2016名古屋青年合唱団 秋の音楽会~きみは今も~

2016名古屋青年合唱団
秋の音楽会~きみは今も~
10月9日、名古屋芸術創造センター
今、何をが伝わる企画、演奏
20161010Meisei20161010Meisei-29月17日のオペラシアターこんにゃく座「グスコーブドリの伝記」(寺嶋陸也作曲)からこの間、立て続けてコンサートを聴いた。こんにゃく座は45周年の節目の年、そして宮澤賢治生誕120年で「グスコーブドリ…」。宮澤賢治の世界は今、語り告げられるべきとあらためて合点。歌唱が心地良い。計算された舞台装置にはいつも感嘆。
10月9日は名古屋で、名古屋青年合唱団秋の音楽会3回公演の1日目を聴く。
「浜辺の歌」(林光編曲)から始まり、「ゴンドラの唄」「ゲゲゲの鬼太郎」、林学作「子守歌を消さないで」、2月の辺野古うたごえ合宿で生まれた藤村記一郎曲「命の海 命の森 命の山々」。来年の混声合唱組曲「悪魔の飽食」全国縦断コンサート愛知公演にも向けて組曲から「君よ 目を凝らしたまえ」。
サブタイルでもある林学曲「君はいまも」。
ここまででも、今、名古屋青年合唱団が何を提出しようとしているかをまず私なりに感じとれた。作曲、指揮者の陣容が厚い同団。
つづくプログラムは尾上和彦作曲、オラトリオ「鳥の歌」より。栗原貞子詩「母が我が子の死を」、ナジム・ヒクメット詩「死んだ少女」、峠三吉詩「にんげんをかえせ」。「死んだ女の子」として木下航二、外山雄三曲で聴いてきたが、尾上曲は初めて聴いた。
なぜ今、尾上氏の曲を、と同団前団長浜島康弘さんに聞くと「うたごえ運動初期にかかわった作曲家の作品を、演奏してさらっていく作業をしながら次へ」と。その深く広い視座、さすが。
青年のステージも、「比較的」との司会者に会場はなごやかな笑い声もしたが、青年はちゃんといて、やはりうれしい。
そして、この演奏会、きわめつけは音楽劇「飢餓陣営」(宮澤賢治詩曲、林光曲)。同団がずっと追求している林光、宮澤賢治…。今、新鮮に我々の前に立つこの作品、100年も前に書いた宮澤賢治って…と思いながら、舞台に引き付けられる。“名古屋のばあさん”でお馴染みの小嶋健二さんはバナナン大将、特務曹長武藤佳子団長、曹長柴田哲(10日は和賀達郎)と力量ある歌い手も厚い団。
音楽会評を書かれる音楽評論家の小村公次氏の隣の席。さて、小村氏の評も楽しみ。

コメントをどうぞ