2020年4月6日号

20200406

アーサー・ビナードさん

本紙2月24日付の総会特集号でお伝えしたアーサー・ビナードさんの記念講演。その要約が今号の目玉特集。

総会2日目の当日から、「面白かった」というご意見をいただいてましたが、具体的にどう面白かったのかがよくわかる1面・4面です。

20200406-01ArtherVinard
アルファベット26文字で育った外人さんにとって、日本語の難解さは想像に難くありませんね。

でも、中学・高校で6年間も英語を学んでもさっぱり身につかないのは、たかが26文字といっても、その発音は千差万別。

20200406-01Sokai
「A」だけとっても発音の種類は4つ。さらに「OO」が「う」であり、「O]が「あ」であったり、「R」と「L」では全く違うなど、ローマ字読みに慣れた耳には英語の発音は苦労させられましたよね。

外人さんの耳ってどうなっているんだろうと、思います。

20200406-04SignKai
私たち日本人が見過ごしている日本語の知らなかった側面を改めて認識した記念講演。近く発売される季刊日本のうたごえ188号で全文が紹介されます。

お楽しみに。

20200406-04KikiteniMic

コロナ・・・で大変だけど アクション

新型コロナウイルス感染予防のため、経済も文化も委縮しているようですが、そんな中だからこそ、元気に社会問題にアクションを起こすことも大切。もちろん、万全の予防策・安全対策を取ったうえで。

20200406-08Kichi
この間、2年にわたり続けている毎月第3金曜日の国会前。

3月20日もいつものように集まった人々のうたごえが響いています。

20200406-08Kokkai

こちらは毎月第3日曜日アクションの東京・横田基地撤去を求める集会。

密閉されていない、密集していない、密接していない・・・

マスクしてギターを弾いている方も見えますね。

20200406-08Yokota

新型コロナ 自粛休校で現場は
3月5日から全国一斉休校で親も子どもたちも悩みとストレスを抱えています。

各地の様子を4~5面でお伝えしています。

20200406-04Sotsugyoshiki

学童保育の施設設置基準は子ども一人当たり1.65㎡。座布団一枚分というすしづめ状態。

これで「くっつき合わない、喋らない、むやみにうろうろしない」と言われても。

20200406-04Hoikuen

TVで放映されたある学童保育の現場。かなり距離を置いてありますね。

ある公立保育園では、子どもの発熱時の対応、保育士の人員配置など苦労は尽きません。

20200406-05Fukui

こちらの保育士のうたごえサークル。

万が一の時の体制をしっかり準備してうたう会を開催しました。

20200406-05Tanpopo

NPT/NY行動、世界大会inNY うたごえ代表団派遣中止について
今週号の紙面に登場する「コロナ」も文字は28。

それだけ社会的に深刻なダメージを与えています。

そんな中、4月にニューヨークで開催されるNPT再検討会議に合わせて、NY行動、世界大会のニューヨークでの開催など画期的な企画が早々に中止に追い込まれました。

その経緯と今後の課題を、日本のうたごえ全国協議会田中会長から提起されています。

(3面掲載)

20200406-03UN
今号発売には間に合いませんでしたが、3月26日に、原水爆禁止世界大会実行委員会が開催されています。議論は、8月の世界大会に世界各国からの代表者が入国できない、という事態も想定したものに。

世界大会のオンライン化や、国民平和大会開催への都道府県ごとの創意工夫について議論されました。

20200406-03NTPKashu

原発ゼロ~各地のアクション

中止になったことをしらないで「3・8さよなら原発集会」会場に来られた方のお迎えうたごえが行われました。

20200406-03Fukuoka

こちらでは予防対策を万全にとって実施。鍵盤ハーモニカなどこの態勢で「群青」を演奏。

20200406-03Chofu

大阪・八尾では、通行人が行き交う中で、飛沫感染源にならないように、マスクをつけて「群青」を演奏。

20200406-03GenpatsuIran

  • コロナ来てそれでも消えぬ桜の炎菅井孝義
  • まさかです出番の時よ内部留保(あなたたち)老ガイ
  • 赤木の死山崎豊子に書かせたい浜田与志海

皆さんからの投稿をおまちしております。


歌を力に100回目

福島応援 On Songの街頭活動はこの日で100回目。

2011年12月11日から毎月11日に雨の日も、風の日も歌い、訴え続けてきました。

20200406-06HotLine01
Songに乗せて福島を応援しようというこの企画、重度ALS患者の佐々木公一さんの呼びかけて始まり、多くの賛同者に支えられて、新型コロナウイルスが蔓延する中でも歩みを止めていません。但し、注意深く! 20200406-06HotLine02

カジノはいやや!

盆踊り風の曲調の創作曲「カジノはいやや」でカジノ誘致反対を訴えました。

2015年のオリジナルコンサートで苫小牧わたぼうしが「カジノいらない音頭」を発表してますね。

こちらは創作センターからもお聞きいただけますよ。

20200406-06NoCasino

歴史の検証

まずはYouTubeでご覧下さい。

戦前の長野で治安維持法による教育現場・労働運動への弾圧事件、二・四事件を学ぶ集会でざざむしが演奏しました。

20200406-07Nagano

連載1185回無観客試合


4/4~12


あそび虫のうた


必ず活かす!

渡辺享則(日本のうたごえ全国協議会副会長)


(46)聞き間違えにご用心


「統一列車はゆく」

村上正幸(北海道・函館トロイカ合唱団)


第四話天平太鼓取材

物語・その①

塩原 良


最北端に訪れた春を喜ぶ

「宗谷岬」


見上げてごらん夜の星を

Pray for Japan




20200406-06Futenma

普天間かおり

沖縄民謡CD


20200406-06Etegami

大阪・志賀民江さん


コメントをどうぞ