村上信夫さん

出会えたこと話せたことがうれしい
元NHKエグゼクティブアナウンサー
村上信夫さん

20160919 No2485 Small9/9号発送。この号のトップは、元NHKエグゼクティブアナウンサーの村上信夫さん。私もこれまで何百人と取材してきたが、話をしていて気持ちよく、出会えたこと、話せたことがうれしいと思える一人。そして、村上さんからは、人の話を聞く、聞き出すアドバイスもいくつももらった。
まず、村上さんはさすがアナウンサー、歯切れ良く、さわやかな語り口調。そして会話からもやさしさ、あたたかさが伝わる。
取材のきっかけは、音楽センターから、村上さん作詞、長森かおるさん作曲の「ひらがなの生き方」の楽譜ピースとCDが出版されたことから。その詞もあたかい。「両手で包むようにことばを手渡そう」、本当にことばを大事にしている人。
私が学んだ一つは、「聞き手が多弁にならないこと」。これにはドキッ。寡黙な人に取材して聞き出せなくて困った体験がある。相手からなんとかことばを引き出そうと、ついベラベラ話している自分が見える。
「ことば磨き塾」、うたごえでもやってみたいと思う。


コメントをどうぞ