2018年7月2日号

20180702

真実は沈まない

オスプレイ飛ばすな 6・5首都圏行動

横田基地にCV-22 オスプレイの配備決定が, 4 月 3 日に突然発表されました。そして,その2日後には5 機の CV-22 が飛来し一週間以上も居座っていました。

20180702-01Hibiya
そのオスプレイ飛ばすな!首都圏行動がおこなわれ、その詳細を東京のうたごえ協議会大熊事務局長が1面でお伝えしております。

横田基地は6市町にまたがり、総面積は約7.13?。これは大熊さんが住んでいる東京・狛江市より広い規模です。

20180702-01Okuridashi
この日歌われたのが「真実は沈まない」。

楽譜音源はこちらで。

日本語詞は「闇は光に勝てない」という訳と、「光は闇に負けない」という訳があります。後者の方がポジティブですよね。

20180702-01NoOspray

東日本合唱講習会が開かれました。

発声講座、合唱講座を二日間びっしり。

おまけに、開講前には音取りレッスンもあり、素晴らしい講師の技術指導を受けることに専念できる特典も。

20180702-08GasshoKoshukai
圧巻は岩崎さんの発声講座。

オペラ歌手だけあって、その発声量は半端ないもの。

こうやって、って言われてはいそうですか、って出るものではないと思いますが、参加者のみなさんのモチベーションが上がったことでしょう。

20180702-08Lesson
20180702-08Sakai 20180702-08Iwasaki 20180702-08Watanabe 20180702-08Akasaka
酒井崇さん

(2日目合唱講座)

岩崎由美恵さん

(発声講座)

渡辺享則さん

(合唱講座)

赤坂有紀さん

(1日目合唱講座)

この時期、70周年祭典への企画構成の準備が終盤を迎えてます。

この機会に、参加者のみなさんに、70周年祭典へのイメージを膨らませていただくアピールも行われました。

20180702-08SaitenAppeal

7月21日~22日

神奈川・上郷・森の家

今年もチューターには

木村泉・斉藤清巳・高田龍治・高畠賢・藤村記一郎・武義和・長森かおる の各氏にご協力をいただいた強力な布陣です。

20180702-03Tuter
以前は、創作合宿としてました。文字通り、合宿で夜を徹して創作のだいご味を満喫してました。

参加者も、愛用のギター、ミニ鍵盤、パソコンなどを持ち込んで創作。

20180702-03Happyo
近年は、講習会形式となり、初心者もうたごえ創作の楽しさを味わえるような形式になっています。 20180702-03Charinko

平和大行進 うたごえリレー

東京→広島コース

名古屋市内では、障害者の仲間と一緒に行進。

「おくりもの」のうたごえがぴったりのほほえましい光景です。

20180702-03Aichi

北海道→東京コース

青森センター合唱団は、送り出しで、太平洋コース、日本海コースに分かれる行進する人々を激励しました。

20180702-03Aomori
盛岡

梅雨のこの時期、雨は避けられませんあ、それでも通し行進者の山内金久さんはお元気にトランペット演奏。

20180702-03Morioka

和歌山→広島コース

「真実は沈まない」を歌いながら、「安倍政権は早く沈め」と。

20180702-03Mie

高橋正志さん ありがとう
5月1日、大阪での講演会の途中に突然帰らぬ人となった高橋正志さん。

6月14日、お別れ会が開催され、参加した皆さんから、思い出をかたり、献奏をし、故人をしのびました。

20180702-05Iei
20180702-05Ikebe 20180702-05TAkeuchi 20180702-04Akashi 20180702-04Tanaka
池辺晋一郎さん
(作曲家)
竹内正彦さん
(全国協事務局長)
明石武美さん
(文団連代表幹事)
田中嘉治さん
(全国協会長)
ナターシャグジーさんは、バンドーラで「コトリャレフスキ―レイクイエム」を献奏。 20180702-04Natasha
池辺晋一郎さん指揮による、混声合唱組曲「こわしてはいけない~無言館をうたう」から第6曲「抱きしめよう」を。

事前に一回だけの音あわせて、素晴らしい演奏ができるほどに、この曲も私たちのものになっていますね。

20180702-05Kowashitehaikenai
国鉄のうたごえのみなさんは、「人間の歌」と「俺たちの歌」。

多くの言葉より、涙を誘う曲でした。

20180702-04Kokutetsu
中央合唱団はピアノとアコーディオン伴奏で「わが母のうた」を献奏。 20180702-04ChuoGasshodan
20180702-04Ohta 20180702-04Suzuki 20180702-04Ootsuru 20180702-04Makino
太田真季さん
(ソプラノ歌手)
鈴木太郎さん
(詩人会議)
大津留公彦
( 新日本歌人協会)
牧野こずえさん
(新劇人会議世話人)
20180702-05Watanabe 20180702-04ZeninGassjo
お別れ会の最後は、全員合唱で「花をおくろう」。

遺族のみなさんも一緒に声をそろえたうたごえはきっと高橋正志さんに届いたことでしょう。

詳細を4~5面でお伝えしております。

20180702-05Izoku
パートナーの高橋一美さんから遺族のごあいさつ。

お一人お一人のごあいさつ、追悼文をすべて掲載することはできませんが、今号でうたごえのこれまでが凝縮された要旨にまとめております。是非、ご一読ください、と三輪編集長からのひと言。

あまりにも突然の悲報。また76歳という若さ。

改めて、高橋正志さんのご冥福をお祈りいたします。

20180702-05Takahashi

70周年祭典 増列車で行こう
6月26日に全国組織活動者会議が東京で開催されます。

その前に、全国各地でうたごえ新聞の拡大運動が起こっております。

70周年祭典開催地の東京でもうた新、賛同金の取り組みに拍車がかかっています。

北区新婦人コーラスローズウェーブの大橋真理子さんも、北部のうたごえ協議会19団体が力を合わせて目標達成に頑張っています。

20180702-04Zouressha

  • ねつ造のデータで作る過労死法
  • アメフトもモリカケ倣いトップ逃げ

    長谷川節

  • 30万誰が買うのか入場券

    ムックリ

皆さんからの投稿をおまちしております。


第1回うた新カフェ

団外の本紙読者の交流カフェが開催されました。

こうやってうた新の魅力を発信して頂いて感謝です。

20180702-06HotLine

神戸市役所センター合唱団

「みどりのコンサート」

4月29日

神戸新聞松方ホール

みどりの日に環境団体「アースデーひゅうご」と共催。今年で27回目。

渡辺享則さんの堪能したという鑑賞記は7面です。

20180702-07Midori

連載1107回 「脚本家という仕事」
7/2~9
パリの屋根の下
みんなのために 木村泉 (山形センター合唱団)
①笑いの都・大阪の原点
「さよなら大好きな人」 三田寺正恵 (岐阜・多治見親子うたう会、 多治見うたごえ連絡会)
和の芸能「和力」主宰 加藤木朗 第43回 業界用語く
求婚のやりとりを歌う 「安里屋ユンタ」
ビジョンの狩人カバー

ビジョンの狩人

合唱・和太鼓・笑いで描く

「うたごえワールド」

20180702-06SpotLight「泣いて笑って」 まっちゃんのつながりあそび・うたシリーズ
20180702-06Etegami 京都・黒田愛子さん

コメントをどうぞ