をYouTubeで発表。今週の紹介曲でも紹介しております。

英語版を娘さんが歌っています。

20200504-07Hakozaki

連載1189回

他の連載の話ですが


5/4~5/17


デイドリーム・ビリーバー


合唱のない日々

守屋博之(日本のうたごえ合唱団音楽監督)


(50)コロナの言葉遊び


「星よお前は」

平井実可(静岡合唱団なかま)


第五話天平太鼓取材

物語・その②

塩原 良


林芙美子も愛唱した

「カチューシャの唄」


Help!Help!Help!Help!

沢田研二・柴田和彦


今を 大切に

作詞 箱崎作次

作曲 佐藤馨

YouTube 本人
英語




20200504-06SpotLight

メーデー歌集


20200504-06Etegami

大阪・大中祥子さん


コメントをどうぞ