2017年3月20日号

20170320


いしかわ・北陸祭典のチラシに使われている
友禅染絵の作者 志田弘子さんにインタビュー
すでに皆さんのお手元にも行っていますね、この祭典チラシ。
ここに描かれている何とも言えない優雅な絵ですが、チラシには「染パネル」と書いてあるだけ。それだけにどんな絵なんだろうと想像を膨らませていました。
それが友禅だったのですね。
20170320-01IshikawFlyer
この方が、友禅染絵の作者、志田弘子さんです。
今年の祭典では、チラシの絵、祭典イメージソング「いのちの未来へ」の詞を頂いております。
そして、祭典のよびかけ人にもお名前をいただいております。

友禅染絵とはどうやって作るのか、花鳥風月といった友禅工芸の世界にどうやってこのようなモチーフを持ち込んだのか、今号の1面・4面でお読みください。

20170320-01SHida
20170320-04LittleBird 20170320-04Onitonaritemo 20170320-04Hajimemshite
染絵「リトルバード」
イラク戦争で犠牲になった子どもらが鳥になって空を飛ぶ絵
染絵「鬼となりても」
福島第一原発事故で国と東電に賠償を求め闘う女性の絵
染絵「はじめまして」
今回は、祭典運営委員長中村昭一さん(下4枚目)、事務局長の小林勉さんに同行をおねがいして、能登・七尾の工房にお邪魔しました。 20170320-01Kobo
工房は能登半島の東側にありますが、たった10kmの西側にあるのが北陸電力唯一の原子力発電所志賀原発です。
志田さんは、「志賀原発を廃炉に!訴訟」原告団のひとりに名前を連ねています。

この機会に改めて祭典のイメージソング「いのちの未来へ」をお聴きください。

20170320-04KoboMae

大音楽会・特別音楽会の企画案が決まりました
先日の全国総会の後に開催された第1回祭典全国実行委員会。
ここで、日程案、企画案が提起されました。
今後、数々の議論を経て確定されますが、まずは第1報です。
第4面~5面でご確認ください。
20170320-05JikkoIinkai
大音楽会の主な企画案
(一部)

  1. ぞうれっしゃ 20分版
  2. クミコとうたう女声合唱団
    うまれてきてくれてありがとう
  3. 梅原司平と歌う合唱団
    折り鶴
  4. 女声合同
    おくりもの
    私たちが進みつづける理由
20170320-04Nakamura


沖縄の闘い支援ツアー
20170320-08Gatemae
埼玉合唱団は、沖縄公演を実現しようと団総会で決議。
その準備のために沖縄の闘いを支援するツアー第1回を行いました。

この写真のように団員が機動隊にごぼう抜きされながらも公演実現に向けて体を張った現地支援を行っています。

20170320-08Kitazume
詳しくは今号8面の第2特集で。
この写真は、沖縄タイムズに掲載された同団の演奏シーン。
ご存知のように、埼玉合唱団は、全国合唱発表会一般の部B(25人以上)で金賞の常連合唱団。
20170320-08OkinawaTimes
先日も、昨年11月のコンサートの模様を収録したCD(2枚組2,000円+税)をリリース。
聞かせていただきましたが、レパートリーも広く、なかなか聴きごたえのあるCDでした。
ご希望の方は音策センターまで。
20170320-08Yosegaki
20170320-08ALSOK

被災63年3・1ビキニデー
今年の3・1ビキニデーは、ヒバクシャ国際署名が進むなか開催されました。
地元、静岡のうたごえ協議会からのレポートを3面でお届けしております。
20170320-03BikiniDay
この写真は、第二部の文化企画で、常葉学園短期大学音楽科卒業生中心に結成された「カンティアーモ常葉」。
県芸術祭、アンサンブルコンテストで金賞を獲った実力派。
演奏曲は、「一本の鉛筆」「青い空は」のほかに、あの懐かしい「ねがい」
20170320-03BunkaKikaku
「ねがい」は2種類の「5番」がご披露されました。

  • 「ビキニ版」
    もしもこの海に
    降り注がれたものが
    死の灰ではなく
    きれいな雨や雪だったなら
    マグロ・カツオ・エビやタイ
    子どもたちに
    汚染されないその生命
    与えられるだろう
  • 「原発版」
    もしも この丘に
    造られたものが
    原発ではなく
    自然エネルギー発電所だったなら
    放射能、核のゴミ
    まき散らさないで
    光る風の中
    子どもたちは遊ぶ
20170320-03Oishi
20170320-03Utagoe
「ねがい」も2013/6/27で2106番まで行ってます。
これで2108番になったのですね。
まだまだ、この曲の持つ凄さが活躍する場があるのだ、と改めて感動した記事です。
20170320-03Finale

  • 悪政は豊洲、豊中土の中
    菅野章
  • 共謀罪適用1号はアベ政権
  • アベ政権戦争準備の共謀罪
    エーちゃん

皆さんからの投稿をおまちしております。


「産廃を考える」うたごえ

業者の保全協定違反が続いている産廃処理場で、防塵マスクも付けずに抗議集会。
それを見ていた社長さん、その無謀さに目を丸くしていたとか。
ここでも体を張ったうたごえ!

20170320-06HotLine

「コーラス楽歌声」のうたごえ喫茶。
この団体名ですけど、多分「らっかせい」って読むのでしょうね。
「あまおう」ってイチゴがありますけど、「うたおう」という合唱団はありますでしょうか?

20170320-06Shizuoka

藤井幸枝
ソプラノリサイタル

2月19日

京都青山音楽記念館

奈良蟻の会合唱団の田中郁さんの鑑賞記です。

20170320-07Fujii

原発ゼロの未来へ!
福島とともに3・4全国大集会が日比谷野外音楽堂で開催されました。

開幕演奏は東京・関東のうたごえのみなさん。

20170320-07Genpatsu
会場にはメーデー歌集を持参。持って行っただけ売れた!と80冊以上持ってゆけばよかった、というような後悔の口ぶりの大熊事務局長(写真上、黒服のギター) 20170320-07Fukushima
この方は福島で椎茸農家をされているそうです。今朝のTVでやってましたけど、椎茸栽培のための原木は70%が福島県産。それがセシウム汚染。
別の発言者は、今も放射能におびえている生活を余儀なくされていると述べておりました。
20170320-07Akiyama

関東・東京のうたごえ交流会
毎年恒例の関東・東京のうたごえ交流会。
今年は、4月15日~16日、八王子の夕やけ小やけふれあいの里で開かれます。
20170320-07.miyayakko
今回の目玉企画は、
本紙でもご紹介の
八法亭みややっこさんの憲法噺を聞いて、日本国憲法の源流、五日市憲法について学びます。

来年は、東京でうたごえ70周年記念祭典が開催。それに向けでのスタートダッシュへ!

20170320-07Yuyake

連載1048回 古を稽える
3/20~3/25
こきりこ節
うたわれて愛唱歌
山本忠生
京都ひまわり合唱団
「生きるものの歌」
影井美恵子
(大阪北部センター合唱団・
しあわせいっぱいコンサート合唱団)
小村公次
(39)芥川さんの夢、
福島さんの笑顔
ポップ・ステップ・バラード
サーカス
20170320-06Etegami 大阪・小東房枝

コメントをどうぞ