2021年3月1日号

2021年2月25日

20210301

3・1ビキニデーと歌
マグロ漁といえば焼津港。

いまでも金額ベースでの水揚げ高一位をキープしています。

67年前、焼津港から大漁に期待を膨らませて遠洋漁業に乗り出した第五福竜丸。

20210301-01Binikiday
米軍が設定した危険区域外で延縄漁をしていましたが、想定外の水爆の威力のため、強い放射能汚染をしてしまいました。

1954年3月1日のことでした。

2週間後に帰国しますが、約半年後に無線長久保山愛吉さんが急性放射能症で死去。

20210301-01yaizuekime
これを契機に原水爆禁止運動が更に広がり、翌年から3・1ビキニデーが開催されています。

今年、核兵器禁止条約が発効され、運動にもいよいよ弾みがついてきています。

今号の3月1日号は、そうした今年のビキニデーの取り組みについて浜松センター合唱団からの寄稿で1面を構成しました。

20210301-01Utaukai
右写真の絵本「ばらの祈り」をモチーフに「絵本と朗読と合唱」が取り組まれます。

同団がこれまで演奏してきた楽曲を中心に構成されているそうです。

文化企画を含む全体集会の様子はZOOMウェビナーで配信されます。

事前登録はこちらから

20210301-01Ehon

「神戸の壁」の歌って 1000年先まで
本紙2月15日号でお伝えした神戸震災遺構の「神戸の壁」。

4~5面に、神戸の壁に取り組んでいる三原泰治さんに寄稿いただきました。

20210301-04Kobe
この中で目に留まったのは「多くの災害は人間の造ったモノで招いた」という記述。

そのモノを残す、遺構という発想は神戸ではなかったようです。

20210301-04Kobekabe
市場の防火壁だったものが戦時中の神戸大空襲、26年前の震災にも耐え、三原さんらの地道な努力によって「神戸の壁」と名付けられ、保存されています。 20210301-05Shinsai
こうした活動の中で、震災をうたごえで遺している神戸市役所センター合唱団と出会います。

こういう力が集まって震災遺構の取り組みが全国で進むといいですね。

20210301-05Horidashi
こちらは南三陸。

10年前の東日本大震災の遺構が各地に。しかし、保存計画を行政に出しても却下されるケースも。

そんな中で、民間での遺構保存をすすめる動きもでています。

私たちは、こういう運動をうたで応援して行きたいですね。

20210301-05sanriku

原発ゼロへ 各地で

深尾須磨子歌う会コスモスはコロナ禍で休会中ですが、日本政府に「核兵器禁止条約の署名・批准」を求める署名活動を展開。130筆の署名を全国協に寄せていただきました。

20210301-03Shomei

東日本大震災10年イベント

動く紙芝居と歌声のつどい

3月12日(金)

全労災ホール、スペース・ゼロ

浪江町出身の新宿歌声の店ともしびの関係者の呼びかけで始まったものです。

20210301-03Kamishibai

第17回人権研究交流集会

「差別が生まれる構造

ハンセン病問題から考える」

3月20日・21日

アクロス福岡

20210301-03SabetsuBook
On Line

東京音大有志による「子どもたちへ卒業式の音楽を!」の取り組みが進んでいます。

資金をクラウドファンディングで集めています。

20210301-03OnLineSotsugyoshiki

ロックバンド「新月灯花」

3月15日

JRいわき駅前ライブ

福島JuggL

YouTubeはこちらから

20210301-03RockBand

うれしい出会いのドラマ

三多摩青年合唱団

箱崎作次さん

この間、何度も本紙に登場していますね。

20210301-08Hakozaki
東京のうたごえでは、この一年間に137人に本紙読者を迎えています。

そのうち、43部が箱崎さん。実に31%が箱崎さんの読者です。

昨年度は19部で、全国総会で拡大賞を受賞。

三多摩青年合唱団は2023年に創立60周年をを迎えますので、その年の3/31までに100部拡大する、という目標を立ててます。

20210301-08Dondon
あと2年。

是非、がんばっていただきたいですね。

コロナ禍で日常活動が停滞している中で、歌づくりをYouTube発信。うたごえユーチューバーになってます。

その成果は「紹介曲」でも取り上げてきましたし、創作センターにも12曲の応募をいただいてます。

20210301-08KakudaiGoods
そして手紙作戦。

時代を反映している歌を創った成果を近況報告と共に手紙に書いて友人・知人に送っています。

その際にうたごえ新聞の見本紙も添えて。

そのせいで、読者は東北から関西まで広範にわたっています。

20210301-08TeradaBook
さらに、地元の様々な企画にも積極的に参加して、そうして人と人の繋がりを創りだしています。これがうたごえ運動としてうたごえ新聞を広めること、というミッションに取り組んでいます。 20210301-08India

  • 森崩る避難下され二階から小泉康子
  • 蜃気楼渾名輝かし森会長僕爺
  • 反作用強い分だけ返ります老ガイ

皆さんからの投稿をおまちしております。


メモリアルコンサート

震災を忘れない、という、メモリアルコンサートが、当初の追悼という趣旨から、最近はあかるい未来に希望を見出せるような内容に変わってきているそうです。

20210301-06HotLine

発表の場がないので、小編成による団内発表会をやっている合唱団きずなの取り組みを6面でご紹介しています。

20210301-06Kizuna

仙台ロシア合唱団の指揮者、

仙台合唱団とみやぎ紫金草合唱団のボイストレーナーさんのコンサートを聞いた岡村さんの鑑賞記から、今の段階では、合唱団の練習は難しいが、個人、または小編成(上記)での歌のとりくみはまだチャンスがあるということを改めて感じました。

20210301-07OparFlayer

川村兼一さん

合唱劇「カネト」をご存知ですね。

愛知県と長野県を結ぶ飯田線建設の携わった川村カ子トの生涯を合唱劇にしたもの。

2000年初演。

作曲は藤村記一郎さん。

(写真下、右側)

20210301-07kanetoFinale
2008年の旭川公演では、カネト役を息子さんの川村兼一さんが演じました。

旭川の川村カ子トアイヌ記念館の館長を務めておられましたが、2月9日にお亡くなりになりました。

69歳。

改めてご冥福をお祈りいたします。

20210301-07Kanetokawamura

連載1227回

クーデターとは その1


3/1~3/8


エーデルワイス


国際宇宙ステーション

舟橋幹雄 日本のうたごえ全国協議会副会長


(88)肥満化 脂満かs


花は咲けども

板垣基樹(神奈川合唱団)


追悼!横井久美子さん

「風の中のレクイエム」


第12話

祈ることは感謝するということ

天龍村の霜月神楽~願舞より

塩原 良


SOUNDTRACKS
Mr.Children


楽譜集紹介

20210301-04Utagoyomi

安藤由布樹作曲

二人のソプラノとアルトのための三重唱曲「うたごえよみ」

江森百合子




20210301-06SpotLight


20210301-06Etegami

広島・堂垣内一恵さん


2022年2月22日号

2021年2月18日

20210222

核兵器廃絶へ 被爆者の声を聞く
5歳のときの九州の実家に向かうお母さん、弟と一緒に広島を通過しようとしたのが8月6日の翌日。そこで入市被爆をします。

今号では、片田さんのすさまじい体験をお伝えしています。

20210222-01Katada
片田さんは保育士を定年退職後、地元の東京・大田区で原爆被害者の会、大友会の活動を進めてこられました。

体験談を語るお話の元になっているのが、お母さんの手記。

20210222-01GenbakuDome
お母さんの残した資料に、さらに写真の様に、原爆の爆発高度を東京スカイツリーと比較した資料を作成。

片田さんは「核兵器禁止条約発効を生きているうちに聞けた。母の意志を継いで、原発いらないと言い続けたい」と。

20210222-01GenbakuShiryo

奈良のうたごえ 新春のたより
奈良の「うたはじめ」と核兵器禁止条約発効記念のうたう会の通信を8面第二特集でお伝えします。

両方ともやまと郡山城ホールという、写真で見る内装は素敵な場所で開催。

20210222-08Utaukai
うたはじめでは、参加予定者数が、コロナ禍半数定員の倍。ということはコロナ禍でなければピッタリ定員だったのですね。 20210222-08Nozawa
「たくさん集める」という従来型から「集めすぎない」という珍しい体験ですね。 20210222-08Kyukancho
記念うたう会では素晴らしいゲストとともに、写真のように合唱団のみなさんも久しぶりの演奏に喜びをかみしめていた、と。 20210222-08NaraAri

狛江ぞうれっしゃ合唱団の方は1月30日に核兵器禁止条約を日本政府が署名するように求める狛江駅前での署名活動に合流。

大熊啓さんの新曲TPNWなどをうたいました。

TPNW?

8面でお探しください。

20210222-08Chofu

創作連続講座・作詞編
2021年の愛知・まなぼ企画の作詞編(全5回)のご案内は4面です。

愛知臨時教員制度の改善を求める会の関係者(下右3人)らによる「学校に安心とゆとりを」のつどいで伺った話が作詞講座のテーマの一つになります。

20210222-04Tsudoi
20210222-04Ishiguro 20210222-04Kamimura 20210222-04Fukuzawa 20210222-04Nanami
石黒真知子さん 上村和範さん 福澤英里さん 七海純子さん

ピースソングリレー
音楽センターとセンタープロがアーティストによる核兵器禁止条約発効を歓迎するリレーソングをYouTubeで発表しています。2月12日現在10人のアーティストが参加。今後、数人の動画も配信される予定です。

株式会社音楽センター – YouTube

20210222-04Futenma 20210222-04Yukihiro 20210222-05Son 20210222-05Kawaguchi 20210222-05Matsuno
普天間かおり ユキヒロ ソン・ビョンフィ 川口真由美 松野迅

2月8日号にご登場以来大反響をいただいている、コロンえりかさん。

3週目の最終回は、ベネズエラの音楽教育「エル・システマ」の日本でのエル・システマジャパンについてお伝えしてます。

20210222-04Erika
具体的実践として、ホワイトハンドコーラスNIPPONを立ち上げています。

この写真にように、白い手袋をして手と表情で歌詞を表現する手歌。耳の聞こえない子どもたちに、声や楽器ではないコミュニケーション。

20210222-04WhitehandChorus
日本中で話題の、あの「パプリカ」.

もともと5人組のFoorinが昨年15人でFoorin楽団に。

この動画の最初にでてくる小学生ふたりの左側がみさきさん。

ホワイトハンドコーラスのメンバーです。

この動画の動きからは信じられまっせんが耳が全然聞こえないそうです。

因みに右側のおさげの子はもえのさん。2019年のFoorinからのメンバーです。

20210222-05Erika
これだけの大人数のメンバー。

でも、手歌なら飛沫も飛びませんね。

20210222-05WHC

原発ゼロへ 各地で

3月7日(日)

福井市フェニックスプラザ大ホール

3・11メモリアルアクション-原発のない新しい福井へ

福井のうたごえは文化企画を担当します。

20210222-03Fukui

3月14日(日)

JR奈良駅東口広場

原発ゼロ・被災者支援奈良のつどい

奈良のうたごえ協議会が第1部うたごえコンサートを担います。


他に長野・上伊那アクションについても3面で。
20210222-03Nara

コン・コン・コンサート
作曲家信長貴富氏(写真右)があなたの「歌詞」に作曲という企画のご案内。

我と思わん方は、応募してみませんか。

詳細は3面で

20210222-03Nobunaga
右写真は昨年の様子。

動画はYouTubeでご覧ください。

20210222-03Concert

  • 自民党「自滅の刃」上映中にゃんび
  • 民の声ガースと神に届かない菅井孝義
  • 宣言下銀座の蠢く与党虫(夜盗)菅野章

皆さんからの投稿をおまちしております。


うたごえサークルざざむしは、県母親大会で「平和の旅へ」(短縮版)をエレクトーン伴奏を加え演奏しました。

オーケストラ風の迫力のある演奏をYouTubeでどうぞ

20210222-06HotLine

モンゴル楽団

モンゴルからの風コンサート

1月29日

大阪・八尾市プリズムホール

20210222-07Mongol

連載1226回

ミャンマーのクーデター


2/22~3/1


仲間の歌


うたごえよ明日の為に

渡邉享則

日本のうたごえ全国協議会副会長


(87)日給200万円!


あざみの歌

東 幹雄(大阪・いずみの森合唱団)


アリスから50年

堀内孝雄


海外で脚光を浴びる

「和製AOR」


しあわせはこび

(グッディテーマソング)

作詞 畑優子

作曲 田中正浩

試聴はこちらから


20210222-07Book

コロナ・パンデミックと日本資本主義

友寄英隆著


20210222-06Etegami

京都・黒田愛子さん


2021年2月15日号

2021年2月11日

20210215

祝 核兵器禁止条約発効

ひかりに向かってうたごえ行動

うたごえはラジカセで。

非核平和都市条例を制定している苫小牧。鮮やかなタペストリーが雄弁ですね。

20210215-01Tomakomai

商店街にてギター伴奏でうたごえ。

雪の中、ギターも大変ですね。

20210215-04Aomori

千葉からは3件のレポートをいただいております。

松戸駅で東葛合唱団はるかぜはアコーディオン演奏と朗読。

千葉合唱団は、ラインで自宅うたごえ。

写真は市川の2駅に分担した合唱団プリマベラ。スタンディングとリレートークでした。

20210215-04Ichikawa

新宿のうたごえは昼の部と夕方の部の2回行動。

ギター伴奏と総勢34人で力が入りました。

20210215-01Shinjyuku
1面の写真では分かりづらいですが、うたごえの行動に足を止めているのは外人さんですね。

配られたティッシュアピール文を読んでます。

20210215-01Oyako
行動終了後に、「署名終わったの?」という方が現れて、条約発効日への思いの広がりですね。

先週号でも、署名活動のエピソードをご紹介しておりますが、ほのぼのと嬉しくなります。

20210215-01Shomei

原水協調布支部が中心となって呼びかけられたこの日の行動にはのべで100人が参加。

すごい熱気ですね。

20210215-05Komae02
調布狛江合唱団、狛江ぞうれっしゃ合唱団らが行動にうたごえを添えました。 20210215-05Komae01

国分寺駅前のピースアクション。8人のうたごえメンバーがオリジナル曲などを演奏。

20210215-05Santama

市内の青葉公園で、うたごえからは5団体15人がうたって参加。

20210215-05Shizuoka
署名の準備をしていなかったのですが、希望者が現れて。

そこは常にカバンに署名用紙を入れている方がおられて。

そのかばんの中にはきっとうたごえ新聞も入っているのでしょうね。

20210215-05Shizuoka02

西宮さくらんぼ合唱団はBGMを用意してスタンディングの士気高揚に。

その分、翌日の団練習では平和の歌を数曲歌い交わしました。

20210215-04Nishinomiya

繁華街天文館でマスクをしてうたったのは合唱団風の皆さんです。

20210215-01Kagoshima

条約発効記念コンサート

創立20周年を迎えた「平和の旅へ」合唱団・さがは開催が危ぶまれる中、この写真のステージ看板のように記念コンサートを行いました。

20210215-04Saga
昨年10月25日に批准国が50カ国を越えたという報を受けて早速コンサートの準備へ。

11月中旬から猛スピードで。

その間の経緯などは4面でお読みください。

20210215-04SagaSorawoUmiwoInochiwo

原発ゼロを目指す市民行動

毎月11日の原発ゼロ行動。

1月は97回目。成人式の日だったので、新成人へ歌を届けたかったのですが、あいにくと調布市は式典をコロナ禍で中止に。

調布狛江合唱団の鈴木団長の投稿は、最近の原発情勢を分かりやすく書いてます。

5面で是非、お読み下さい。

20210215-05Chofu

阪神・淡路大震災メモリアル大うたう会

なんだ?この壁は!

「神戸の壁」と呼ばれ、昭和2年ごろの建てられた長田区の公設市場の防火壁です。

26年前の震災遺構として「北淡震災記念公園」に移設されています。

20210215-08Kobe
神戸市役所センター合唱団では、毎年メモリアルに取り組み、今年は大うたう会を2回公演取り組みました。

企画の柱は「阪神大震災鎮魂組曲1995年1月17日」。

20210215-08LightUp
震災後に森村誠一、池辺晋一郎両氏に委嘱した曲で初演以来25年間、大切に歌い続けています。

ニコニコ動画が全曲約45分を視聴できますので、この機会に是非お聴きになってください。

20210215-08Gunjyo
同団の太鼓衆団輪田鼓、毎年1月17日の17時46分(発生時刻の12時間後)に「鎮魂と希望の太鼓」を打ち鳴らしてきました。今年はJR三宮駅前広場がコロナ禍のため使えません。今回のメモリアル大うたう会で演奏をしました。 20210215-08ShinsaiKumikyoku
会場は神戸音楽センター会館。

ここでは、「震災の消えた傷跡と神戸の壁遺構写真展」を併催しました。

YouTubeで「神戸の壁」のドローン映像がありました。

ご参考まで。

20210215-08Shashinten

原発事故の地から今を問う

今年の3・11は10年目ということもあり、一層「原発いらない」の声が高まっています。

今号3面に、福島の今を、福島のうたごえ協議会会長の国分さんに寄稿いただきました。

20210215-03GenpatsuZeroStage
それにしても恐ろしい事故でした。

TVで見ていた爆発の瞬間。

5面で鈴木勝雄さんが書いておりますが、「事故が起きたら首都圏5千万人が犠牲になる」という事態になっていたのかもしれません。

20210215-03Namie
コロナが突然世界中を襲ったように、福島第一原子力発電所がいつ人類に牙をむくか分からないというのは、怖い話です。

これは有っては困る仮定の話ですが、福島では10年たった今でも、現実の話です。

20210215-03NamieEki
国分さんは、現在の状況、原発処理水問題と福島のうたごえの現状を語っています。

5面での記述ですが、原発は「つくるな・売るな・動かすな」と。3面と5面をハイブリッドでお読みください。

20210215-03Kyoto

さよなら原発3・11集会

毎年開催していた3・11北九州集会は昨年はコロナ禍で中止に。

今年はホール開催を計画しています。

このチラシのようにバンドゥーラ演奏が聴けますよ。

20210215-03Kitakyushu

音楽という橋で人と人をつなぐ
7面の「前号のひとこと」で、筆者が「コロンえりかさんの写真が目に飛び込んでくる」と書いているように、確かに、目に鮮やかでした。

今号でも、更に鮮やかに。

20210215-04CoronErika
今号4面では、ベネズエラの「エル・システマ」というプログラムについて。そこから生まれたユース・オケについて話が進んでいます。

コロンえりかさんの話は更に次号へ続きます。

お楽しみに。

20210215-04YouthOche

  • 序二段も綱も叶わぬコロナ山長谷川節
  • 新感染望みも光もみえなくて如月野一郎
  • 権力者罰則以外策がなし福家駿吉

皆さんからの投稿をおまちしております。


受験生応援ソング

三多摩青年合唱団の箱崎作次さんが「Get Your Dream」を発表。

YouTube全国協創作センターでお聴き下さい。

20210215-06HotLine

横井久美子さんを偲んで
1月15日に逝去された横井久美子さんを偲んた青森(写真)と広島からのおたよりを6面に掲載しました。 20210215-06Aomori

ミュージカルをみて
「リトル・ウィメン

~若草物語~」

1月23日・24日

愛知・昭和文化小劇場

「愛知子どもの幸せと平和を願う合唱団」のメンバーが出演。

20210215-07LittleWemen
2年前に同団が取り組んが合唱ミュージカル「海を渡ったエイミー」に出演した子どもたちが主役級で出演。

愛知のうたごえは実に幅広い人材を育てているな、と感心しながら7面の鑑賞記を読ませていただきました。

20210215-07Shutsuemnsha

苫小牧の「平和の鐘プロジェクト」をうたった「この街から」が今週の紹介曲で取り上げています。

20210215-07Hokkaido

連載1225回

同姓同名


2/15~2/22


風花


林光さんのこと

浜島康弘 名古屋青年合唱団


(86)途中で逝くなや


みんなのうた

石毛妃路美

(札幌のうたごえ協議会事務局長、北海道合唱団)


小村公次

(86)ナチ時代を生きた3人の作曲家を聴く


デトゥアー・アヘッド
中牟礼貞則


この街から

作詞 谷口佳子
補作詞・作曲 高畠賢

試聴はこちらから


20210215-06Etegami

広島・堂垣内一恵さん


2021年2月8日号

2021年2月4日

20210208

音楽という橋で人と人をつなぐ
先日、内装をリニューアルした音楽センター会議室に異彩を放つアーティストさんが来訪。本紙のためのインタビューに来られていたのですね。

コロンえりかさん。

ベルギー人の父親、日本人の母親のもとベネズエラ生まれ。

現在は、ベネズエラ駐日大使パートナー。

その他の多彩な経歴はカラーの1面でお読みください。

20210208-01Erika
そして、コロンえりかさんは当うたごえ新聞的には本格的日本デビューになるCD「BRIDGE」をリリースしたこと。

そのプロモーションビデオはこちらをご覧ください。

Bridgeは何かと分断が進むこの世界で人々の心をつなぐ架け橋になりたいという思いが込められているそうです。

20210208-01Church
こちらはYouTube 3/8の無料オンラインライブのお知らせ

実に多面的に活動されています。

そのひとつが、毎年8月9日に長崎の浦上天主堂でミサを行っています。

2015年の原水爆禁止世界大会の長崎・文化の夕べに出演されています。

20210208-01Maria
その際に歌ったのが「被爆のマリアに捧ぐアヴェマリア」です。

こちらで視聴できます。

今号を読みながらお聴きください。

20210208-04Kaigi
ベネズエラというと、核兵器禁止条約にいち早く批准をして国として記憶にとどめたい国です。

なんでベネズエラが真っ先に、と思いますが、その辺の事情も本紙で語っていただいております。

20210208-04ColonErika

ひかりに向かってうたごえ行動
1月22日に核兵器禁止条約が発効となり、各地でお祝いと、日本政府に条約批准を求める行動が開かれました。

その様子を1面、4~5面、8面でお届けしています。

20210208-08Nagasaki

1/22に向けて1/18から毎日16時から1時間、繁華街でスタンディングを行いました。

1/22当日は、上の写真のように平和公園で。

ただし、歌はなし。音を流すことで対応しました。

20210208-08Shiyakushomae

耐震工事中の原爆ドーム前で、こちらは実際に歌ありの行動。

本紙紹介曲で取り上げました「平和」で各国語の「「平和」をその国の国旗を掲げて歌いました。

20210208-08Hiroshima

北海道合唱団は、雪の積もった中での連帯行動。

20210208-08Sapporo

CDをバックに流しながらの街頭行動。

署名をしていただいた方には、サーロー節子さんが1面の本紙新年号をプレゼント!

20210208-01Sendai

県内各地での歌あり行動の様子をお伝えしております。

20210208-04Saitama

歌は生声ではなく、スピーカー経由という飛散対策。

20210208-04Chiba

こちらも歌なし。港区平和都市宣言にメロディをつけた歌の録音を流して、宣言の朗読も。

20210208-04MInatoku

福井駅前で「うたごえタイム」を設けた宣伝活動。

みんなで口ずさんでもらえる選曲をしてました。

20210208-04Fukui

毎週開催されている「さよなら原発」行動の拡大版として取り組まれました。

うたごえもあり「歌っていて涙が出た」という声。

20210208-05Ina

アコーディオンと歌で盛り上げた津駅前宣伝行動。

過去最大の参加者で取り組まれました。

20210208-05Mie

これらは録音組。

プラスターを胸に、録音した平和の歌を流しながら宣伝行動を行いました。

20210208-05Osaka

不安・心配のなか、やるときはやろう!と。しかし、実際は事前録音したものを使ったそうです。

20210208-05Kyoto

公民館での「うたお~会」。

これなら三密さえ対策すれば思いっきり歌えますね。

20210208-05Kakogawa

エピソード

署名活動をしていると、様々な人に出会いますね。

「署名なんかしても核兵器をなくすことはできない」とおっしゃる人への対処方法。

5面で埼玉合唱団の方の成功体験談です。

20210208-05SHomei

3・11に日本中の思いをつなごう

10年目を迎える東日本大震災・東電福島原発事故。

3・11を忘れない、という趣旨で愛知のうたごえではリモート音楽会を計画しています。

2021020804Fukushima
参加要項は3面で。2/11が応募締め切りです。

みなさんのうたごえをこういう形で全国配信しませんか。

20210208-03Aichi

3・1オンラインビキニデー
67年目のい3・1ビキニデーはオンライン開催へ。

昨年の原水爆禁止世界太太、日本平和大会などと同様、コロナ禍での運動形態がここでも。

5月のメーデー、憲法集会、平和行進出発式などどういう取り組みになるのでしょうね。

20210208-03Fukuryumaru

私の平和の旅へ

合唱構成「平和の旅へ」の制作メンバーのひとり、長野靖男さんは今年で喜寿。

被爆語り部としての活動を開始しました。

当初昨年6月にデビュー予定でしたが、この写真のような活動の状況は4面で。

20210208-04Nagano

  • バイデン氏核禁止にもご署名をバイオ亭長浜
  • 煩悩の数より多いウソ答弁桶川のジョー
  • 検察に手ぬぐいもらいほおかあむりダーハマ

皆さんからの投稿をおまちしております。


うたごえはげまし隊

1/13に緊急事態宣言が再発出された京都。

労働争議団の宣伝活動を自粛するわけにいかず、たっぷりの距離を空けて。でも大声での歌は控えて、マスク越しに小声で・・・

20210208-06HotLine

うたごえは「不要不急じゃない」という思いに至った読者からの一声。

励まされるおたよりです。

そのほか、東京からも1/22行動の中での読者拡大の報告をいただいております。

20210208-06Osaka

連載1224回

緊急事態宣言


2/8~2/15


私の愛した町


時にはデトックスを

轟志保子 日本のうたごえ全国協議会副会長


(85)年賀状の枚数は?


十二月の歌

岩渕淳子
(青森センター合唱団)


スティーヴィーの公開書簡
ワム!


チャンシルさんには福が多いね


平和を願い

作詞 深澤京子
作曲 平井克己

試聴はこちらから


20210208-07CD

リッカルド・ムーディ コンサートライブ


20210208-07Book

浦部はいむ 高校生を、もう一度


20210208-06Etegami

京都・黒田愛子さん


2021年2月1日号

2021年1月28日

20210201

「人間らしく生きること」は権利です
コロナ禍で雇用環境は激変していることは皆さん肌で感じておられることと思います。

結局、政府には国民のいのちと暮らしを守るという意思も能力もないということですね。

この辺に事情を、全国労働組合総連合(全労連)の小畑雅子議長にお話を伺いました。

20210201-01Obata
新聞・テレビでも報道された年末年始の何でも相談会や年越し村。農民連など21団体と協力して、コロナで困窮している人への暖かい手を差し伸べられていたのですね。

行政窓口が閉まる年末年始にも労働弁護団と労働組合がその補完活動をおこないました。

20210201-01Shunto
「生活保護」についてはまだ誤解や偏見があるそうです。これは権利であることがあまりにもないがしろにされてきたからです。 20210201-01NagasakiTaikai
今回取り組まれた相談会を頼って来られた方への対処方法として、まずこの点から解決策を見出してきたそうです。 20210201-04Shunto
ところで、NHK Eテレの100分de名著の1月放送で「資本論」が取り上げられています。

コロナ禍でのますます深まる経済的矛盾。その仕組みを明らかにする「資本論」が注目されています。

20210201-04Interview
NHKの番組テキストが売り切れになっている事からも伺えます。

新自由主義などの資本主義の暴走で若い世代が将来に希望を持てなくなっているとき、生きやすい社会のために働きやすい社会をめざす全労連に期待するところ大です。

その詳細は1面、4面でお読みください。

もっと詳しい内容は季刊191号でお伝えする予定です。

20210201-04MayDayKashu

平和への祈り被爆ピアノと
昨年11/2号の本紙でご紹介したまほろば遊さん。

大晦日と元旦に広島原爆慰霊碑の前で被爆ピアノとの共演による慰霊演奏をおこないました。

主催はひろしま被爆ピアノ友の会実行委員会。タイトルは「これからも記憶を継ぐ」。

20210201-08MahorobaYu
今回は、2台の被爆ピアノを並べて演奏。

これは初めての試みだったそうです。

8面で詳しくお伝えしておりますが、関連写真はこちらのブログも併せてご覧ください。

20210201-08Piano
今回は、上の写真のような揮毫、ピアノ演奏と最後にまほろば遊さんの朗読や歌声など。

全体はこちらのYouTubeでご覧いただけます。まほろばさんの映像は1時間22分頃です。

20210201-08MahorobaSpeech

私は八路軍の少年兵だった
満蒙開拓団については、これまで何回か取り上げてきました。

この中に青少年義勇軍というのがあり、それに赴いた藤後博已さんにズームアップ。

20210201-03Togo
終戦時に16歳だった藤後さんは、その後7年間、中国解放軍で思春期を過ごしました。その記憶をまとめたのが、この本です。 20210201-03PianoSotei
藤後さんは、現在、日中友好協会大阪府連合会顧問と関西紫金草合唱団名誉団長という要職につかれています。 20210201-03Book

オペラシアターこんにゃく座顧問の竹田恵子さんが2018年から続けている「林光ソングをうたい継ぐ」。

2月11日に第4回目のコンサートを開きます。

今回は主に1980年代の作品を取り上げてます。

20210201-03hayashi

コロナ禍の中で工夫した各地の活動

千葉県市原市を拠点に活動する「文化集団このゆびとまれ」は毎年市原ピースフェスタを開催してきました。

20210201-04KonoyubiCD
しかし、ピースフェス2020は、開催と自粛の間でDVDという形で残ることになりました。

このDVDが出来るまでの経緯について4面で語られるコロナ禍の中での工夫をお読みください。

20210201-04KonoyubiStage

コロナ禍で8ヶ月延期となった県母親大会。

43名のうたごえメンバーがオープニング演奏に取り組みました。

20210201-05Hahaoyataikai

2度目の緊急事態宣言が発出された東京。

野外なら、十分な対策と配慮を取った6・9行動でのうたごえが響きました。

宣言下でも出来ることを今後も追及してゆく、とのこと。

どういう対策と配慮をおこなったか、5面でお読みください。

20210201-05Hakozaki

25年ぶりの大雪に見舞われている新潟。各合唱団では励まし合いながら、コロナと除雪に対応しています。

20210201-05Niigata

  • 故郷をますます遠くするコロナ長谷川節
  • コロナ禍がケア労働者を見詰めさせ上野昭紀
  • コロナ禍のスカノ内閣終息へ川下佳子

皆さんからの投稿をおまちしております。


おばちゃんパワー!

新婦人都島支部コーラス小組「ハッピーメイツ」のオリジナル「おばちゃんのタンゴ」。

聴いてみたいですけど、YouTubeではまだ。

あ~っ、聴きたい聴きたい!

20210201-06HotLine

サークル・合唱団 近況

合唱団「ながせん」は6月から練習再開。

しかし11月に予定していたコンサートは断念。

そこで「お届けコンサートCD」を作成することに。

うん、これって、いいアイデア。皆さんもいかがですか?

20210201-06Nagasen

埼玉のうたごえ 初のオリジナルコンサート
コロナ禍で開催が危ぶまれましたが、無事開催にこぎつけました。

12の個人・団体がエントリーして20曲が演奏されました。

20210201-07SaitamaOriCon

横井久美子さん

シンガーソングライター

1月14日に腎盂癌のためお亡くなりになりました。

76歳。

謹んでご冥福をお祈りいたします。

突然の訃報で、びっくりされた方も多かったと思います。

詳細はこちらからも

7面では、千葉と宮城の方からいただいた追悼文を掲載しました。

20210201-07Yokoi

連載1223回


2/1~2/7


ペチカ


文化は「いのち」の栄養素

田中嘉治日本のうたごえ全国協議会会長


(84)3億件が当ったぁー!?


伝説の広場の歌」

三觜昭(京都ひまわり合唱団)


非戦を願う寮歌

「運るもの星とは呼びて」


第12話

祈ることは感謝するということ

天龍村の霜月神楽~願舞より

塩原 良


Coro Kallos
2019 Concert



20210201-06SpotLight


20210201-06Etegami

大阪・志賀民江さん


2021年1月25日号

2021年1月21日

20210125

この灯が上野から福島へ
まず、この世界に75年間ずーッと灯し続けられている火があるというのは驚きです。

その日は、75年前の8月6日、広島に投下された原爆の残り火です。

20210125-01Konohi
この残り火はいまや国内で約60カ所、海外ではカナダとニュージーランドに分火されて、平和を願い続けています。

そのうちの一灯、東京・上野東照宮境内で30年間灯し続けられてきた火が、昨年暮れに福島・楢葉町の宝鏡寺に移すための歓送会が開かれました。

20210125-01KeidainoHi
今号1面、3面で、その時の様子、そしてこの灯の経緯をお伝えしております。

この日この灯は受け入れ先の宝鏡寺早川篤雄住職の懐炉に収められ福島に向かいますが、福島側の歓迎会は3月11日になるそうです。

20210125-01Onodera
早川住職は、東京電力福島第1原発の避難者訴訟で原告団長を務めています。

東京側が火の移設先を探しているときに、反核、平和、脱原発と闘っておられる住職がこの灯を引き継いでくれることになりました。

20210125-01Hayakawa
分火された灯は現在では全区で約60カ所ですが、最盛期には80カ所で灯されていたそうです。

しかし、小さな火の維持管理は難しく、上野でも何度か消えてしまうことがあったそうです。

そういう時は火種から再点火します。

20210125-03HiwohakobuCairo
1991年に安藤由布樹によって作られたカンタータ「この灯を永遠に」は30年間上野の灯と共に歌い継がれてきました。福島に移っても、全国60カ所の平和の灯と共にこの曲の灯は消えませんね。 20210125-03HayakawaJyushoku

音楽家の緊急事態
木村厚太郎さん

福岡在住のオーケストラ指揮者木村厚太郎さん。コロナ禍で開店休業状況の音楽家仲間へ、この時期、芸術や芸術家がなぜ必要なのか世の中に解り易く伝えて行こう、という呼びかけを4面に掲載しております。

20210125-04Kimura
こちらは木村さんの著書。大学の非常勤講師の講義ノートをまとめたもの。

現在はネット販売(PDFダウンロード)のみ。

お求めはこちらから。

20210125-04KimuraNBook

オーストリアからの糸電話
日本は、ご存知の通り、後手後手の対応。

1/4号から始まったこのコラムでオーストリアの状況を読むにつけ、「隣の芝生は青い」以上のものを感じます。

20210125-08Wien
ロックダウンをしたら補償金は前年売上の80%。全国に検査所を設置して、いつでも誰でも何度でも無料で検査できる体制が出来ています。

とにかく全国民に呼びかける大規模検査が導入されているから凄いです。

20210125-08Mask
ロックダウンを解除して、経済活動が再開する前に感染者を見つけ出しておこう、というもの。

その政府もいろいろと右往左往している様子ですがしっかり「政治」を行っていることが読めます。

8面で日本との差を感じてください。

20210125-08Machinami

フクシマを忘れない

福島を忘れない写真展

朗読とピアノの集い

長野市川中島・ひとミュージアム

ザ・イスカンダルの田島由子さんは、ここでコンサートを開催している関係で、今回の集いのお手伝いも。

20210125-03Shashinten
このミュージアムは、版画家上野誠の作品が展示されています。

上野誠はアンデパンダン展に「原爆展ポスター画稿」を出品するなど世界平和と人にやさしい社会をめざしてました。

20210125-03Iriguchi
その作品が展示されるミュージアムは震災復興をめざす福島としっかり連帯しています。

コロナ前はうたごえ喫茶や九条の会の勉強会なども行われていました。

20210125-03ShashintenAnnai
現地ルポ~シリア難民は今
難民を知り、共に生きる社会を考える

2月28日(日)14時~

東京・としま区民センター

20210125-03NanminCamp
21世紀最大の人道危機ともいえるシリア難民問題。

2011年以来人口の半数以上が国外避難を強いられています。

20210125-03Garekinomachi

コロナ禍の中でも各地で活動

自動車工場の非正規労働者の闘いを描いた映画「時の行路」については、何度か本紙でも取り上げてきました。

このコロナ禍で中止になった三島市の反核集会の代わりに急きょ上映会が企画されました。

20210125-04TokinoKoro
たった2ヶ月の準備期間になりましたが、地元で映画撮影に協力した三島どんぐりのみなさんもチケット普及に協力して上映会を成功させました。

コロナ禍で非正規労働者の厳しい状況に想いを寄せる感想が、映画鑑賞後のアンケートに記されていたそうです。

20210125-04Kamiyama

佐賀のうたごえ協議会はコロナ感染に翻弄された1年をうたごえパワーで吹き飛ばそうと、県内7つの合唱団が歌い交わしました。

20210125-05PassoAPasso 20210125-05HeiwanoTabihe
女性合唱団パッソアパッソ 「平和の旅へ」合唱団
20210125-05KashimaUtagoe 20210125-05Mirai
鹿島うたごえ合唱団 うたごえ小組MIRAI

フードバンクを取り組み
三多摩東

JMITU三多摩東支部で鈴木勝雄さん(調布狛江合唱団団長、写真下)はフードバンクに取り組みました。

20210125-05SantamaHigashi
ここでは生活相談・労働相談をうけながら、米、カップ麺、缶詰などを提供。

この企画を実現するために、調布市の後援を取り付けたり、テントなどの備品の借り受け、警察への道路使用許可など様々な手続きが。

その苦労話は5面でお読みください。

20210125-05Guiterbanso

うたう会・うたごえ喫茶も

県内各地のうたう会通信から

むつ市では、年金者組合青森県むつ支部がうたごえ喫茶。

この地域ではコロナ感染者が出ておらず昨年も休むことなく続けられてきました。

20210118-05Enso
青森県の青森市と東津軽郡の町村で構成される東青地域

年金者組合東青支部コーラス「ひこばえ」は、一時コロナ禍で中断しましたが、合唱練習を再開。歌い納めはうたごえ喫茶でした。

20210125-04Hikobae
青森センター合唱団の歌い納めは「うたごえ広場」。

りんごジュースとみんなの前で歌いたい曲のリクエストで構成しました。

20210125-05Aomori

  • プラス1コロナの波に大寒波バイオ亭長浜
  • あれはネェ謝罪じゃないのよウソの上塗り菅野 章
  • 川柳のネタがいっぱい永田町菅井孝義

皆さんからの投稿をおまちしております。


年末音楽のお楽しみ会

あじさいコーラスでは、毎年やっているクリスマス会をおたのしみ会に形をかえて開催。

定員の50%など感染症予防対策はばっちり!

20210125-06HotLine

合唱団からホット・ほっと

榎本うめさんは97歳。

合唱団の練習のあと、ピアニストさんからおめでとうの花束贈呈。

20210125-06Aichi

山形センター合唱団

ファミリーコンサート

12月15日進学館ホール

コロナ禍で開催が危ぶまれていましたが無事開催へ。

話題の「白鳥の歌」(2017年オリジナルコンサート)などが演奏されました。

20210125-07Yamagata

アコーディオン交流会

12月8日

京都・緑が丘公民館

コロナ禍で一時中断していた練習も6月に再開。この日の交流会になりました。

20210125-07Aco

連載1222

時の経過の不思議


1/25~2/1


石狩晩夏


Deep River

守屋博之 日本のうたごえ合唱団音楽監督


(83)全面口覆のいま


「風のオリヴァストロ」

新保益代(大阪北部センター合唱団)


デビュ―55周年の三船和子


CDショップ大賞


核廃絶の列車でGO!

作詞・作曲 園田鉄美

ピアノ伴奏譜、カラオケは全国協サイト


20210125-07Book


20210125-06Etegami

愛知・桜井久美子さん


2021年1月18日号

2021年1月14日

20210118

四國五郎を歌う今田陽次さん
昨年11月21日に開催された「♪みんな元気か がんばろうフェスタ」にゲスト出演された今田陽次さん。

残念ながらフェスタ当日の記録映像は権利関係で残されておりません。

ここで改めて今田さんと、今田さんが取り組んでおられる反戦詩画人四國五郎について1面・4面で特集しました。

20210118-01Imada
四國五郎については、YouTubeでも紹介されておりますので、こちらも併せてご覧になってください。

作品については、これまで朗読で紹介されてきてました。

そして2019年にいよいよ曲がつけられ発表されました。

「弟への鎮魂歌」作曲坪北紗綾香

20210118-01ImadaGF
その後、ステージでピアノを弾いていた山下雅靖さんと組んで「奪われたもの」「灯ろう流し」などに曲をつけて演奏活動を進めています。

本文で紹介されているAnn Sheriff教授のWeb Siteは一見の価値ありです。

20210118-04Imada

平和の鐘プロジェクト

苫小牧に恒久平和を願うモニュメントを創ろうというプロジェクトについて8面でお伝えしております。

20210118-08HeiwanokaneProject
市民団体「ぴーすぷろじぇくと苫小牧」が昨年立ち上げた平和の鐘プロジェクト。

高校生たちがアイデアを持ち寄っています。

素敵なモニュメントができるといいですね。

20210118-08Design01
共同代表の石塚茂子さん(うたごえサークルわたぼうし)は、これまでうたごえ仲間の応援で様々なイベントを企画してきました。

昨年はユキヒロさんを招いて「平和の鐘コンサート」を企画しましたが、このコロナ禍で断念。

20210118-08Design02
季刊189号などの「平和の旅へ」の記事を参考に、コロナ禍でもできるメッセージ発信ということで今回の企画になりました。 20210118-08Tomakomai
来年。苫小牧非核平和都市条例制定20周年を記念して、是非このモニュメントを完成させ、その周りで「平和の旅へ」の大合唱を実現させたいと動き始めております。 20210118-08AshitanoYakusoku

コロナ禍を創作で活力

12月20日に福井センター合唱団はオリジナルコンサートを開催。

広島でのがんばろうフェスタで好評だった「マスクマスク」など15曲が演奏されました。

20210118-04SaitoKiyomi
きっかけは本紙企画のチェーンポエム。

コロナ禍でLINEなどのデジタルツールが幅を利かせていますが、やっぱり団員同志を直接つなげるアナログがいいね、ということに。

20210118-05AtsukanOndo

コロナ禍でもうた新フォーラム

合唱団プリマベラは昨年3月でこれまで続けたきたうたごえ喫茶を休止に。

歌うことが厳しいなら、聴くだけならいいでしょう、という発想でうた新フォーラムを開催しました。

20210118-05Enso
200人会場で参加者を45人に絞った開催。感染症対策ばっちりですね。

団員数の5倍の読者を抱えるプリマベラでは、こういう時だからこそ読者との繋がりを大事にということです。

ありがとうございます。

20210118-05Otani

ウィンクル新春お年玉

千葉県松戸市の社会福祉法人うぃんくるが障害者とその介助者を無料招待するコンサートが開かれます。

1月26日(火)13:30

松戸の森ホール21

20210118-03Sakai
出演は、70周年祭典でぞうれっしゃの指揮をされた酒井崇さんと、千葉祭典のシニアのステージでピアノを弾かれた戸梶江吏子さん。

東葛合唱団はるかぜ等が協賛しています。

20210118-03Togashi

トーク&ライブ

2月7日(日)15:00

烏山区民会館

戦時中など自主規制を強いられたり放送禁止になった音楽を聴くコンサートです。

20210118-03Karasuyama

核兵器廃絶へ 被爆者の声を聞く

広島・新婦人あしび班うたごえ小組の黒沢さんは1歳8ケ月で被爆。61年経ってガンが発症。その経緯は3面で。

まさに悪魔の核兵器を思わせる被爆者の声です。

20210118-03Ashibi

  • 密談し密閉と密約スガさん密新年野一郎
  • 初空を汚す外来オスプレイ福家駿吉
  • 嘘つきは政治家の始まり今は藤村記一郎

皆さんからの投稿をおまちしております。


暮れにうたごえ喫茶再開

12月19日 新婦人都城・都北うたごえ小組のうたごえ喫茶が再開されました。

これまで月2回のペースで開催してましたので、参加者のみなさんは鶴首の想いだったでしょう。

20210118-06HotLine01
しかし、1月7日に、東京など1都3県に緊急事態宣言が再度発出され、いったいどうなってしまうのでしょう。 20210118-06HotLine02

本紙に寄せて
12/21号5面でお伝えした韓国・平和の木合唱団の演奏会の記事を送っておりましたら、感想を寄せていただきました。 20210118-06Shinbun

2021望年ライブ出演

笠木透さんの肝いりで2005年にスタートした憲法フォークジャンボリー。その後、各地でも開催されるようになり、埼玉では2013年から憲法記念日近辺で開かれています。

が、昨年はコロナ禍で中止に。

しかし、暮れに望年ライブが開始アされました。

20210118-05Saitama

おなじみまなぼ企画。今度はどんなことを取り上げるのかな、と期待も大きいですね。

で、今回は発声&合唱講習会。

20210118-07Kypozai
講師は、みなさんにもすっかりおなじみの中学校の音楽の山本高栄先生。

その内容は7面で、藤村記一郎さんの寄稿です。

20210118-07Yamamoto
コロナ対策でCO2濃度測定器を使っているとか。

この装置については6面で三多摩青年合唱団の木村さんからの投稿も併せてお読みください。関連YouTubeはこちら

20210118-07Magic

たずね歌

戦時中、空襲警報が鳴ったら逃げましょう、という啓発ソングについて、どなたか覚えていませんか?と三重の萩原さんから協力の要請。

こんな感じのメロディーです。

20210118-04BokugoGakufu
萩原さんは、小学校3年生のときに名古屋。東山動物園に遠足で行き、この写真のどこかに写っているそうです。

本紙2021年2月1日号5面に、愛知の藤村記一郎さんからの情報で「防空壕の唄」と判明。
萩原さん、判明して良かったですね。

20210118-04MieZouressha

連載1221

正月の遊び


1/18~25


しあわせの歌


(82)子どものあそび場


「人間の歌」

田中洋子(埼玉合唱団)


小村公次

(85)聴衆もいま、ここにいるく


ROMANCE
宮本浩次


平和

2003年全国創作合宿in広島「平和」創作グループ原詩

作詞 山ノ木竹志

作曲 たかだりゅうじ


20210118-06Etegami

京都・黒田愛子さん


2021年1月4日・11日号

2021年1月7日

20210104

サーロー節子さん
日本のうたごえ祭典inひろしまのキャッチフレーズとテーマソングは「ひかりにむかって」。

これはカナダ在住で反核活動家のサーロー節子さんが13歳で被爆した時の体験のお話から生まれました。

(詳細は1面で)

20210104-04Jyusho
2017年のノーベル平和賞をICAN(核兵器廃絶国際キャンペーン)が受賞した時に授賞式に参加したサーローさん。

その年の7月に核兵器禁止条約が採択さ、3年越しで発効にこぎつけました。

20210104-04Salo
今号では、サーローさんの核兵器廃絶の想いを語っていただきました。

特に、うたごえのこの72年間の取り組みを伝えると、「ぜひ、トロントへ演奏に来てほしい」と。若い人が自分の将来、地球を守るために行動してほしいと期待されています。

20210104-04NYK
1月22日に念願の核兵器禁止条約が発効されるのを機会に是非、サーローさんの生の声を聴きたいと、本紙ではカナダに国際電話でインタビューを行いました。

時差は14時間。

日本時間がAM11:00が、サーローさんのところは夜の9時。

タイミングが難しかったのですよ。

20210104-04Miwa

核兵器廃絶とうたごえの歴史
1954

サーローさんがよろこんだうたごえは平和の力の運動。この年の祭典テーマは横断幕に掲げられた原爆を許すまじ。

20210104-04Saiten1954
1982

この年にはSSDⅡNY行動が取り組まれました。

うたごえは100人の代表団を派遣。

20210104-04SSD2
2010

近年は5年ごとに開催されるNPT再検討会議成功へのNY行動。

コロナ禍で延期になった2020年も100人の代表団を派遣し、「平和の旅へ」を国連で演奏する計画でした。

20210104-04RiversideChurch

海外からの新年のたより
ボストン

Women of the Worldの植田あゆみさんから新年のメッセージをいただきました。

昨年ジャパンツアーがコロナ禍で延期になり、今年9月に、東京、埼玉、宮城などで予定を組んでいます。

20210104-05Ayumi
FaceBookでのWomen of the Worldからのクリスマスメッセージはこちらから。

さすが、全米アカペラチャンピョンの歌唱です。

こちらを聴きながら、5面右側をお読みください。

20210104-05WomenoftheWorld

オーストリア

昨年11/2号に登場されたウィーン在住の前田晴子さんからもメッセージをいただきました。

現地ではコロナロックダウンがあり、それもソフトとハードがあるそうです。

でもちゃんと補償もしっかりしているようです。

5面左側でお読み下さい。

20210104-05Maeda
前田さんには、今号から「オーストリアからの糸電話」というタイトルで連載(随時)をお願いしました。

ホットな話題、ヨーロッパからみた日本についてなどなど楽しみなコラムになりそうです。

20210104-05Europe
因みに東京ーウィーン間は9,145km。

長い糸電話ですね。

ウィーンは北緯48度。

カムチャッカ半島の真ん中あたり。

冬の日照時間は8時間、ということを念頭に、新連載を楽しみにしましょう。

20210104-05Hanaya

核兵器禁止条約発効の年
核兵器禁止条約が発効する記念すべき2021年。

3面では、原水爆禁止日本協議会事務局長の安井正和さんに、今年の運動の進め方とうたごえへの期待を語っていただきました。

20210104-03Yasui
日本政府に批准を求める署名が始まっており、すでに本紙でも各地の取り組みをご紹介しています。

この取り組みには137人もの広範な著名人は呼びかけをしております。

20210104-03NYK

こちらは佐賀駅前の12月13日。

1/17にも再度署名行動を行い、23日には発効記念コンサートを予定しています。

20210104-03Saga
3面では22日を中心すると各地の取り組み予定を掲載しています。

皆さんの地域はいかがでしょうか?

予定が決まりましたらうた新までご連絡ください。

20210104-03Heiwanonami

全国常任委員から新春メッセージ
北海道

道祭典を釧路でやる意気込み。

広島がんばろうフェスタのノウハウも生かそうと

東北

3月には東日本大震災10周年、5月には小林康浩さんの一周忌。夏には東北のうたごえ交流会を予定しています。

20210104-06Yamagata
東京

本紙読者拡大が前年比で伸びている勢いを持続へ

関東

電通祭典、国鉄祭典、Women of the Worldツアーなどみんなとつながる企画を

東海

「つどおう、学ぼう、うたおう」の交流会を再点火へ

20210104-06Santama
北陸

3県の連携を軸にコンサート、講習会などを

信越

渡辺享則さんの素敵な名言がたっぷり。6面です。

20210104-06Fukui
関西

都構想を跳ね返した力を

中四国

がんばろうフェスタで蓄えた力を祭典成功へ

九州

諸活動が中止・縮小のなか再開へ工夫をこらしている

20210104-07Kanagawa

広島祭典へ寺本運営委員長と高田企画委員長からのメッセージは7面です。

一部曲の入れ替えがありますが、当初計画を踏襲して準備が進んでいます。

賛同金もよろしくお願いします。

20210104-07GanbaroFesta

普天間かおりさん
昨年リリースしたアルバム「暁~美ら美ら~」で首里城復興支援に取り組んでいる普天間かおりさんからの新年のごあいさつは12面です。 20210104-12FutenmaConcert
コロナ禍により公演活動が休止に追い込まれる中で、12月12日に東京文化会館小ホールでコンサートを再開しました。

不安が充満する今だからこそ、心を豊かにする事が必要であり、そのために芸術・文化は希望への道しるべとご挨拶の中で語っています。

20210104-12FutenmaCD
リードで紹介しているラジオ福島でのレギュラー生放送は、毎週金曜日午後1:10~1:20。

Radio de showというコーナーに出演しています。

20210104-12RyukyuDento
ニューアルバム「暁」は、美和

ページ掲載の美和ちゃんスポットライトで紹介している配信サイトで試聴できます。

20210104-12Shureimon

調布狛江合唱団
創立55周年演奏会

1月30日(土)13:00~

狛江エコルマホール

コロナ禍の中だからこそ、地域との繋がりを続けたいと企画を立ててます。

20210104-09Chokoma
団名の調布狛江というのは、東京の調布市と狛江市を拠点にしています。

右上のチラシをよく見ますと、両市、両市教育委員会、両市音楽連盟が、うたごえ団体と共に後援に入っていることに目を引きます。

20210104-09ShiminBunkasai
同団の団員は10代の若者から、90歳代の高齢者まで、幅広い年齢層で構成されているのが自慢(?)の合唱団。

年代だけでなく、内容的にも幅広い活動をしているのですね。

右の写真は、88~92歳の高齢者ユニット。

この4人でのステージも予定されています。

20210104-09Mimizuku

世界の平和を願うリレーランナー

こちらは東京・江東区の東京大空襲・戦災資料センターに建設されている「世界の子どもの平和像」。

2021年5月5日は、この像が設置されて20周年になるのを記念した集会が開かれます。

20210104-10Heiwazou
広島の平和公園に「原爆の子の像」があり、これは1958年に子どもたちの募金で建立されました。

これに触発されたアメリカの子どもたちが1995年に「子どもの平和像」を建て、全世界に平和像を建てようと提起されました。

20210104-10ZouKansei
こちらは建設運動を担った初代実行委員長船越さん(左)と、今回の記念集会実行委員長の白神さん。

当時、建設費用1000万をどうやって集めたのか、クラウドファンディングなどの仕組みのなかった当時の話を10面でお読みください。

20210104-10Funakoshi

パスティンメソッド
聴きなれない言葉ですけど、1970年代にアメリカのピアノ講師によって考案された総合的音楽教材といえるもの。 20210104-10Card
いろいろな取り組みがあるそうですが、10面でご紹介しているのは、大分県日田市のバスティン研究会が発行している「作曲家・偉人カード」。

各種楽器カードと音域一覧表で構成されています。

音楽史などが立体的に学べるそうです。

20210104-10Onthetable

シリーズ第14回は、福井センター合唱団などの活動をする黒田遼さん。

青年サークル「おでん部」、ギターの弾き語りライブなども行っています。

20210104-09Kuroda
やはり話題はコロナ禍。

でも、オンライン活動では工夫を重ねて、今後は同じ取り組み、悩みを持っている人との情報交換をして、ネット配信やコンサートにつなげたいと願っています。

20210104-09Odenbu

  • 玉手箱地球の過去と未来をつなぐ菅野 章
  • 徴税は新幹線(ひかり)で還付ローカルか老ガイ
  • 病院の敷居が倍に高くなる大澤博明

皆さんからの投稿をおまちしております。


愛媛リモート参加反響
広島のがんばろうフェスタに愛媛からリモート参加したのは25名。

その参加した感想と、今後の期待を語っています。

今号は8面です。

20210104-08HotLinre

原発再稼働NO!今年もファイト

11/23に大阪を出発した「老朽原発動かすなとアピールしたリレーデモが12/9に福井に到着。

20210104-08Fukui
福島では燃料デブリの取り出しにトラブルが起こってます。

老朽した原発って、怖いですね。

20210104-08Genpatsu

連載1220

松の内


1/4~1/18


しあわせのうた


(81)唱歌の思い出


「子どもを守るうた」

吉田真理子(広島合唱団・TFコーラス)


原爆のない世の中を告げる「長崎の鐘」


第11話

枯れ木に花を咲かせましょう

はなさかじいさんの取り組み

塩原 良


ミセス・ノイズィ


PARIS Takashi Obara
エマニュエル・パユ


たんぽぽ色の春のうた

作詞 田畑つる子

作曲 大西進

試聴はこちらから


楽譜集紹介

20210104-11OokinaMite

「大きな御手の中で」

武義和・吉原康作曲

瞬きの詩人 水野源三の詩による讃美歌集2


20210104-10Yae

yae
On The Border




20210104-10SpotLight


20210104-08Etegami01

大阪・志賀民江さん

20210104-08Etegami02

栃木・味村節子さん


2020年12月28日号

2020年12月24日

20201228

「折り鶴の日」に平和公園で
生協ひろしま虹のコーラスでは、1995年6月のフランス核兵器再開をきっかけに毎月6日を「折り鶴の日」としてお昼のうたごえのつどいを行ってきました。

場所は広島平和記念公園、原爆の子の像付近。

20201228-01UtagoeTsudoi
その行動も300回に。

計算してみますと、25年間に毎月ということはちょっと余りますね。これはコロナ禍で断念した月もあったとか。

しかし、平素は文字通り、雨の日も風の日も、だったのでしょう。

1面記事を読みますと、台風の日に、ギターの弾き語りをたったひとりで行ったときもあったとか。

20201228-01Genbakunoko
11/21の広島での「がんばろうフェスタ」で「「母さんたちの贈りもの」を演奏。

また、8月原水爆禁止世界大会でのリモート演奏では、「さくらよ」をこの場所でうたってました。

20201228-01GanbaroFesta
ところで、この公園には世界中から贈られてくる「折り鶴」が飾られています。その量、なんと年間10トン。

2001年に「おりづる再生プロジェクト」が発足しています。

20201228-01SeikyoHiroshima

核兵器廃絶へうたごえ行動

1月22日の核兵器禁止条約の発効に向けて、日本政府への条約批准を求める署名行動が6・9日に併せて各地で繰り広げられいます。

20201228-01Oimachi
また、大西洋戦争開戦の8日に平和を求める行動も行われました。 20201228-03Shomei
東京・みなと

8日に召集令状に似せた赤紙パンフを配布。

隣に高輪ゲートウェー駅も出来て再開発が進んでいるこの地域では通勤人が激増、1時間で1000枚配布!

20201228-03Minato
東京・国分寺

6・9行動で、日本学術会議会員の任命拒否は許さないと、「真実は沈まない」を演奏。

20201228-03Kokubunji

12月8日に「核はいらない 平和をまもる全国母親連鎖行動」が行われた静岡。

20201228-03Shiduoka
市内の繁華街の青葉公園。

お母さんたちが白い割烹着をつけて、赤紙(召集令状)を配布しました。

20201228-03Shiduoka02

9の日行動、これまでのこの地では「うたごえ」の参加がなかったようです。

多分スマホの音源をブルートゥーススピーカーで流しながら「青い空」などで宣伝行動をサポートしました。

20201228-03Shiga

コロナ禍下 演奏会は…

11月23日号で「コロナ禍下での演奏会はどうしているか」という問いかけに早速東京・港区のピースサンデー実行委員会から、こんな工夫をしている、こんな苦労をしている、という便りが届きました。

(4面)

20201228-04PeaceSunday

コロナ禍を超えて 各地の演奏活動から

京都府民音楽会・うたう会を琵琶湖畔で開催。

気持ちよさそうですね。

この風景、既視感があるのですけど、

20201228-04Kyoto
多分11/21の広島のがんばろうフェスタに映像参加した「歌いたい歌がある」の収録はこの時にしたのでしょうね。 20201228-04Hieizan

都立七生特別支援学校で調布狛江合唱団郷土部・跳鼓舞が公演をおこないまいた。

20201228-05Suzume
この写真の「すずめ踊り」「太鼓ばやし」のほかに、同団団長鈴木勝雄さんの十八番「南京玉すだれ」も 20201228-05Taiko
子どもたちから右のお礼の画用紙のタペストリー。

この養護学校では来年3月に新校舎が完成。立派なホールもできるそうで、コロナが終息して、演奏交流をしたい、と期待を語っています。

20201228-05Arigato

無観客コンサート「クリスマスのおくりもの」を開催しました。

20201228-05HaishinYotei

神戸青年合唱団は「

コロナに勝つぞ!大うたう会」を開催。

12/3に通天閣が「赤信号」に。予定を一週間繰り上げて5日に開催しました。

20201228-05Hisashiburi

指揮者講習会レポート

「指揮者講習会」を開催しました。

20201228-04HajimeteShiki
講師には、長野の「全国指揮・合唱指導者講習会」講師の山本忠生さん(京都)をお迎えして行われました。

ニューアレンジ集から「みんなのうた」などを使って指揮法を学びました。

20201228-04Chuyan
当日の板書内容。

①手の振り方

②詩・音・動きの解釈

③コンダクターの役割

といったレジュメが書かれてております。

20201225-03Shiki

仏教合唱団とコラボ録画

キリスト教では聖歌隊などがありますが、仏教系でもあるのですね。

コロナ禍で演奏機会を失っているアーティストを支援するために長野ではWEBフェスを企画。

20201228-08Byakuren
ザ・イスカンダルと合唱団白蓮(しらはす)はこれに参加しました。

それまでの紆余曲折物語を8面でお読みください。

20201228-08Iskandar

沖縄連帯
前号の大阪・ちばりよ~合唱団の沖縄レポートに続き、東京、愛知からも支援行動のレポートをいただきました。

狛江ぞう列車合唱団の方の訪問記と、愛知で3カ月に行われている辺野古新基地反対コンサートの様子をお伝えしております。

20201228-08Okinawa

  • ガースーとネットで挨拶能天気ムックリ
  • 記録にはあるが記憶にはないという不思議富岡道子
  • 生きるんだハッシュタグつけ呼びかける上野昭紀

皆さんからの投稿をおまちしております。


石川のうたごえ交流会
金沢歌劇座大練習室でうたごえ交流会が開かれました。

コロナ禍下ですから、参加を見合わせた団体からはメッセージやビデオ参加。

こういう工夫や配慮が「やってよかった」ちいう感想になるのですね。

20201228-06HotLine

特別支援学級の保護者のつながりで行っている作品展でウインドバスカーズ埼玉アコーディオングループが参加・演奏をしました。

20201228-06Saitama

年金フェスタはあいにくの雨。

しかし、あかるく元気な雰囲気に初参加者から「とても楽しかった」という感想をいただいております。

20201228-06Shiduoka

芝塚滋卒寿記念コンサート

「うたうことは私の青春」

11月29日

さいたま市プラザノース

埼玉合唱団に62歳で入団して30年。気力・体力・歌唱力もみなぎり、次の目標は白寿へ!

20201228-07Shibaduka

連載12178

ピリオド楽器-その2


12/28~1/4


夢路より


コト子さん

きむらいずみ 山形センター合唱団


(80)歌声よ さらに


「平和の旅へ」

久下豊子(大阪・北部センター合唱団)


蘇った美空ひばりの「みだれ髪」


第十話

ニューノーマル時代の和太鼓の魅力はどこへ!その③

塩原 良


弾き語りフォーユー
Takashi Obara 30th Anniversary


作詞・作曲 佐々木昌

試聴はこちらから


20201228-03Warejnyaga


20201228-06Etegami

京都・黒田愛子さん


2020年12月21日号

2020年12月17日

20201221

コロナ禍の中で音楽と向き合う
合唱団響(東京都)など12の合唱団が所属する「栗友会」の音楽監督及び指揮者の栗山文昭さんに、コロナ禍で音楽とどう向き合った来られたか、これから向き合うかお話を伺いました。 20201221-01Kuriyama
今年は5月のTokyo Cantatが中止に。またライフワークの三善晃反戦三部作の演奏会も中止に。

その反面、リモート授業では、ZOOM授業のいい面についても言及されています。

20201221-01TokyoCantat
変わった取り組みでは、合唱曲「君の川柳」。

初演前なのでYouTubeで探すことはできませんが、信長貴富さんが作曲して5分程度の作品に仕上げたそうです。

これがなかなか興味深いです。本紙記事でお読みください。

また栗友会の新年歌会始についてもご紹介してます。イメージは先日のがんばろうフェスタと同じ様ですが、こういう取り組みが来年は日常になるようです。この点も詳しくは4面でお読みください。

20201221-04Grantowa

沖縄へ 大阪から連帯
お馴染みの大阪から沖縄連帯を歌い続ける「ちばりよ~沖縄合唱団」が11月、沖縄で辺野古新基地建設、米軍基地強化を止めようと現地行動を行いました。 20201221-08Ourawan
創作曲「空を飛ぶのは小鳥だけがいい」は、米軍ヘリからの部品落下が保育園を直撃事故を題材にしてます。

あいにく、これもYouTubeでは見つけられませんでした。

20201221-08Midorigaoka
しかし緑ヶ丘保育園の保護者たちが作った「チーム緑ヶ丘1207」

このチームからのメッセージをこちらのYouTubeで視聴してください。

途中に米軍機の騒音で中断させられることもしばしば。

20201221-08SHurijyo
今回、一行が訪問したのは、沖縄の戦後史を学ぶ不屈館、復興に向かう首里城、「さとうきび畑」の歌碑公園、など。

沖縄に行くこともままならぬ状況ですが、8面記事で紙上支援を行ってください。

20201221-08ShurijyoFukko

コロナを超えて 各地の活度から

国鉄広島ナッパーズは、三次市でうたごえ喫茶を再開。

それでもこれだけの感染予防対策を講じております。

20201221-04Nappers

多摩新婦人コーラス紙ふうせんは歌う会を開催。写真のように広い会場で三密対策をしています。

20201221-04Kamifusen

女声コーラスこぶしは練習を再開。来年1月、西宮での兵庫県母親大会でのオープニング演奏の準備をしています。

20201221-05Kobushi

埼玉合唱団と交流のある平和の木合唱団が演奏会を開きました。

テーマは「労働と飯のための歌を創る」

20201221-06HeiwanokiFinale
韓国でも観客は定員の50%をめどにしているため、この写真の通り一人おきに着席 20201221-05HeiwanokiHall
今回の演奏会のテーマに合わせて創作曲を4曲。

特にコロナ禍で辛い日常を耐え忍んでいる現場労働者に着目。

コロナ禍で苦労するのは演奏会への準備をする団員も。安全な場所探し、効果的な練習方法を模索して取り組んだとのことです。

5面。

20201221-05HeiwanokiPoster

私と歌のエピソード
本紙では「歌の小箱」「私とこの歌」「こうして生まれた日本のうた」など好評コーナーがあります。

これまでに掲載された曲の中から「旅愁」と「糸」(右写真が投稿者)についてエピソードをお寄せいただきました。

4~5面下段

20201221-05Nishina

2676号、2677号でNHKの朝ドラ「エール」をきっかけに「戦争と文化」について特集をしてきました。

この内容について、多くの読者の方から感想をいただきましたので、3面でご紹介しております。

20201221-03ZasshiKokoku

新署名行動

みなさんの地域ではいかがでしょうか?日本政府に核兵器禁止条約批准を求める新署名行動はすすんでいますか?

20201221-03Chiba

  • 国会は季節ハズレの桜舞う古都のハマちゃん
  • 竜宮へGoToトラベルはやぶさ2バイオ亭長浜
  • 意を異にする人みんなsじゃまになり福家駿吉

皆さんからの投稿をおまちしております。


団結まつり

それにしても何もしない内閣。かと思ったら、全く必要のない軍事費だけはしっかりと。

これをコロナ対策に回せ、という思いなどを込めた「団結まつり」が大阪で行われました。

20201221-06HotLine

青森の保健生協うたう会とんからりんが11/19に再開。

久しぶりの開催に楽しさあふれる様子をイラストでおたよりいただきました。

20201221-06Piano

神戸年金者組合も11/28にうたう会をじつに8カ月ぶりに再会。

この笑顔がすべてを物語っていますね。

20201221-06Hyogo

スカーレッツ

第12回コンサート

11月14日

千葉・美浜文化ホール

実施までの紆余曲折が7面で語られています。これは参考になりますよ。

20201221-07Scarlets

年末です。

「うた新購読の区切り」なんてことにならないよう各地で読者拡大に合わせて、減らさない努力もされています。

コロナ禍だからこそ、隅から隅まで読む時間がとれますよね。

そうすると、本紙から新たな発見が必ずあります。、

20201221-03Utashinnowa

詩人、エッセイスト

堤江実さん

本紙8/17号にご登場いただきましたね。愛媛合唱団が「あなたにできること」、関西合唱団が「つたえたいことがあります」を通したうたごえとのお付き合いをいただいておりました。

80歳

ご冥福をお祈りいたします。

20201221-07Tsutsumi

連載12178

ピリオド楽器-その2


12/21~28


インシャラー


♪海~ゆ~かば~

舟橋幹雄 日本のうたごえ全国協議会副会長


(79)第二の秋田実かも


「折り鶴」

橋本未諸(福井・おでん部)


小村公次

(84)小菅優ピアノ・リサイタルを聴く


ララバイ
デイブ・ブルーベック


自然体の人

作詞 第65回電通のうたごえ祭典in埼玉創作チーム

作曲 たかだりゅうじ

試聴はこちらから


20201221-06Etegami

大阪・志賀民江さん