2017年9月25日号

20170925

安倍9条改憲NO!
2006年に誕生した第一次安倍内閣。以来、
教育基本法を改悪し、
防衛庁を省にして、
憲法改正のための国民投票法をつくり、そして、
今の内閣になってから、
秘密保護法、
戦争法、さらに
徴兵制をやりやすくするマイナンバー制など、
着々と9条改憲への歩みを進めてきました。
そんな安倍政権の危険な動きにSTOPをかけようと、市民アクションが動き出しました。
20170925-01AbeYurusanai
今号1面では、そのキックオフ集会の様子をお伝えしております。

さて、うたごえでは、これに呼応したどんなアクションがとれるか、次号以降で提起してゆきます。

20170925-01Kaijyo
20170925-01Hama 20170925-01Teruoka 20170925-01Kamadta
浜矩子さん 暉峻淑子さん 鎌田慧さん
20170925-01Stage 20170925-01Sako
そうそうたるメンバーの迫力あるスピーチ 佐高 信さん
20170925-01Kayama 20170925-01Ochiai 20170925-01Takano
香山リカさん 落合恵子さん 高野 孟さん

南部のうたごえ祭典
東京・南部地域というと、品川区、大田区、世田谷区をカバーする広大な地域です。
そこに3年前に「南部のうたごえ協議会」が設立されました。
今号8面第二特集はその祭典の模様を同協議会会長加山さんからの報告で構成してます。
20170925-08KyujyoGodo
面白い企画は、記事中にはさりげなく書かれていますが、JAL、国鉄、港湾による働く仲間のステージ。
これって、陸海空の合同じゃないですか!

この地域では、羽田空港の増便により、飛行ルートが東京タワーより低い高度で都心上空を飛ぶ、という問題を抱えています。

20170925-08nanbu
一輪車で華麗な演技を披露する子どもたち。
この子どもたちに住みよい東京を残すためにも、安心・安全な東京にしてゆきたいですね。
20170925-08Ichirinsha


「自転車で今日も走るヘルパー」

9/23の全国医療のうたごえ祭典(福島・郡山)でも取り組まれます。

20170925-05AichiSaiten
はたらく者
「人間として労働者として」
「大人になる…拒絶する」
「もしあなたに出逢ってなかったら」

福井の斉藤清巳さんが全国合同への呼びかけを行っています。
20170925-05JAL

広がれうた新の輪
うたごえ新聞読者を拡大するために全国の支局長が集まり、知恵を出し合い、勇気づけあいました。
神奈川、大阪、兵庫での実践経験を4~5面で紹介しております。
各氏が本紙をどんな目線で読んでいるのか、なかなか面白い体験が記載されています。
20170925-05ShikyokuKaigi
20170925-05Nishimoto 20170925-04Matsushima 20170925-04Kono
兵庫・西本さん 大阪・松島さん 神奈川・河野さん
うたごえ新聞は うたごえ運動の「衣食住」
田中会長の閉会の挨拶でこのように述べました。
うたごえ運動に必要な
衣:身にまとう歌
食:栄養補給のうた新
住:サークル・合唱団
という次第。
是非、みなさんも本紙の読者をご紹介してください。
20170925-05Tanaka

よっちゃんの歌

京都のうたごえ運動のかなめだったよっちゃんこと四柳英明さんが去る8月15日逝去されました。
、「よっちゃんの歌~うたごえ50年~よってたかってコンサート」を準備していたのですが、昨年の愛媛祭典後に体調を崩して、コンサート本番を見ることなく…

20170925-03Yocchan
よっちゃんは、立命館大学二部やねうらコーラスを原点に、京都ひまわり合唱団、山科うたう会の設立などに携わり、京都うたごえ協議会議長、副議長を歴任されてきました。
9月30日の本番を迎えられず、本人も無念だったと思います。
20170925-07YocchanFlyer
その意味で、コンサートの準備を進めてこられたみなさんは、よっちゃんのうたごえに込めた思いを実現しようと、うたごえの仲間、遺族のみなさんと心を一つにして頑張っているとのことです。 20170925-03Beergarden

信濃のうたごえ祭典

第51回信濃のうたごえ祭典in長野
うたって元気!~つなごう手と手 つなごう 心
9月30日(土) 合唱発表会
10月1日(日)大音楽会
若里市民文化ホール

20170925-03ShinanoFlyer

九州のうたごえ祭典

2017九州のうたごえ祭典in大分
うたごえは生きる力 人生のみちしるべ
10月7日(土)合唱発表会
10月8日(日)大音楽会
iichiko音の泉ホール

20170925-03KyushuFlyer

  • 核の傘さして渡れば橋落ちる
    古都のハマちゃん
  • 棘や毒現れ始め都ゆり
    長谷川節
  • 海越えて飛ばしあうのは誰のカネ
    ソメヤ荘

皆さんからの投稿をおまちしております。


さいたまで歌を創る会

埼玉のうたごえが創作講習会を開催。
山形センター合唱団の木村泉さんをお招きして、座学と実践と交流の一日でした。
20170925-06HotLine

日本のうたごえ70周年記念
6人の作曲家によるニューアレンジ曲集
みんなのうた
関西合唱団の指揮者、山本惠造さんは、今年のコンサートで、「わが母のうた」「おくりもの」「機関車のうた」「町」の4曲を取り上げたいきさつを語っています。

特に「わが母のうた」「町」ではさらにひと工夫をくわえているとか。
4面コラムでお読みください。

20170925-04Minnanouta

スカイツリーの足下でうたごを響かせて署名活動を行いました。
ギターとウクレレに誘われるように92筆が集まりました。

20170925-06Tokyo

千葉県うたごえ協議会ではアコの流れにのせて29筆。これまでの累計が699筆になりました。

20170925-06Chiba

福島訪問

うたごえサークル青梅麦笛

2合唱団のコラボで福島を訪問して歌う会を行ってきました。

20170925-07Kasetsu
記事の中で面白かったのは準備のための宣伝活動。
前の日に歌う会を知らせるチラシを歌いながらポスティング。
交流の部、オリコンなどでおなじみのパフォーマンス集団「麦笛」らしい姿が目に浮かびます。
20170925-07Kaijyo

うたごえ運動70周年記念事業展開
来年のうたごえ運動70周年を記念した取り組みが様々企画されています。
ニューアレンジ集の発行からこれからもいろいろと記念出版、記念イベント計画されています。
その企画のアイデンティティとしてロゴが決まりました。

是非、コンサートのチラシなどにご活用ください。
印刷用データは全国協に請求してください。

0-Utagoe70Logo
8月21・28日号でお伝えした70年企画の全容。
そのうちのひとつが本紙万燈祭。
みなさんの名刺広告で紙面をいっぱいに。
詳細、お申し込みは右チラシをクリックしてダウンロードしてください。

みなさんからの参加をお待ちしております。

0-Utashinmantosai

連載1072回 お二人の死
9/25~9/30
人間として労働者として

「たんぽぽ」 大森正樹 (東京・にんたま合唱部)
クミコ デビュー35周年
大物歌手の予感、丘みどり
「スマホに子守をさせないで」
作詞・作曲 佐藤千鶴
演奏はこちら
20170925-06Etegami 兵庫・岡本ちか子さん

コメントをどうぞ