2016年2月22日号

20160222

新創作曲「命の海 命の森 命の山々」
試 聴 コーナー
緊急企画として提起された辺野古でのうたごえ創作合宿。
1都10県から14人が参加して開催されました。

ここで創作された曲「命の海 命の森 命の山々~辺野古の朝」を今号でご紹介しております。
当サイトでもマーチ風のMIDI音源が聞けます。
なかなか軽快な曲です。

20160222-05Sosaku
しかし、「辺野古の朝」というサブタイトルのとおり、現地での闘いは早朝から始まります。
1月25日号でのご案内のように、合宿が平日企画になったのは、基地建設資材が搬入される早朝に座り込み行動に参加するためです、この写真のように。
沖縄といえども、朝6時にはダウンジャケットが必要なのですね。
20160222-01Yamashiro
出来上がった曲を早速皆さんで歌って577日目の座り込みを続ける人々と連帯しました。 20160222-01Tent
辺野古で学び、つくり、うたうという企画のうたごえ合宿レポートを今号の4~5面で特集しております。

実際は、3つのキャッチフレーズだけではなく、更に「行動する」が入っていたことが、お読みいただけるわかると思います。

20160222-04Keibi
何といっても、緊急企画だったため、行きたくてもスケジュールの都合がつけられない方、休みを急には取れない方などたくさんおりました。
そういう方々のため、是非、現地に行った気になってください。
20160222-04Suwarikomi
沖縄平和運動センターの山城議長が語る、「人が集まれば工事は止まる!」。この言葉にオール沖縄の運動の力を感じます。

今回であった人たち 。
創作のためにいろいろなお話を伺いました。 ↓

20160222-05Ospray
20160222-04Yokota 20160222-04Ohgi 20160222-04Sanshi 20160222-04Anri
横田チヨ子さん 大城悟さん シン&ケン 沖縄大生
安里さん
昼間は、座り込み、夕方から創作のためのお話を聞いたり、実際の創作活動を行ったり。

創作では、各自が持ち寄った詩10編から、東京・足立教職員合唱団・中谷令子さんの詩をもとに全員で推敲がされました。

20160222-04gatemae
その詞に藤村記一郎さんか作曲。詞を練っている段階でメロディが浮かんでいたそうです。

是非、みなさんも合唱団での練習の前に、この新しい曲を歌ってみてください。

20160222-05Trumpet

うたごえは平和の力
2000万署名
先週号に引き続き、戦争法廃止を求める2000万人統一署名について、各地での取り組みを8面の第二特集でご紹介しています。

なかでも、本紙でおなじみの三多摩青年合唱団の箱崎さんの取り組みはご一読のうえ、実践へのヒントとして応用してください。

20160222-08Kyuujyo

合唱団プリマベラの塙さんは、河川敷から鉄橋を渡る電車の乗客に向けて幸せの黄色いハンカチを振ってアピール。電車側からも手を振ってくれる人がいたそうです。

20160222-08Edogawa

東京のうたごえ協議会の事務所がある新大久保近くでの路上宣伝。
ここでも、どういうわけか千葉の塙さんが・・・・

20160222-08Tokyo

雪の繁華街、仙台でも署名行動が行われています。

皆さんの地域ではどのような形で署名活動が進んでいますか?
通信をお待ちしております。

20160222-08Sendai

高知センター合唱団
創立50周年記念
第46回定期演奏会
3月6日(日)
14:30~
高知県民文化ホール

池辺晋一郎委嘱作品
「あなたにできること」が
全曲初演されます。

20160222-03KochiLesson
この混声合唱組曲の第1曲「ものさし」は、昨年開催されたうたごえ新聞まつりinえひめで演奏され好評でした。

元本「世界中の息子たちへ」(ポプラ社、写真:高橋邦典、詩:堤江実)はこんな本です。

20160222-03EhimeUtashinMatsuri


原発事故から5年 福島を風化させない
3月19日(土)
めぐろパーシモン大ホール

「悪魔の飽食」をうたう東京合唱団の読みかけで、合唱団ソレイユ、合唱団「樫の木」、中央合唱団「記念」、南部合唱団の5つの合唱団が手を携えて開催します。

20160222-03Lesson
テーマ「大地よ、いのちのふるさとよ」として、
新沼謙治の「ふるさとは今もかわらず」、「大地讃頌」を合同演奏し、さらに、「ふくしま未来神楽」の奉納も行われます。
20160222-03Fukushima
この創作神楽は、~鎮魂と祈り”風来”とサブタイトルがあり、和合亮一さんらの作品です。
昨年夏、福島稲荷神社に奉納されました。
20160222-03DaichiyoFlyer

2016 日本のうたごえ祭典inえひめ 合同曲のご案内
今年の祭典での合同曲に「平和の旅へ」が選ばれました。
全曲30分ですが、今回は、語り部分を減らして、2番をカットした20分版。
指揮は、作曲者の園田鉄美さん。
是非、ご一緒にステージに立ちませんか?
20160222-04Heiwanotabihe

  • 後任は失言癖のおぼっちゃま
    ムックリ
  • 辞任劇美学だ矜持だとのたまわる
    菅野 章
  • 申年も続く自公の猿芝居
    メソヤ荘

皆さんからの投稿をおまちしております。


昨年の演奏会からとびきり若い新入団員が。
一人は、中学生、それと20代の弁護士さん。
年配者の多い合唱団にとって頼もしい話ですね。
20160222-06HotLine

青年サークルおでん部。
今年の初練習に3人の見学者があり、そのうち1名が新入団員に。
こちらでも若々しいニュースです。

20160222-06Oden

四国トレインズ
広島ナッパーズ
ジョイントコンサート
鉄路と共に
1月31日
松山市民会館

なんとも派手なホリゾント。でも、ナッパ服に合いますね。
演奏の方は7面でお読みください。

20160222-07Kokutetsu

連載998回 文化は強い!
2/26~3/5

タンポポ


外山雄三さんのこと
浜島康弘
(名古屋青年合唱団)


「千の風になって」
大徳祐子
(北海道・
岩見沢合唱団こぶし)

注目のコンピレーションアルバム

フロム・マイ・ソウル 前田サラ

「命の海 命の森 命の山々」
中谷令子 原詩
辺野古合宿の仲間たち 作詞
藤村記一郎 作曲
試聴はこちらから

コメント / トラックバック2件

  1. [...] ー平和歌集のタイトルは「No Pasaran」。国会前で盛んにコールされていたフレーズですね。 掲載はタイトル曲のほか、2月22日号でご紹介した「命の海 命の森 命の山々」などです。 [...]

  2. [...] 2月に誕生した「命の海 命の森 命の山々」は2016年2月22日号の紹介曲をお聴きください。 [...]

コメントをどうぞ