2017年2月6日号

20170206

海外研究者に映った"うたごえ"
李俊熙(Lee Jun Hee)さんは、韓国出身で、現在シカゴ大学大学院に籍をおいて歴史学の博士を目指して勉強中。
戦後日本史をうたごえ運動を通して研究するという方です。
流ちょうな日本語を駆使して、新大久保の音楽センター会館に通って、膨大なうたごえ新聞のバックナンバーや書籍、CDを閲覧しています。
20170206-01MrLi
さらに脱帽なのは、座学だけでなく、実際に合唱団に入ってうたごえの体験もしているということ。
写真は、韓国の平和の木合唱団をを迎えた埼玉合唱団のコンサート。
李さんは前列右端で歌っています。
20170206-01Saitama
そんな李さんの目に映ったうたごえ運動はどんなものなのでしょう。
今週号の1面でご紹介しています。

なお、2月中旬にはシカゴに戻るそうです。

20170206-01Daion

えひめ祭典で造られた財産
四国で初開催の2016年日本のうたごえ祭典。
その原動力は地元の合唱団ですが、実は日本のうたごえ全国協議会加盟の合唱団はたったの3団体。

今回の取り組みの中でうまれた財産を、祭典関係者に語っていただきました。

20170206-08Daioan
客席から見ている華やかなステージ。しかし、その裏ではとんでもないご苦労があるのですね。
そういう苦労話は、今後の祭典開催・運営のためにも是非、残してゆきたいです。
20170206-08Sinia

日本のうたごえ祭典inえひめ まとめ
最近、嬉しいことに本紙の読者が大きく増えております。
2月から配達される本紙をワクワクしてお待ちになっていた方には、今号の4~5面は文字ばかり。
ちょっとびっくりされるかな?
20170206-04Kyodo
でも、ちょっとこらえて読んでみてください。
特に、「はじめに」の部分での、県や教育委員会の後援を獲れたことのメリットが書かれていますが、なるほどと思わせる興味深い下りですよ。

このまとめは、2月の全国総会で討議されます。

20170206-05JAL

復興支援 A wish
チャリティコンサート
3月5日(日)14:20
神戸・新長田ピレフホール

A Wishとは「願い、想い、希望」

20170206-03Kobe
阪神淡路大震災から22年。
6年前の東日本大震災、そして、昨年の熊本・・・。

地震国だけに、行政も手順などしっかりと整えられているのかと思うと、「想定外」ばかりで、復興がなかなか進まないのが現状。

そんな中で開かれるコンサートは名称にもこだわりがあります。
a wishのタイトルで多くの人が集えることでしょう。

20170206-03Kibonohi
写真は「絆」を紡ぐ市民合唱団の練習風景。
「群青」「希望のうた」を演奏予定です。

2回目のこの企画に、労働組合、音楽家、うたごえ合唱団が手を携えて取り組んでいます。

20170206-03Lesson

全国紫金草合唱団

第12次南京公演が予定されています。

4月2日~6日
参加者募集中!

20170206-03nankin
紫金草が咲くのは、ちょうどお彼岸の時期。
それに合わせて第12次の訪中演奏が企画されています。

政府レベルの日中関係が戦後最悪と言われている時だからこそ、民間での交流が意義を持ってきます。

20170206-03SHojyo
もっとも「民間」といっても、某ホテルのように、真逆のことをやるかたもいますけど。
うたごえは「不忘歴史 面向未来」=歴史を忘れず、未来に向かおうという精神で行きたいですね。
20170206-03Koryu

  • トランプを捲ればエースかジョーカーか
    ムックリ
  • 都止す(豊洲)か国民みんなでシアン投げ首
    菅野章
  • アベノミクスどこから読んでもアベノミス
    新庄祐三

皆さんからの投稿をおまちしております。


認知症との付き合い
昨年連載されていた「介護予防の現場から」の番外編。
認知症で苦労する人が増えている中、どう認知症と向かい合うか、ある合唱団員のご夫婦の話などが紹介されています。
20170206-06HotLine

映画「花のように あるがままに」

映画「荒木栄の歌が聞こえる」などを制作した港健二郎監督の最新作。コリアン二世の舞踊家を追ったドキュメンタリー。
この作品が、第一回アジア国際映画祭で招待上映されることになりました。

20170206-06Hananoyouni

各地のうたごえ喫茶だより
西三河青年合唱団

「三河屋」
第1部、第2部はコンサート。
第3部がうたごえ喫茶。
参加費700円にはケーキと1ドリンクがついてました。

20170206-07Mikawaya

青春歌
長野のNPO法人びすけっとと実行委員会が開催しているうたごえ喫茶は100回記念。写真でみると参加者は手ぶら。ということはプロジェクターで歌詞を投影しているのですね。
20170206-07Nagano

うたう仲間TOMO

こちらは静岡。
Xmasイブに250人の参加者が会して、テーブル席でうたう会を楽しみました。
歌唱指導曲は「祈りよとどけ」。

20170206-07Tomo

連載1042回
ポピュリズム


2/6~2/12
津軽のふるさと
新しい息吹予感 ~70周年記念アレンジ~ 渡辺享則 日本のうたごえ全国協議会 副会長
「星よお前は」
上田由美子
(富山・呉西センター合唱団)

和の芸能「和力」主宰
加藤木朗
第26回ツイッター効果

母親と仲間への思いで流行らせた
「星影のワルツ」

やわらかい心 杉田二郎
20170206-06SpotLight
20170206-06Etegami 栃木県 味村節子

コメント / トラックバック1件

  1. [...] 本紙2017年2月6日号で紹介しました李俊熙(Lee Jun Hee)さん。 [...]

コメントをどうぞ