2019年4月1日号

20190401

暮らしを壊した原発事故への闘いの灯
20190401-01kariokiba
東日本大震災と福島原発事故。これにより強制的に故郷を離れざるを得なかった人々は原発20km圏内で47万人。

全国約30カ所に分かれた12,000人が各地で東電と国に被害・損害賠償を求めて集団訴訟を起こしています。

20190401-01Tadano
右写真の方は、先の70周年祭典のPeace Festaの「原発いらないステージ」で原発避難者の実情を涙ながらに訴えられた原発かながわわ訴訟原告団事務局長の唯野久子さん。

改めて1・4面掲載の被災当時のこと、それからの避難生活のこと、そして将来への不安など、胸につまされる記事です。

20190401-04Tadano
特に、福島で会社経営をしていたパートナーと8年間も別居生活。いろいろと事情もあるでしょうけど、こんなところにも原発災害の非人道性がありますね。 20190401-04PeaceFesta
それにしても裁判の過程で「被曝」の因果関係が話題になってますが、これも実に深刻な問題です。 20190401-01Jyosen
水俣、原爆、公害などの救済裁判ではいつも因果関係と線引き。賠償額を低めに抑えたい被告側の常套論理ですね。

こういう方々を支援する動きは全国に。その取り組みは今号4~5面に展開しております。

20190401-01Shashin

佐賀のうたごえ協議会発足!
佐賀県内の3つの合唱団がうたごえ協議会を結成しました。

今号の8面第2特集では、協議会結成までの道のりをまとめました。

20190401-08Setsuritsu
3団体とはいえ、どうしてどうして2016年のうた新まつりin佐賀では「悪魔の飽食」の演奏、そして今年9月には再び池辺晋一郎さんをお迎えして「こわしてはいけない~…」に挑戦。意欲的ですね。 20190401-08Akuma
佐賀というと、本紙2018年10月1日号のズームアップに登場した声楽家の松本康男さ

ん(下段左から2人目)。野球少年だった松本さんが下駄をはいて合唱コンクールの助っ人で舞台に立ったのが音大進学のきっかけという爆笑記事。覚えておられますか?

20190401-08Yakuin
20190401-08Matsuda 20190401-08Matsumoto 20190401-08Mizugashira 20190401-08Ogusa
松田さえ子会長

コールぽけっと

松本康男さん

声楽家

水頭順子さん

声楽家

大草秀幸さん

「悪魔…」佐賀団長


3・11鎮魂 原発ゼロへ

先週号に続き各地の取り組みを特集

北区では毎年「さよなら原発in飛鳥山」が開催されており、第1回から開幕前にうたごえタイムが設けられています。

今年は70周年祭典でも取り上げられた台湾の「子どもの大空」を演奏。

20190401-04Oji

3・11バイバイ原発きょうと

今年の2019年祭典のプレ企画として180人で群青を演奏。

11月30日の音楽会1(11:00~12:30)で「群青」を取り組みことは先週号のZoomUpでお伝えしましたね。

20190401-04Kyoto

原発のない新しい福井へ

3・11メモリアルアクション

こちらでも「子どもの大空」。

メインスピーチに元自民党幹事長の中川秀直さんが登壇。

えっ?とおもう注目の発言内容は4面でご確認ください。

20190401-04Fukui

石巻地区「住まいと復興を考える会」主催の

第6回3・11鎮魂の広場

うたごえサークルコンブリオは追悼式前の文化行事を初回から出演してきました。

20190401-05Combrio01
コカリナ演奏に続いて、70周年祭典で取り上げられた「フクロウの独り言」などを演奏して参加者から感動の励ましをいただきました。 20190401-05Combrio04
2時46分にはサイレンにあわせて黙とう。

あいにくの雨でしたが、お焼香をして集いは終了しました。

20190401-05Combrio03

3・11福島・東北を忘れない

第一回春を呼ぶコンサート

長野合唱団ほか17団体の参加により、「ぞう」など合唱で被災地に笑顔を取り戻そうと取り組まれました。

20190401-05Gunjyo

第9回東日本大震災復興支援チャリティうたう会

フクシマは終わっていない

こちらでも原発賠償関西訴訟原告団を招いて当時のお話から「原発は廃止に」の思いを強くしました。

20190401-05Osaka

2019メーデー歌集
今年もメーデー歌集が3月1日に発売されました。

掲載曲などはこちらをご覧ください。

早速、兵庫と北海道から手に取った感想が寄せられました。

20190401-03MaydayKashu

南部合唱団のメーデー歌集の普及は毎年4ケタを達成!

冗談じゃない税!」は時節柄受けますよね。

20190401-03Nanbu

3月21日に統一地方選挙前半戦がスタート。まず大阪をはじめとした11道府県の知事選から。

こちらでは都構想をごり押しする大阪は目が離せないですね。

20190401-03Osaka

安倍9条改憲NO!3000万署名
1年前の4月に1500万人を到達したこちらの署名。

みなさんはもうされましたか?

うたごえでは一人が5筆を目標に進めている3000万人署名。

これを更に進めようと、「戦争法に終止符を!音楽人の会」第4弾が企画されています。

6月3日(月)

東京労音R’sアートコート

詳細は続報。

(概要は3面で)

新ビラ_9条

  • 安倍首相言葉とやることあべこべだ
  • 統計の不正隠して功労賞?(厚労省)

    古都のハマちゃん

  • 腹立つが腰が立たないくやしいな

    山本由紀子

皆さんからの投稿をおまちしております。


盲学校での交流会

男声合唱団どんぐりが、新潟の盲学校の生徒さんの合唱との交流会を行ってきました。

20190401-06HotLine

演奏・うたう会から

3年前から江東区で開催しているうたう会も今回で14回目。作業所の仲間も含めた8団体が参加して楽しそうなミニレポートは6面で。

こうした日常活動が70周年祭典の障害者のステージに結びついたのですね。

20190401-06Koto

連載1141回

インタビュー


4/1~4/7


若いってすばらしい


うたごえ喫茶

木村泉

(山形センター合唱団)



(8)落語の時代と平和


「人間の歌」

長谷川好枝

(北海道・苫小牧うたごえ

サークルわたぼうし)


和の芸能「和力」主宰

加藤木朗

第52回「電撃婚」


絶望から立ち上がった歌

「私の愛した町」


「人として」

作詞 西恒人

作曲 たかだりゅうじ

演奏試聴はこちら




センターブックレット

シリーズ②

「忠やんのうあごえ旅日記」


20190401-06Etegami

大阪・子寺富美代さん


絶賛発売中

頒価1200円

申込書は上をクリック


2019年

メーデー歌集

コメントをどうぞ