2019年3月25日号

日本語の歌が韓国国会議事堂にひびく
すごいプロジェクトが成功しました。

先の全国合唱発表会一般の部Bで金賞TOPをとった埼玉合唱団の快挙と言っていい話題です。

経緯は今号1面の特集でお読みください。

20190325-01Korea
上の写真は、韓国の国会議事堂前の野外特設ステージ。

いつも思うのですけど、韓国のステージって、日本のアイドルコンサートのステージ並みの仕掛けを持ってます。

20190325-01Tate
人件費やコストが安いからできるんだ、ということを聞きますが、それだけではないような気がします。

埼玉合唱団の次のコンサートでは、ステージの仕掛けにもこんな経験を取り入れてもらいたいものですけど…

20190325-01Gasshodan

ジェンダー平等へ歌の力も

3月8日、東京、北海道での女性デーの取り組みを8面の第二特集で。

世界各国の女性デー、21か国ではこの日を公式の休日にしています。(中国などでは女性だけ休日に)

20190325-08JyoseiDay
ベトナムなど7か国では、休日ではないものの、広く国民に認知された日になってます。ルーマニアなどでは、母の日のように、子どもたちが母親や祖母にプレゼントするという習慣も。

しかし、わが日本での認知度は?

20190325-08ShohizeiNo
女性の議員数、会社での役員数など女性の社会へ進出度合いを示すジェンダーギャップ指数というのがありまして、日本は、110位に。

これは世界196か国中ではなく、調査対象になった149か国中です。G7の中ではもちろん最下位。

20190325-08Parad

なんででしょうね?

今年は、男女共同参画社会基本法ができて20年目。

なんで、「男女平等参画」じゃないのでしょう?

こんなところに、日本でのジェンダー平等への取り組みの遅れがあるとおもいます。。

20190325-08Hokkaido

フクシマを忘れない原発ゼロへ
3・11から8年。

この日を前後に各地で、さまざまな取り組みが行われました。

東京では3月9日に上野水上音楽堂で「福島を忘れない3・9全国集会」が開催されました。

20190325-04Parad
こういう集会で、へ~っ!と思わる発言が飛び出すことがあります。

今回がまさにそれで、4面記事のなかに書かれていますので、お見逃し~いや、お読み逃しのないように。

20190325-04GenpatsuZero
特に、落語家の立川談四楼さんのスピーチが笑えます。さすが落語家さん! 20190325-04Nakukse

こちらは長崎からの通信記事。

同じ3月9日に「フクシマを忘れない!再稼働反対!さよなら原発ナガサキ集会」が開かれました。

20190325-05Nagasaki
集会のオープニングでは、先の祭典での演奏曲「子どもの大空」などが演奏されました。

この曲、祭典後にじわじわとうたわれる機会が増えているようですね。

20190625-05Opening

「3・10原発ゼロ・震災復興をめざす奈良のつどい」。

つどいの第1部は奈良のうたごえが企画・運営をするチャリティコンサート。

こういう貢献もあるのか、と参考になる記事です。

20190325-05Nara

「原発ゼロへのカウントダウンinかわさき集会」

各地は集会名称にも頭をつかっているのですね。

今号では、他に千葉県の様子も掲載されています。

20190325-05Kanagawa

19春闘へ

3月13日に一斉回答日があった今年の春闘。

前年割れという状況ですが、それに先立つ3月3日にJMITUが西日本で金属労働者のつどいを開催。

うたごえの演奏時間も増えたそうです。

20190325-04Kokonitatsu

歌い継がれる「群青」

今年8回目を迎えるHarmony for JAPAN。合唱で復興支援をしています。

2015年の愛知祭典で感動を呼んだ「群青」は、2013年に開催されたこのコンサートが初演だったそうです。

20190325-03Gunjy
今年の京都祭典でも「群青」が取り組まれます。

その中心になっているのが、指揮をされた本山秀毅さん。下記の西日本合唱講習会でも、講師陣のおひとりとしてお迎えしております。

20190325-03Motoyama

5月5日~6日

滋賀・大津、ピアザ淡海(ピアザホール他)で開催されます。

詳細はこちらから

20190325-04Choir

20190325-04Asai 20190325-04Nogami
浅井敬壹さん

大地讃頌

野上貴子さん

声楽講座


箱崎さん、印度から帰国
三多摩青年合唱団の箱崎先生が、二年間のインド補習校での勤務を終え帰国されました。

4月20日に地元国立市で報告コンサートを予定しております。

20190325-03Kikoku
この二年間で箱崎先生から送られてきた「天竺通信」は177号に。

全部は紹介できませんでしたが、チェンナイでの活動が目に浮かぶ記事でした。

この度、イズミヤ出版からも出版されました。

副題がいいでね。

「シニアもまだまだ海外で働ける」

20190325-03Tenjiku

  • 寄添うと言って総意を突放し

    菅井孝義

  • テンパーに白黒つける4月かな

    春野一郎

  • 保釈されゴーン狐は化けました

    ムックリ

皆さんからの投稿をおまちしております。


石川9条おんがく隊
12/24に結成された石川9条おんがく隊。
その経緯は、本紙1/21号のこの場で。

そして、いよいよ2/11にデビュー演奏が実現。

本欄再登場です。

20190325-06HotLine

須磨うたう会は、地元紙の行事案内に開催告知をしたところ、ご覧のような効果が。

宣伝媒体を使わない手はないですね。

20190325-06Hyogo

八戸のうたごえ喫茶。

こちらも地元紙の催事欄に掲載されたこともあり、この盛況。

20190325-6Aomori

原やん

すてきな握手

出版記念ランチタイムコンサート

2月13日

大阪・小町森ノ宮

ベジ畑カフェ

20190325-07Harayan

ピアノ・アコーディオンの音にのせてうたう会

2月16日

山形県東根市まなびあテラス

忠やんが山形まで飛び入り伴奏をされたそうです。

20190325-07Yamagata

連載1140回

沖縄県民投票


3/25~4/1


船頭小唄


未来に形を示す

愛知のうたごえ70周年

レセプションは

舟橋幹雄

(日本のうたごえ全国協議会

副会長)



(7)あほらし屋の鐘が鳴る


「折り鶴」

山本辰見

(愛知・合唱団知多)


「NIAGARA CONCERT’83」


エンターテイナー木下香奈


「原発ゼロの社会にしよう」

作詞 おおかわうたう会

作曲 こばやしちさと

補作曲 山田敏夫

演奏試聴はこちら


20190325-03Chuyan

山本忠生

うたごえ旅日記


20190325-06Etegami

大阪・志賀民江さん

コメント / トラックバック1件

  1. [...] « 2019年3月25日号 [...]

コメントをどうぞ