2016年4月11日号

20160411

小林雅之さん (東京・公共一般)
本紙2012年1月23日号に登場された小林さんは、ひげの強面でしたが、今回はにこやかな顔つき。
組合生活25年の中で、200を超える闘争勝利に導いてこられた実績のなせるワザでしょうか。

特に、公共一般の首都圏の青年で結成した「首都圏青年ユニオン」の活躍が目覚ましいようですね。

20160411-01Kobayashi
2015年度の最低賃金時間額は全国加重平均で798円。これは14年度から18円のアップ。といっても、900円を超えているのは東京・神奈川だけ。
その最低賃金を1500円に上げろ、少なくとも、今すぐ全国で1000円に、と首都圏青年ユニオンなど若者を中心に声が高まっています。
20160411-01Flyer
いま、若者の層も、大学生、高校生まで広がっています。今やアルバイトは小遣いのためではなく、それがないと学べない、という状況になっています。 20160411-01Hibiya
保育の問題も深刻になっています。保育園が足りない、というのは、以前は箱モノとして不足していると言われてましたが、今では、保育士不足が論点になっています。
保育士の平均所得は21.4万円。これは全職種平均より10万円以上も低い。
20160411-04SeinenUnion
腰痛に悩まされ、過酷な勤務体系の保育士さん。
ここでも待遇改善がない限り、アベノミクスが掲げる「女性が輝く日本」っていったいいつ実現できるのでしょうか?
20160411-04OtsukaSakaba

特 集労働者の闘いと歌
JAL原告団

165名が不当解雇から5年。
粘り強い職場復帰への闘いが続いており、うたごえも支援を続けています。

20160411-04JAL

原告団の元パイロットの方がこの間の闘いの体験を一冊の本にまとめました。

20160411-05JALBook
IBMロックアウト解雇
去る3月28日に全面勝訴を勝ち取った原告5人。
翌日の勝利報告の朝ビラでは、IBMの社員の方々に400枚があっという間に受け取ってもらえました。
20160411-05IBMFinale
それだけ、「声を潜め働く職場の友」の間でも関心が高かったということ。 20160411-05IBM
そんなうたごえ=メーデー・平和歌集にも収載されている「私はここに立つ」。これからも完全勝利まで歌い続くことでしょう。 20160411-05Mayday

公共一般の中島委員長を狙い撃ちにした雇い止めに第二波ストライキを支援する東京のうたごえ

20160411-04Strike

保育園の認可移転をコンサートで支援しようと宮城のうたごえは協力しています。
20160411-05Hoiku

JMITU(日本金属製造情報通信労働組合)の西日本では、今年の春闘を明るく闘おうと「労働者のつどい」が開催されました。
20160411-05Hyogo

全国12ヵ所で開催している、弊紙60周年記念企画も終盤の北海道へ。
今回のゲストは作家・詩人の池澤夏樹さん。
コーディネイターの池辺さんの幅広い交友も残すところ千葉と石川。
20160411-08Taidan
そして、4月23日の本企画のまとめ的存在である「うた新レセプション」へ!
還暦から新しい一歩を踏み出す本紙への期待が高まっています。
20160411-08Stage
20160411-08Ikebe 20160411-08Ikezawa
池辺晋一郎さん 池澤夏樹さん
そして、うた新まつりファイナルはゲストに若村麻由美さんを迎える石川県です。
来年、日本のうたごえ祭典inいしかわ・北陸を開催する地元として、4月17日開催を目指して準備活動が進んでいます。
20160411-03HokurikuFlyer
池辺晋一郎さんの指揮で歌う合同合唱団の練習も急ピッチです。
演奏予定曲は
わたしの育てた稲など。
この曲は2013年うたごえ65周年記念で大阪祭典で発表された曲ですね。
20160411-03Godo
この写真で指揮を振る中村昭一さんは、石川のうたごえ協議会の会長さん。
3年前に協議会を再結成して、来年の大音楽会の成功を目指して着々を歩を進めています。
20160411-03Lesson

  • ママ力だ保育園落ちたやりました
    老ガイ
  • 春が来た野党共闘おらが村
  • 原発止む琵琶湖吹く風心地よく
    福家駿吉

皆さんからの投稿をおまちしております。


関西紫金草合唱団
同団に中国の方が次々を8人入団。
団の平均年齢を一気に大幅ダウンに寄与してくれました。
写真は、その歓迎会のようす。
今年の合唱発表会が楽しみです。
20160411-06HotLine

合唱発表会一般の部Bで常に上位入選をして、2014年、2015年は連続して金賞TOPの三多摩青年合唱団。
同団では、2000万人署名推進プロジェクトチームを創り、目標を500筆に設定。
20160411-03Santama
写真上のように、駅前での演奏活動を交えた署名集めで、目標を超過達成。
いや~、ビールがおいしかったでしょうね。
20160411-03Kanpai


内灘花だいこんは新日本婦人の会内灘支部の同好会として発足。
歌声に一層磨きをかけようと私たちの協議会に加盟しました。
今年の合唱発表会でお会いしましょいう。待ってますよ!
20160411-06Uchinada

女声アンサンブル
アンダンテ
30周年演奏会~今~
2月27日
京都コンサートホール
藤井幸枝さんが感想を寄稿されました。
20160411-07Andante

木下サーカスとのコラボレーション

木下サーカスの東京公演に合わせて、ぞうれっしゃのコラボレーション。
180人の都内と近県のぞう仲間が開演前の演奏をおこないました。
20160411-07Zou
連載1004回 日本語、漢字の遊び

4/12~4/17
赤いスイートピー
指揮の勉強は 渡辺享則 (日本のうたごえ全国協議会 副会長)
「ヤマよ夕張よ わがいのちつげよ」 石黒啓愛 (函館トロイカ合唱団
米大統領選と音楽家たち
マイ・ミュージカル・ライフ 石丸幹二
リリーのすべて
のようなもの
「愛するもののために」
小森香子 作詞
大西 進 作曲
創作曲サイトでご覧ください
京都・黒田愛子さん

コメントをどうぞ